ウーパールーパーの飼い方!必要な設備や餌など!

ウーパールーパーは特別な生き物だと思われていますが、実のところ金魚を飼うのとほぼ同じ飼育設備で飼育できる生き物です。

餌も特殊なものは必要なく、飼育自体は決して難しくありません。

そんなウーパールーパーの飼い方を説明します。

スポンサー


飼育に必要な設備

体格差のあるウーパールーパーの混泳模様ウーパールーパーの飼育例(50cm水槽)

基本的にウーパールーパーの飼育設備に必要なものは「水槽」、「フィルター(ぶくぶく)」の2つがあれば飼育環境が整います。

それに加え、水道水に含まれる塩素(ウパにとっては毒)を除去する「カルキ抜き」があればOKです。

水槽

水槽は最低30cm以上のサイズのものを選びましょう。

子ウパの場合、水槽サイズが大きすぎるように感じるかもしれませんが、ある程度大きい(水量が多い)水槽にすることで、気温の変化に対する水温の変化にクッションをつけ、ウーパールーパーの体力を奪わないようにするといった目的があります。

といのも小さい水槽の場合、外気温が3度上がれば水槽内の水温もすぐに3度上がります。

これに対し大きい水槽であれば外気温が3度上がったとしても、すぐには水温が変わらずゆっくりと少しずつ温度が変わっていく形になります。

ウーパールーパーは急な水温変化で体力を消耗する生き物でありますため、小さい水槽であればあるほど飼育が難しくなるのです。

なおウーパールーパーは最終的には20cmほどのサイズになりますので、それを見越し「1つの水槽で最後まで飼いたい」という方には45cm水槽をオススメしています。

水換え中のウーパールーパー水槽45cm水槽は成長したウーパールーパーも難なく飼えるオススメサイズ

「最初からうまくいくか不安でデカい水槽はちょっと・・・」という方には「金魚用の水槽セット」がとても安く手に入りますので、そういったものから初めて見るのも良いでしょう。

GEXの金魚水槽セットSこういうものはとても安く販売されていてスタートにオススメ。
ホームセンターであれば必ず置いてある。

詳しく!ウーパールーパーに最適な水槽サイズは?複数飼育時の大きさなど。

水槽の置き場所

水槽の設置場所は直射日光が当たらない、かつ何らかの台の上に置きましょう

直射日光があたってしまうと想像以上に水温が上昇し、茹で上がってしまいます。

床の上なども相応しくなく、人が歩くたびに水槽に振動が伝わってしまいウーパールーパーにストレスを与えてしまいます。

フィルター(ぶくぶく)

ウーパールーパーの水槽、フィルターフォーカス

フィルターやぶくぶくは水を循環させて水質を綺麗に保つアイテムです。

フィルターが無いと毎日の換水が必要になりますので、普通は何らかのフィルターを設置します。

小さなウーパールーパーはフンの量がそもそも少ないため割とどのようなフィルターでもOKですが、手頃で扱い安いものをオススメしておくと「投げ込み式フィルター」や「外掛け式フィルター」などが初心者に扱いやすくオススメです。
(上の写真の水槽で使用しているも外掛け式フィルターになります)

「ノンノイズ W1000」1つの排出口から分岐して投げ込み式フィルターを2台繋げた様子投げ込み式フィルター
金魚用の水槽セットには大抵付属しているのでそのまま使える
外掛け式フィルター外掛け式フィルター
水槽のフチに掛けるタイプで設置しやすい

ウーパールーパーが大きくなってくるとフンの量が多くなってくるので、浄化能力の高い「上部式フィルター」や「外部式フィルター」と呼ばれる強力なフィルターがオススメです。

小さいフィルターだと汚れを処理できずに病気になりやすくなってしまいますので、成長サイズに応じて導入を検討すると良いしましょう。

上部式フィルター上部式フィルター
水槽上に濾過ボックスを設置するタイプのフィルター
水槽台にしまわれたVX-75外部式フィルター(本体)
濾過ボックスを水槽とは別に設置するタイプのフィルター
ウーパールーパ水槽外部式フィルターの設置された水槽
濾過ボックスの場所はとるが、水槽内はスッキリして強力な濾過を行うことが可能

詳しく!ウーパールーパーに適したフィルターは?必要性や種類、オススメなど

カルキ抜き

水道水に含まれる塩素

日本の水道水には「カルキ(塩素)」という消毒薬が含まれていますが、カルキはウーパールーパーのエラにダメージを与えてしまい死なせてしまうほどの毒性があります。

水道水をウーパールーパーに使うためには、ペット用の「カルキ抜き」を使ってカルキを除去するか、2日ほどバケツに汲み置いてカルキを曝気させてから使用する必要があります。

カルキ抜きは安価で一瞬でカルキが抜けるため、市販のカルキ抜きを使用するのが手頃でオススメ
(ほとんどの飼育者はカルキ抜きを用いて飼育しています)

カルキ抜きは色々売られておりメーカーにより様々な機能をうたったものもありますが、性能的にはさほど差異はありません。

水道水と塩素除去剤水道水は必ずカルキ抜きを使ってから使用すること

関連1日汲み置くだけでは水道水のカルキは消えない?検証してみた!

その他、お好みのアイテム

隠れ家

土管

必須ではありませんが、土管などの隠れ家を入れておいても良いでしょう。

隠れ家は「まぶしいと思った時に暗い場所に入れる」、「強い水流から逃げれる」などのメリットがあります。

置く場合は”土管”など、入り口が入りやすく身体がストレートにしまえる形状のものがオススメです。
(丸いものや曲がったものは身体に曲がりグセがつくリスクがあります)

ただハムスターのように隠れ家が無いと強いストレスを受けるということは無く、無いなら無いで特に問題はありません

(ゴミが溜まりやすく掃除がしにくくなるデメリットがあり、入れない飼育者も多い)

砂利は入れた方が良いか?

砂利はウーパールーパーが間違って飲み込むリスクがあるため、特に小さいウパの場合は入れないほうが良いです。

砂利をしくと底に落ちた食べ残しなどが掃除しにくくなるデメリットもあり、大きなウーパールーパーでも砂利をしかない飼育者の方が大多数。

どうしても入れたい場合はリスク・デメリットを踏まえて検討しましょう。

詳しく!ウーパールーパーには底床(砂、砂利)を入れるべき?

小さいウパについては設備で失敗することはあんまり無いヨ!
ただ温度変化には弱いのである程度の水槽サイズ(30cmくらい)は用意してネ!
ロボうぱ

餌について

ウーパールーパーは小魚やエビなどを食べる肉食性です。

最も良く使われているのが「冷凍アカムシ」と「人工飼料」であり、コレがメインになります。

冷凍アカムシ

冷凍赤虫

冷凍アカムシは蚊の仲間である「ユスリカ」の幼虫を冷凍したものです。

冷凍庫に冷凍保管し、使う分を取り出して直接ウーパールーパーの口に持っていって与えます。

嗜好性が高く成長速度が早くできるメリットがあり、特に幼少期のウーパールーパーには最も適した大定番のエサです。

餌を食べるゴールデンのウーパールーパー手で与えてもピンセットを使っても良い

小さいウーパールーパーは体力が無く病気にも弱い時期のため、最初は冷凍アカムシを与えて早めに育ててやるのがオススメ。

冷凍アカムシは熱帯魚を取り扱っているお店で入手可能です(数百円ほど)。

虫と聞くと聞こえは悪いのですが、冷凍で死んでますし赤いヒモやソバみたいなもんなので慣れてしまえば気にならないと思います。
(とはいえ冷凍庫に虫の幼虫を保管するので、ご家庭で揉めないようには注意)

人工飼料(ウーパールーパー専用エサ)

ひかりウーパールーパー

人工飼料は小エビや魚の肉・でんぷんなどを練って乾燥させたタイプのエサになります。

ウーパールーパーのエサとして売られているものの他、肉食性熱帯魚のエサ(ナマズ)もウーパールーパーに与えられる人工飼料です。

常温で保存できフタを空けて粒を水槽に入れるだけという手軽さがメリットです。

エサを食べるウーパールーパー

ただ冷凍赤虫と比べて嗜好性は一段落ち、食べようとしない子も一定数います。

加えて人工飼料はお腹の中でガスが溜まることがあり、ウパにより「ぷかぷか病」という病気になりやすい大きなデメリットがあります。

ぷかぷか病になるとずっと浮いたままでエサを食べることができなくなり、体力の低い子ウパはそのまま死ぬことがある怖い病気です。

人工飼料を与えてもぷかぷか病にならない子も少なくありませんし人工飼料だけで育てた人も多くいますが、小さい子ウパの初期エサとしてはオススメしません

初心者でスタート時に最も失敗しやすい理由が人工飼料だったりするヨ!小さいウーパールーパーには”与えられるなら”冷凍アカムシがオススメ!
ロボうぱ

関連ウーパールーパーのぷかぷか病について。原因や治し方。

エサの与え方

アカムシを食べるマーブルのウーパールーパーたくさん与えても良いが残した分は必ず取り除く(冷凍アカムシ)

小さなウーパールーパーには1日1回与えましょう。

大人に近づくにつれ成長に必要なエネルギーを必要としなくなるため、成長にすれば数日ごとに与えても良いです。
(が、通常は1日1回ほど与えるのが良いと思います)

1回で与えるエサの量は食べ残さない程度です。

エサを与えた後、30分後ぐらに食べ残しているようであれば水の汚れを防ぐためにスポイトや魚用のネットなどで取り除きましょう。
(特に冷凍アカムシは小さく散らばったのが残りやすいのでネットがオススメ)

関連ウーパールーパーの餌と与え方。適切な頻度と量など。

冷凍アカムシを1日1回たらふく食わせればOK!
残したエサは取り除いてネ!
ロボうぱ
ウパみ
人工飼料じゃ飼えないの??
飼えないコトはないけど子ウパとは相性が悪く失敗する可能性は高いネ!
失敗している人は人工飼料だけを与えていたケースが多いから、失敗したくないなら冷凍アカムシがやっぱりオススメ!
ロボうぱ

水換え

水換え中のウーパールーパー水槽

水が透明でもフンや尿などで目に見えない汚れが少しずつ溜まっていきます

放置しておくとウーパールーパーが弱ってしまいますので、定期的な換水を行って水を綺麗に保ちましょう。

頻度の目安としては一週間に一度程度の水換えを行います。

水槽サイズとウーパールーパーの大きさによって必要な水換え頻度は変わり、小さな水槽で飼い始めてウーパールーパーがかなり大きくなってきた場合などは高頻度の換水が必要になりますし、逆に水槽サイズに対してウーパールーパーが小さい場合は2週間に一度でも構いません。

30cm水槽 45cm水槽
小ウパ
(8cm未満)
1週間に1回 2週間に1回
中ウパ
(15cm未満)
3~4日に1回 1~2週間に1回
大ウパ
(15cm以上)
1週間に1回

上記の表は、あくまでウーパールーパーの大きさ(排泄量)に対して、カバーできるろ過能力のフィルターを選んだ場合です。

大きいウーパールーパーに対して小さなフィルターを設置する場合や、フィルターを設置しない場合はこの限りではありません。

排泄量に対してフィルターが足りてない場合は、毎日換水が必要になります

換水のやり方(一例)

水換えバケツとホース

換水には「バケツ」と熱帯魚用に売られている「水換えホース」を使用します。

水槽の水を抜く

水換えホースを使って、水槽の水をバケツに抜いていきます。

この時底に溜まったゴミも全部吸い出しましょう。(砂利があるとここが手間になります)

水換え中のウーパールーパー水槽
水換えホースを使って排水している様子バケツに排水します
ウーパールーパーの横にあるゴミを吸い出している様子ゴミを吸い出していきます。
ガラス面を掃除しているのを見ているウーパールーパーガラス前面が汚れている場合はメラミンスポンジで綺麗にします

排水する量はちょい残し程度でOKで、大体2/3~3/4ぐらいが目安です。無理に全部変える必要はありません。

バケツに溜まったものはトイレや洗面台などの下水に流します。
(この時大きなゴミがあると詰まりますので注意)

バケツに新しい飼育水を用意

バケツに水道水が入れられている図

排水が終わったらバケツに水道水を入れ新しい水を用意します。

この時注意しなければならないのが冬季の場合、水道水が水槽の水温より大きく低く、水道水温ダイレクトだと水温差によりウーパールーパーがショックで弱ってしまいます
(小さいウパだと普通に死ぬ)

冬はお湯で水温を調節し、手を水に入れた時に「バケツの水」と「ウーパールーパーの水槽の水」が大体同じになるように調節します。

バケツにカルキ抜きの投与

バケツに適度な水を入れたらカルキ抜きを取説通りの分量で投与してサッと混ぜます。

水が入ったバケツ
水槽とカルキ抜き

数秒でカルキは完全に無くなります。

関連市販のカルキ抜きは何秒でカルキが抜けるか検証してみた!

バケツの水の投与

バケツに作成した新しい飼育水を少しずつ投与して完了です。

バケツで水槽に水を注いでいる様子
水換え後のウーパールーパー気持ちよさそうです

詳しく!ウーパールーパーの水換えについて。適切な頻度とやり方

ウーパールーパーにとっての「汚れ」は透明で見えないんダ!
透明でも定期的に水換えしないとウーパールーパーを苦しめちゃうから気をつけてネ!
ロボうぱ
フィルターは洗わなくて良いの?

浄化設備であるフィルターは詰まって著しく流量が落ちていない限り、掃除は不要です。

フィルターが水を綺麗にする仕組みはバクテリアによるものでありますが、水道水で洗ってしまうとこのバクテリアが大きく失われ、かえって濾過能力がガタ落ちしてしまいます。

フィルターは詰まってない限りは洗わないのが基本なのです。

関連水槽の水を綺麗に保つフィルターとバクテリアの仕組み

水槽へのお迎え時

袋に入ったウーパールーパー

ウーパールーパーは店員さんに声をかけて購入するパターンが大体で、店員さんは移動用の袋にウーパールーパーを入れてくれます。
(稀にプラケースやプリンカップごとレジに持っていく場合もあります)

家に着いたら袋から出さずに、まず袋のまま水槽に浮かべます

水槽に袋に浮かべたウーパールーパー袋のまま浮かべて少し待とう

そうすることでゆっくり水槽内の水温がウーパールーパーに馴染んでいき、水温差によるショックを和らげることができます

10分程してからそっとウーパールーパーを水槽に放ってあげましょう。

飼育のポイント

ウーパールーパーの飼育について特に注意したいところや、初心者が失敗しやすいポイントを紹介していきます。

エサは食べ残さない量を

餌の臭いを嗅ぐウーパールーパー

一番水質が悪化するのはフンではなく、実はエサの食べ残しの方がよっぽど水を汚します。

食べ残したエサを放置しておくと水が急激に汚れ、残って放置したエサの量によってはウーパールーパーが翌日死んでしまうこともあります。

エサは与えすぎても良いのですが、食べ残しは必ず取り除くことを徹底しましょう。

夏場の高水温は苦手

デジタル式水温計

ウーパールーパー(メキシコサラマンダー)の生息地は一番暑い時で”26度”、とヒンヤリした地域に生息しているため夏場の高温には弱い生き物です。

具体的には水温が28度を超えるとかなり弱っていくため、そうなれば水槽用の冷却グッズを使って水温を下げる必要があります。

まず夏場が来る前に「水槽用の水温計」を購入・設置しておき、温度が最も高くなりそうな13~14時頃の時間帯で27度を超えそうではないか?、とチェックする習慣をつけておきましょう。

水槽の温度を下げる方法

クーラーファン水槽用ファン

温度を下げる手段として最も手軽でメジャーなのは「水槽用のファンを取り付ける」こと。

水槽用ファンは3,000~4,000円ほどと安く売られており、およそ現状の水温から-1~-3度ほど冷やすことが可能です。

高水温対策として他にも「強力なエアーレーションを行う」ことや、「部屋自体にエアコンを入れる」、「水槽用クーラーを導入する」などの方法がありますが、ここでは割愛します。

詳しくウーパールーパーに適正な水温と夏場の高水温対策

冬場は5度まで耐えれるので、室内であれば特に温める必要はないヨ!
ロボうぱ
ワンポイント

ウーパールーパーは春に子ウパが販売されますが、夏が来る前にしっかり育てて体力を高めておくことにより、夏を乗り切れやすくなります。

この点においても、冷凍アカムシでしっかり育てておくことが有効なのです。

単独飼育が基本

腕が他のウーパールーパーに食いつかれた瞬間

ウーパールーパーは目の前で動いたものを反射的に食らいつく性質があります。

そのため1つの水槽に複数匹入れると手足やエラをかじられ、共食いが発生する危険があります。

大きくなってくると鼻を頼りにエサを探す性質が強くなり共食いする性質は低くなってきますが、事故が起こるリスクは無くなりません。

基本的には1水槽に1匹までと考えて下さい。

関連ウーパールーパーの複数飼いについて

洗剤や石鹸類は使わない

はまったウーパールーパー

これは水に棲む生き物を飼うこと全般にいえますが、洗剤や石鹸などで水槽や飼育器具を洗わないでください。

微量でも残ってしまった場合、エラに入り込むことで呼吸が出来ずに死んでしまいます

家庭にあるバケツやタライなどを水換え時に使用して、微量に残った石鹸や洗剤により死なせてしまった飼育者もいるほど。

生活用のバケツがあったとしても、水換えに使用するバケツは分けておくのが無難です。

病気・ケガ

ウーパールーパーはとても丈夫なため正しく飼っていれば、病気になることはほぼありませんが、参考情報としてよくある病気を紹介しておきます。

詳しく知りたい場合は「ウーパールーパーの病気・トラブル一覧 」をご覧ください。

ぷかぷか病

浮いたウーパールーパー

通常ウーパールーパーは水槽の底にたむろしていますが、水面にぷかぷか浮いたままになってしまうことがあります。

これは食べたものが腸で発酵してガスが発生するのが原因で、「ぷかぷか病」と言われる病気。

人工飼料を与えているとお腹の中で発酵しやすいためぷかぷか病につながることがあります。

人工飼料を食べても問題ない子も多いのですが、発酵しやすい体質のウーパールーパーだと要注意。
(これは人間の便秘とか下痢とかと同じですね)

浮いてもあまり傾かずにしっかり餌を食べているならすぐに大事には至りませんが、症状が重くなってくるとひっくり返ってエサを食べられないようになります。

「この子には良くないかも・・」と感じた場合、冷凍アカムシの方がぷかぷか病になりにくいのですぐに切り替えましょう。

特に販売されている小さなウーパールーパーはエサを十分与えられずに体力が落ちているため、栄養のある冷凍アカムシがやはりオススメです。

詳しく!ウーパールーパーのぷかぷか病について。原因や治し方。

水カビ病

ウーパールーパーの水カビ病

白い綿のようなものが体についている場合は「水カビ病」です。

ようは水が腐っていますので応急処置として全換水し、治るまでは毎日換水するようにして下さい。

原因

ウーパールーパーの排泄量に対し、フィルターのキャパシティを超えているのが原因です。

特にウーパールーパーが大きくなってくると外掛け式や投げ込み式などの小さなフィルターでは対応できなくなってくるので、上部式または外部式フィルターなどの強力なフィルターを使用するか、日常的に毎日換水するような対処が必要になります。

関連ウーパールーパーに白い綿がつく水カビ病の治療と対策

ケガ

再生中のウーパールーパーの手

他のウーパールーパーにかじられてエラや手足をかじられてしまうことがあります。

ウーパールーパーは足やエラなどがなくなっても再生する能力を持っていますので、すぐ血肉となる冷凍アカムシを与えて再生を促進しましょう。

ただし元々悪い環境で飼育していると傷口から水カビ病などに感染するため、日ごろから正しい飼育環境で飼うことが大切です。

ウーパールーパーは1水槽に1匹まではモチロンのこと、尖った岩やアクセサリーは驚いた拍子に怪我の原因になりますので避けましょう。

詳しく!ウーパールーパーのケガの治療について。再生にかかる時間など

その他病気やケガに関しては以下の記事で詳しくまとめていますので興味があれば読んでみてください。

関連ウーパールーパーの病気・トラブル一覧

まとめ、おわりに

リューシスティックのウーパールーパー

ウーパールーパーの飼い方について箇条書きでまとめます。

  • 飼育に必要なアイテムは「水槽」、「フィルター」、「カルキ抜き」
  • 必要な水槽サイズは30cm~45cm。成長に合わせて水槽を大きくしても良いが、ずっと使える45cmがオススメ
  • 水道水にはカルキ(毒)が含まれているのでカルキ抜きしたものを使う
  • エサは冷凍アカムシまたは人工飼料を1日1回、食べ残さない量を与える。残したら必ず取り除く。
  • 水を綺麗に保つため一週間に一度程度の水換えをする
  • 高水温に弱い

ウーパールーパーは特別な生き物と思われがちですが、割と金魚と飼い方が同じイキモノ

意外と簡単に飼育できちゃうので興味があれば是非挑戦してみて下さい。

より詳しい飼い方の解説については入門情報を「ウーパールーパーの飼い方」のカテゴリーにまとめていますので、そちらも参考になさって下さい。

末尾にウーパールーパーの飼育にオススメのアイテムを一覧で置いておきます。

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!