アクアハーミット、ウーパールーパー

ウーパールーパーの生態や飼育に関するあれこれ

飼育が簡単なウーパールーパーの飼い方!水槽や餌等について!

リューシスティックのウーパールーパー

ウーパールーパーの飼育はいたって簡単です。子供や女性でも十分飼う事ができます。

特殊な器具も必要無く、餌も含めペットショップのみならずホームセンターで全て揃えれるようになりました。
ウーパールーパー自体の入手もホームセンターでも出来るほど。

そんなウーパールーパーの飼育方法に関するあれこれを説明します。

スポンサー

飼育に必要な設備

ウーパールーパーの飼育に必要な装備は金魚を飼育するものとほぼ同じです。

水槽

水槽大きい水槽であればあるほど快適

最終的に20cm程に成長しますので、最低30cm程度の水槽サイズは必要になってきます。

とりあえず始めたい方にお勧めなのは金魚水槽セットとして売られている36cmの水槽です。
エアーポンプも付属していて1500円程で入手できます。

最初は小さい水槽でスタートし大きくなってから引っ越ししても良いでしょう。
ただし餌を食べるだけ与えると数ヵ月でアダルトサイズまで成長しますので、最初から大きな水槽さを用意しておくのが良いと思います。

のびのびした終生飼育を目指すなら45cm水槽の規格サイズ(45×30×30cm)がオススメです。
スペースに余裕ができるため石や水槽用アクセサリーなどでレイアウトすることもでき楽しさが広がります。
後述する上部式濾過が使用できるサイズもこのクラスになりますので、その点もお勧めするポイントのひとつです。

水槽の置き場所

水槽の設置場所は振動があまり無く直射日光が当たらない所に置きましょう

床の上などは人が歩くたびに振動が伝わってしまうのでウーパールーパーにストレスを与えてしまいます。

直射日光があたってしまうと水温が急上昇してしまい、ウーパールーパーが飼育できる水温を超えてしまいます。
日当たりの良い場所であれば茹であがってしまう程熱くなるので避けて下さい。

濾過装置(フィルター)

外掛け式濾過

外掛け式は設置・管理がしやすい

簡単なモノでもよいので濾過装置を付けましょう。

つけないとウーパールーパーがフンをする度に水替えが必要になり手間が大変になってしまいます。

45cm未満の水槽であれば外掛け式フィルターがオススメです。

水槽のフチにかけるだけなので設置もしやすくメンテナンスもしやすいのがオススメポイントです。
外掛け式フィルターの濾過能力であれば毎日の水替えが1週間に一度程度に抑えることが可能です。

水槽サイズが45cm以上あれば上部式フィルターがオススメです。

外掛け式と比べて少々高く(数千円程に)なってしまいますが濾過能力が高く、2週間に一度の水替えに抑えることが出来ます。
外掛け式と同じくメンテナンスがし易いものメリットです。

濾過装置についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

水温計

デジタル式水温計

デジタル式は1つは持っておくと便利

ウーパールーパーは高水温に弱いため夏場の温度チェックは重要なポイントです。

28度以上になったらファンを導入したり、ぶくぶくをする必要があります。

アナログ式のものが百円程で入手できますが、個人的にはデジタル式がオススメです。
1000円程にはなってしまいますが計測速度が早いのと視覚的に見やすいので便利です。

砂利

田砂とウーパールーパー

1mmが丁度良いサイズ

砂利は無くても構いませんがあった方が水質が安定しますので入れるのをオススメします。

購入した砂利は水槽に入れる前にある程度にごりが出なくなるまで洗って使用します。
米を研ぐ要領で洗ってください。

大きさ

極稀に餌と一緒に飲み込む場合がありますので、粒の細かい、1mm以下のものを選びましょう。

あまり細かすぎると舞ってしまうのでサラサラしたものよりは1mmぐらいのザラザラしたものがオススメです。

厚さ

厚さに関しては特に決まっていませんので好みの厚さで敷いてください。

1cm程の厚さがあれば良いでしょう。
水草を植えてみたい場合は4,5cm程の厚さがあれば植えることができます。

ウーパールーパーの飼育における砂については以下の記事で詳しく考察していますので、興味があれば読んでみてください。

ライト

照明必須ではありませんがせっかく飼育しているのですから鑑賞のために照明を設置しましょう。

熱帯魚用のライトが綺麗にライトアップすることが出来ます。

様々なタイプがありますが好みで選んでしまっても構いません。
あまり小さいのを飼うと十分照らせませんので注意しましょう。

カルキ抜き

カルキ抜き水道水には塩素及びカルキと呼ばれる消毒用物質が入っていますが、これがウーパールーパーのエラにダメージを与えてしまい最悪死に至る程の毒性があります。

水道水のカルキを除去することで飼育できる水に変えます。
熱帯魚用のカルキ抜きを用意しましょう。

固形と液体ありますが液体の方がすぐに溶けて便利です。
数百円程で半年~1年使える量が入手可能です。

水替え用バケツとホース

水替えバケツとホース
水替えに使用する水替えバケツとホースを用意しましょう。

ご家庭のものでもよいですが洗剤や石鹸などを使用したことのある場合は使用しないでください。

水替えホースは熱帯魚用のものが使いやすくオススメです。

あると便利なもの

壁面の掃除その他、飼育に必須では無いものの、あると便利な用品を紹介します。

いずれも熱帯魚用品コーナーで入手が可能です。

メラミスポンジ

水槽のガラス面を掃除にはメラミスポンジがオススメです。
洗剤などが入っていないものを用意してください。

ピンセット

ピンセットがあれば餌やりの時に便利になります。

大きめのスポイト

大き目のスポイトがあればフンを取り除くのに重宝します。

餌について

様々な動物性の餌を食べますが冷凍アカムシ又は人口飼料を与えるのが一般的です。

冷凍アカムシ、冷凍イトミミズ

冷凍アカムシを解凍したもの

冷凍アカムシを解凍したもの

生きているアカムシ及びイトミミズを冷凍して長期保存できるようにしたものです。

体が小さい頃は栄養化の高い冷凍アカムシを与えて体力をつけて下さい。

ペットショップや熱帯魚店で1シート数百円で入手することができます。

冷凍のため冷凍庫に保管する必要がありますので、ご家庭で揉めないよう注意して下さい。

人口飼料

キャットフードナマズ用として売られているもの

8cm程に大きくなってくると人口飼料も食べるようになります。

人口飼料は様々な素材を練って乾燥させたペレットタイプの餌です。

ウーパールーパーには人口飼料のうち動物成分が多く配合され沈下性タイプのものを与えて下さい。
主にナマズ用の餌またはウーパールーパーの餌として売られているものが該当します。

最初は食べようとしませんが、冷凍アカムシと一緒に与えてみたり、ゆさゆさとスポイト等により水流で動かせば反応して食べてくれます。
何度も繰り返せばその内ペレットの匂いを覚え、率先して食べるようになります。

餌の量と頻度について

アカムシを食べるウーパールーパー

アカムシを食べるウーパールーパー

1~2日に1回が目安で、10分~30分で食べきる量を与えて下さい。

餌が残った場合はすぐに取り除きましょう。

そのままにしておくと急激に水が汚れてしまいウーパールーパーにダメージを与えてしまいます。

残してしまった場合は与えすぎなので量を調節していきましょう。

もっと餌について知りたい場合は以下の記事をご覧ください。


フンはすぐに取り除く

残した餌をすぐに取り除くのと同様に、フンを見つけた場合はすぐに取り除くと良いでしょう。

そのままにしても構いませんが水が汚れてしまいますので換水する頻度を短くする必要が出てきます。

大き目のスポイトがあれば簡単に処理することができるため、用意しておくと良いでしょう。

水換え・掃除について

フンなどで水が汚れるために定期的な換水が必要です。

水換えの頻度

濾過装置の能力や水槽サイズによって前後しますが大体1,2週間に1回程度が目安です。

小さな水槽で濾過能力の低い濾過装置での飼育など環境が良くない場合は高頻度の水替えが必要になります。
逆に45cm水槽で上部式フィルターなど飼育環境が良い場合は2週間に一度でも大丈夫です。

水替えの量

砂利の掃除一度に水替えする量は1/2~1/3程が目安です。

急激に水温などの水質が変わってしまうとウーパールーパーはショックによりダメージを受けてしまいます。
これを緩和するため、一度に変える量を全体の一部にします。

特に夏場や冬場は水道と水槽内の水温に大きく差が出てしまうため水温計で測定しながら、お湯などで水温を合わせる必要があります。

目安は±2度未満です。
デジタルタイプの水温計が測定が早く便利です。

濾過装置のメンテナンス

濾過装置の排水量が少なくなってきたら、ゴミで詰まっていますので手入れが必要です。

ウールマットを掃除して水通りを良くしましょう。

水道水で洗うことがポイント

重要なポイントとして水道水で直接洗わず飼育水で洗うことが必要です。

水道水には塩素が含まれてる上に飼育水とは違った水質を持っています。
濾過装置やウールには水をきれいにしてくれているバクテリアが繁殖していますが、バクテリアは環境の急変にとても弱く水道水で直接洗うと死滅してしまいます。

そのため飼育水で洗うことで死滅を防ぎます。

ウールマットがボロボロになりもう使えないと感じた場合は仕方ないので新しいものと交換しましょう。
交換直後及び一週間程はバクテリアが非常に少ない状況になっていますので、餌は控えめにして下さい。

水温について

ウーパールーパーの飼育が可能な温度は5度~28度で、快適に過ごせる温度は10度~20度程です。

夏場は置き場所を見直したり、クーラーファンなどを利用して水温を下げる工夫をしましょう。

夏場の高水温対策は以下の記事で取り上げています。

病気・ケガ

ウーパールーパーはとても丈夫なため病気になることはほぼありません。

病気になるということは相当に悪い環境だといえますので飼育環境の改善が必要です。

浮いてしまう病

浮いたウパ通常ウーパールーパーは水槽の底にたむろしていますが、何故か水面に浮いたままになってしまうことがあります。

餌を食べているなら特に問題はないでしょう。

問題となるのは購入した時点で浮いて餌を食べれず弱っていた場合です。
購入時の時点で餌を食べているかどうかは個体選びの重要なポイントです。

水カビ病

白い綿のようなものが体についている場合は水カビ病です。

ようは水が腐っていますので、まずは換水頻度を上げて対応してください。

根本の原因の解決には飼育環境の見直しが必要です。

換水頻度を上げる

フンで汚れが溜まってくる前に換水することで水を綺麗に保つことができます。

ただ労力がかかってしまうため出来れば飼育環境を見直した方が良いでしょう。

濾過装置のスペックアップ

濾過装置をスペックアップすることで汚れに対する浄化能力を上げます。

特に外掛け式や投げ込み式のフィルターを使用していると濾過能力が低いため、この病気になることがあります。

水槽を大きくする

水槽を大きくすることで汚れに対して許容量が増えます。

墨汁を汚れに例えると、コップの水に墨汁を垂らすと真っ黒になりますが、バケツの水に垂らしてもやや黒くなる程度です。

つまりフンの量は同じなので汚れの濃度が薄くなるということです。

ケガ

よほどひどいケガでなければ放っておくと直ります。

アクアセイフなどの粘膜保護材を使用すると良いでしょう。

ただし元々悪い環境で飼育していると傷口から水カビ病などに感染するため日ごろから良い飼育環境であることは大切です。

また尖った岩やアクセサリーは怪我の原因になりますので水槽には入れない方が良いでしょう。

その他病気やケガに関しては以下の記事で詳しくまとめていますので興味があれば読んでみてください。

ビギナーにありがちな間違い

良くある間違いを知ることで失敗を防止しましょう。

水道水は直接水槽に入れないこと

前の方で述べていますが、水道水にはカルキという消毒成分が添加されており、これがエラに致命傷を与えてしまいます。

必ずバケツでカルキ除去を行った上で飼育水に用いましょう。

洗剤や石鹸の類は使わない

はまったウーパールーパー絶対に洗剤や石鹸などで水槽や飼育器具を洗わないでください。

例え微量でもエラに致命傷を与え呼吸が出来ずに死んでしまいます。
特に家庭用のバケツやタライなどを使用する場合は石鹸や洗剤が微量に残っていますので使用しないでください。

飼育トラブルに関するQ&A集もありますので良ければ是非お読みください。

まとめ

ウーパールーパーはとても丈夫な生物でいくつかの注意点に気を付ければ末永く過ごせる可愛らしいペットです。
このような愛くるしい見た目をしている生き物は他にいないでしょう。

本記事を読んでいただいてウーパールーパーと良い出会い、長いお付き合いがあれば幸いです。

ウーパールーパーの整列

この記事を読んだあなたにオススメの記事:


LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

バタフライフィッシュ

ウーパールーパーと一緒に飼える熱帯魚について

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

スポンサー