アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーの飼い方!必要な設備や餌など!

リューシスティックのウーパールーパー

ウーパールーパーは特別な生き物だと思われていますが、実のところ飼育の難しさは金魚を飼うのと同じです。

特殊な器具も必要無く、子供や女性でも十分飼う事ができます。

そんなウーパールーパーの飼い方を説明します。

スポンサー

飼育に必要な設備

単独飼育のウーパールーパーウーパールーパーの飼育に必要な装備は金魚を飼育するものとほぼ同じで、特別なアイテムはありません。

必要なのは「水槽」、「フィルター(ぶくぶく)」、「カルキ抜き」の3つのみです。

水槽

30cm水槽小さいウーパールーパーは20cmほどの水槽サイズがあればひとまずはOK

ウーパールーパーは大きくなると23cm~27cmに成長しますので、最終的には45cmぐらいの水槽サイズが必要になってきます。
将来を考えて初めから45cm水槽にしておくのがオススメではあります。

水槽の置き場所

水槽の設置場所は直射日光が当たらない所、振動があまり無い所に置きましょう

直射日光があたってしまうと想像以上に水温が上昇し、茹で上がってしまいます。

床の上などもNG。
人が歩くたびに振動が伝わってしまいウーパールーパーが怯えてしまいます。

フィルター(ぶくぶく)

投げ込み式フィルター投げ込み式フィルター

フィルターやぶくぶくは水を循環させて綺麗に保つアイテムです。

なくても構いませんが毎日換水する必要があり、非常に手間です。
小さなウーパールーパーにはどのようなフィルターでも構いませんので設置しましょう。

初心者には水槽のフチに掛けて使用する「外掛け式」と言われるタイプが安くて取扱いしやすいのでオススメです。

投げ込み式と言われるフィルターやスポンジフィルターも良いでしょう。

大きくなってくると水を多く汚すようになってくるので「上部式」、「外部式」と言われるフィルターが適しています。

テトラVX-75のパッケージ大きなウーパールーパーは強力なフィルターがオススメ

カルキ抜き

カルキ抜き水道水にはカルキ(塩素)と呼ばれる消毒用物質が入っていますが、これがウーパールーパーのエラにダメージを与えてしまい最悪死に至る程の毒性があります。

水道水は魚用の「カルキ抜き」を使ってカルキを除去した上で使用する必要があります。

砂利は無くても良いのか?

ブラックカラーのウーパールーパー砂利は水を綺麗に保つ作用がありますが、水をあまり汚さない小さなウーパールーパーには不要です。

むしろ間違って食べて詰まってしまうリスクを考えると敷かないほうが良いです。

ただし成長したウーパールーパーは水を多く汚してしまうため、砂利を敷くのが良いでしょう。

詳しくはコチラ→「ウーパールーパーには底床(砂、砂利)を入れるべき?

無くても良いけど「照明」はオススメアイテム

薄型のLED照明せっかく飼育しているのですから鑑賞のために照明を設置すると良いでしょう。

無くても可愛いのですが、ライトアップされることにより可愛いさが引き立ちます

立ったウーパールーパー照明ナシ。野暮ったい。
はまったウーパールーパー照明アリ。カメラ写りも良くなる。

餌について

エサの匂いを嗅ぐウーパールーパーウーパールーパーは本来、虫や小エビ、小魚などを食べていますが、餌としては「人工飼料」と「冷凍アカムシ」がよく使われています。

人工飼料(ウーパールーパー専用エサ)

キャットフード人工飼料は小エビや魚の肉、でんぷんなどを練って固め、乾燥させたタイプのエサで、ウーパールーパーのエサとして売られているモノです。

常温で保存できフタを空けて粒を与えるだけなので、多くの人が人工飼料でウーパールーパーを飼育しています。

ただし小さいウーパールーパーは食べようとしない子もいるため、その場合は次の冷凍アカムシを与えます。

冷凍アカムシ

餌を食べるゴールデンのウーパールーパー水中にいるアカムシと呼ばれる虫を冷凍したものです。

ウーパールーパーはアカムシが大好物なので、人工飼料を食べない小さなウーパールーパーに適しています。

また栄養価も高いメリットがあり、その点でも小さいウーパールーパーにはオススメです。

冷凍アカムシは熱帯魚を取り扱っているお店で入手可能です(数百円ほど)。

冷凍庫に保管する必要がありますので、ご家庭で揉めないよう注意して下さい。

エサの与え方

たくさんのエサとウーパールーパーたくさん与えても良いが残した分は必ず取り除く

小さなウーパールーパーには1日1回与えましょう。

大人に近づくにつれ成長に必要なエネルギーを必要としなくなるため、大きなウーパールーパーは一週間に数回程度で構いません。

1回で与えるエサの量は食べ残さない程度です。
食べ残しているようであれば水の汚れを防ぐためにスポイトや魚用のネットなどで取り除きます。

放置しているとカビてしまいますので注意しましょう。

水換え

水替えバケツとホース水が透明でもフンや尿などで目に見えない汚れが少しずつ溜まっていきます

放置しておくとウーパールーパーが弱ってしまいますので、定期的な換水を行って水を綺麗に保ちましょう。

一度に換える量は全体の1/2

全て換水すると環境変化によるストレスがかかってしまうため半分程度に抑えます。
夏や冬は水道水と飼育水の温度が大きく異なる場合があり、その場合は温度を合わせてから使用します。

換水に使用する水もカルキ抜きを使用したものを使って下さい。

水換えの頻度

砂時計の画像フィルターの能力や水槽サイズなどによって必要な水換え頻度は変わります。

20cmほどの小さな水槽であれば3日に一度、45cm水槽の場合は一週間に一度程度が目安です。

水槽サイズに対してウーパールーパーが小さい場合は2週間に一度でも構いません。

20cm水槽 45cm水槽
小ウパ
(8cm未満)
1週間に1回 2週間に1回
中ウパ
(15cm未満)
3~4日に1回 1~2週間に1回
大ウパ
(15cm以上)
1週間に1回

上記の表は、あくまでウーパールーパーの大きさに対して適正なフィルターを選んだ場合です。

大きいウーパールーパーに対して小さなフィルターを設置する場合やフィルターを設置しない場合はこの限りではありません。

飼育のポイント

ウーパールーパー上記に加えてウーパールーパーを上手に飼うための飼育ポイントを解説していきます。

水流は抑えめ

口を開けたゴールデンのウーパールーパーウーパールーパーは水の流れがあまりないところに棲んでいるため、強い水流があると流されてしまいます

水流により流されているようであればフィルターの流量を調節したり、熱帯魚用のスポンジなどを噛ましたりして水の流れを緩やかにしましょう。

外掛け式フィルターは安価の割に流量が調節できるタイプも多くオススメのフィルターです。

エサは食べ残さない量を

餌の臭いを嗅ぐウーパールーパー一番水質が悪化するのはエサの食べ残しです。

食べ残したエサを放置しておくと水が急激に汚れウーパールーパーを死に至らしめます

エサは与えすぎても良いのですが、必ず取り除くことを徹底しましょう。

基本的には食べ残さない程度にやや控えめに与えるのがオススメです。

小さい頃は冷凍アカムシが良い

餌を食べるゴールデンのウーパールーパー小さいウーパールーパーは体力が弱い一面があります。

そのため栄養価の高い冷凍アカムシを与えて体力をつけさせるのがオススメです。

また人工飼料にはぷかぷか病という病気にかかりやすくなるデメリットもあり、体力の無い子ウパにはリスクがあります。

冷凍アカムシはぷかぷか病にもかかりづらく、かかったとしても体力をつけたウーパールーパーには問題になりません。

水温について

デジタル式水温計ウーパールーパーの生息地は一番寒い時で5度、一番暑い時で26度と、ヒンヤリした地域に生息しています。

そのため冬場はヒーターが必要ないのですが、夏の高水温に弱く26度を超えると暑さで弱ってしまいます

夏場は熱帯魚用のファン・クーラーを利用して温度を下げたり、エアーレーション(ぶくぶく)により酸素を多くして過ごしやすくして乗り切ります。

水槽の温度をチェックするために水温計は設置しておきたいところです。

夏場の対処については以下の記事で詳しく解説しています。

単独飼育が基本

腕が他のウーパールーパーに食いつかれた瞬間ウーパールーパーは目の前で動いたものを反射的に食らいつく性質があります。

そのため1つの水槽に複数匹入れると手足やエラをかじられ、共食いが発生する危険があります。

大きくなってくると鼻を頼りにエサを探す性質が強くなり共食いする性質は低くなってきますが、事故が起こる確率は0にはなりません。

基本的に単独飼育がベストです。

詳しくはコチラ→「ウーパールーパーの複数飼いについて

洗剤や石鹸類は使わない

はまったウーパールーパー絶対に洗剤や石鹸などで水槽や飼育器具を洗わないでください。

例え微量でもエラに致命傷を与え呼吸が出来ずに死んでしまいます

家庭にあるバケツやタライなどを水換え時に使用して、微量に残った石鹸や洗剤により死なせてしまった飼育者もいます。

水換えに使用する道具は分けておくのが無難です。

病気・ケガ

ウーパールーパーの前足ウーパールーパーはとても丈夫なため病気になることはほぼありません。

ここでは最もかかりやすい代表的な病気とケガを軽く紹介しておきます。

詳しく知りたい場合は「ウーパールーパーの病気・トラブル一覧 」をご覧ください。

ぷかぷか病

浮いたウパ通常ウーパールーパーは水槽の底にたむろしていますが、水面にぷかぷか浮いたままになってしまうことがあります。

これは食べたものが腸で発酵してガスが発生するのが原因。

人工飼料を与えているとお腹の中で発酵しやすいためぷかぷか病になりやすい傾向があります。

浮いてもあまり傾かずにしっかり餌を食べているなら問題はありませんが、症状が重くなってくるとひっくり返ってエサを食べられないようになります。

ヤバいかもと感じた場合は人工飼料を止めて冷凍アカムシなどに切り替えましょう

特に販売されている小さなウーパールーパーはエサを十分与えられずに体力が落ちているため、栄養のある冷凍アカムシがオススメです。

水カビ病

ウーパールーパーの水カビ病白い綿のようなものが体についている場合は水カビ病です。

ようは水が腐っていますので応急処置として全換水し、治るまでは換水頻度も倍にして下さい。

ウーパールーパーの排泄量に対し、設備のキャパシティを超えているのが原因です。

特にウーパールーパーが大きくなってくると外掛け式や投げ込み式などの小さなフィルターでは対応できなくなってくるので、上部式または外部式フィルターなどを使用する必要があります。

また砂利にも浄化作用があり、費用対効果も高くオススメです。

ケガ

再生中のウーパールーパーの手ウーパールーパーは足やエラなどがなくなっても再生する能力を持っています

栄養価の高い冷凍アカムシを与えて再生を促進しましょう。

ただし元々悪い環境で飼育していると傷口から水カビ病などに感染するため、日ごろから正しい飼育環境で飼うことが大切です。

また尖った岩やアクセサリーは驚いた拍子に怪我の原因になりますので、水槽には入れない方が良いでしょう。

その他病気やケガに関しては以下の記事で詳しくまとめていますので興味があれば読んでみてください。

まとめ、個人的な所感

リューシスティックのウーパールーパーウーパールーパーの飼い方について箇条書きでまとめます。

  • 飼育に必要なアイテムは「水槽」、「フィルター」、「カルキ抜き」
  • 必要な水槽サイズは20cm~45cm。成長に合わせて水槽を大きくしても良いがずっと使える45cmがオススメ
  • 水道水にはカルキ(毒)が含まれているのでカルキ抜きしたものを使う
  • エサは冷凍アカムシまたは人工飼料を1日1回、食べ残さない量を与える。残したら必ず取り除く。
  • 水を綺麗に保つため3~7日に一度、半分の量を水換えする
  • 高水温に弱いので夏場は熱帯魚用のファンやエアーレーション(ぶくぶく)を設置する

ウーパールーパーは特別な生き物と思われがちですが、正直なところ金魚と飼い方が同じです。

とても丈夫な生物でいくつかの注意点に気を付ければ末永く過ごせる可愛らしいペットです。

本記事を読んでいただいてウーパールーパーと長いお付き合いが始まれば幸いです。

飼い方についてより詳しく知りたい場合は「ウーパールーパーの飼い方 記事一覧」をご覧ください。
エサや飼育用品、水質について詳しく書いています。

オススメ記事:
・健康なウーパールーパーの選び方、お迎えするポイントなど

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

熱帯魚、両生類飼育用品なども

記事ランダムピックアップ

ロイヤルグラマ

ロイヤルグラマの飼育について!性格や混泳相性、病気の対策について!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg