アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

初心者がウーパールーパー飼育を失敗させないための6つの常識

はまったウーパールーパー

ウーパールーパーは飼うのは簡単と言われています。

しかし今まで魚を飼ったことが無い人は思いもよらないポイントで失敗してしまうことも。

そんなズブの素人にお伝えしたい「飼育する上での常識」的なポイントを解説していきます。

スポンサー

日光が当たる場所に水槽を置かない

強い日差し「日光があったほうが自然に近くて良いだろう」、「日光を使えば水草を育てられるのでは」と考えて室内の陽のあたる場所に置く人がいます。

しかし太陽光は非常に強力な熱源
ガラス越しの室内ですら温度が上昇し、カーテンごしでも伝わるほど。

小さな水槽を日のあたるところに置いてしまうと水温が30度を超えてしまいます
ぬるま湯になってしまい、湯で殺してしまいます

必ず直射日光の近くには置かないようにしましょう。

日のあたらない日中の温度変化が少ない場所に

30cm水槽加えて温度差の少ない所であればベスト。

気温が変化しやすい場所、風呂場などは適していません

水温が変化するとウーパールーパーの体力が奪われてしまいます
人間でも季節の変わり目は体長を崩しやすいですね。

補足ですが床の上に直接置くのも歩く振動が伝わり不適切です。

洗剤は使わない

台所洗剤や風呂場などの洗浄剤はウーパールーパーのエラに入り込み呼吸をできなくします

綺麗洗うことを目的に飼育器具に洗浄剤を使うのは絶対にしてはいけません。

よく洗えば良いのでは?と思うところですが微かでも残っていた場合は毒殺してしまうことになります。
洗剤によっては素材に浸透して洗浄する作用もあり非常に危険です。

お風呂場等で使っているタライなどは使用しないで下さい。

水道水はカルキ抜きが必要

カルキ抜き水道水には消毒するためにカルキ(塩素)と呼ばれる物質が使われています。

蛇口から出る水道水には人体には無害なレベルになっていますが、水に棲む生き物達には毒

水道水は熱帯魚用のカルキ抜きを使用するか、バケツで汲み1日直射日光をあてて揮発させて必ずカルキを除去してから使用して下さい

水槽にはウーパールーパー1匹のみにする

腕が他のウーパールーパーに食いつかれた瞬間ウーパールーパーは共食いする生物です。

動くものを反射的に食らいつく性質があり、ウーパールーパー同士を一緒に入れるとエラや手足が食べられてしまう事故が起こります。

そもそも自然下では兄弟を食べて大きくなるのが普通。
寂しそうと思って他のウーパールーパーを入れても、彼らにとってはエサか捕食者なのです。

大人になるとその性質は弱くなってくるので、大人になるまでは一緒に入れるのは避けるべきです。

ウーパールーパーを複数匹同じ水槽に入れる方法は「ウーパールーパーの複数飼いについて 」にて解説していますので興味ございましたらお読み下さい。

魚を入れてもダメ

ゴールデンハニードワーフグラミーウーパールーパーのエラは水中にいる虫類、特にアカムシに見た目がそっくり。

そのため金魚や熱帯魚と一緒に入れるとエラが食われてしまいます

エラは大事な呼吸器官ですので損傷を受けると命に関わるため魚と一緒に入れることは避けるべきです。

ウーパールーパーと相性が良い魚については「ウーパールーパーと一緒に飼える熱帯魚について 」にてまとめています。

水換えは怠らないこと

水替えバケツとホース水棲生物は水換えなしに飼育は出来ません。

特に成長したウーパールーパーは水を多く汚すため定期的な水換えは不可欠

換水し忘れても近いうちに行えば問題はありません。
ですが面倒くさくなって段々とやらなくなってしまうのが一番危険

見た目上大丈夫そうに見えても大きく負担をかけており、寿命が削られ1年から数年で死んでしまいます。

水換えを楽にするグッズを買ったり、ウーパールーパーの大きさに対して広い水槽で飼ったりして水換えを楽にしましょう。

夏場の高水温を乗り切る

31.2度を示す水槽用クーラー付属の水温計ウーパールーパーはヒンヤリした気候に棲む生物で、日本の夏は暑すぎてしまいます。

26度以上で弱り始めてしまいますが、28度を超えると対策が必要です。

部屋の冷房や熱帯魚用のクーラー・ファンを使って温度を抑えましょう。

実際には高水温のみが問題では無い

単独飼育のウーパールーパーただし高水温のみで死んでしまうことは少なく、どちらかというと様々な要因が合わさって死んでしまうケースがほとんど。

夏に死なせてしまう人はあまり良くない環境で飼育している方が多いです。

適切な濾過装置、エアーレーション、水換えを行っていれば30度ぐらいでも夏を乗り切ることは十分可能です。

夏を迎える前に飼育環境を見直し、余裕ある設備で夏を乗り切りましょう

詳しい高水温対策は「ウーパールーパーの高水温対策 」に詳しく記載しています。

まとめ、個人的な所感

飼育者を見上げるウーパールーパー魚を今まで飼った人に抑えて欲しいポイントを箇条書きにまとめます。

  • 直射日光の近くや陽のあたるところに水槽をおかない
  • 洗剤は絶対に使わず、以前洗剤を使ったことのあるタライなどは避ける
  • 水道水に含まれるカルキはウーパールーパーにとって毒。必ずカルキ抜きをする。
  • ウーパールーパーは共食いするので1水槽1匹まで
  • 定期的に水換えしないと飼えない(寿命が減る)
  • 夏が来る前に飼育環境を見直そう

ウーパールーパーは非常に丈夫な生物で、水に棲む生き物の中では飼育がとても簡単。

本記事を読んで「そうなの!?」と思っていただけたらとっても嬉しいです。

次はコチラがオススメ:水槽サイズについて

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

熱帯魚、両生類飼育用品なども

記事ランダムピックアップ

RLSSのプロテインスキマーのダストカップ部

海水水槽のプロテインスキマーとは!?仕組みと効果、おすすめのスキマーについて!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg