アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーに適したフィルターは?必要性や種類、オススメなど

投げ込み式フィルター

ウーパールーパーの飼育に必要な「フィルター」について解説。

フィルターの役割からどのようなタイプがあるのか、そのほかウーパールーパーのサイズ別にオススメのフィルターも紹介しています。

スポンサー

フィルターの必要性

外部式フィルター(テトラVX)フィルターは水を浄化する装置ではありますが、汚れを0にする装置ではありません。

排泄物から出た有害な毒素である「アンモニア・亜硝酸」を毒素の低い「硝酸」へと低毒素化する装置です。

つまりフィルターを設置していないと水中の毒性濃度が高くなってしまい、ウーパールーパーに負担を与えてしまうのです。

フィルターを設置していないと水換えが大変

水換え中のウーパールーパー水槽フィルターを設置している場合は1~2週間に1回程度の換水でOK。

しかしながらフィルターを設置していない場合、水の汚れ、つまり毒性レベルがすぐに上がってしまいます。

これをカバーするために毎日の換水が必要になってしまうのです。

詳しくは「水槽の水を綺麗に保つ仕組み。アクアリウムの基本を学ぼう。 」をご覧ください。

設置しない場合は換水が大変!
ロボうぱ

フィルターの種類

フィルターは様々なタイプがありますが、ウーパールーパーに使用できるものは「投げ込み式」、「外掛け式」、「上部式」、「外部式」の4タイプがあります。

投げ込み式フィルター

投げ込み式フィルター水中にちょい置き、投げ込んで使えるフィルターです。
駆動には別途エアーポンプを接続する必要があります。

商品名で言えば「ロカボーイ」、「水作エイト」とかその辺です。

濾過能力は低めですが、簡単に設置できるのは便利です。

能力:★☆☆☆☆
安さ:★★★★★

外掛け式フィルター

外掛け式フィルター(テトラAT-20)水槽の縁に外掛けして設置するタイプのフィルターです。

こちらも設置が簡単で、かつ濾材交換のメンテナンスがし易いと言う特徴があります。

そのほか流量を調節できるタイプも多く、水流を嫌うウーパールーパーには適しています。

ただし濾過能力は低め

能力:★☆☆☆☆
安さ:★★★★★

上部式フィルター

上部式濾過装置水槽上部に設置するタイプのフィルターです。

先述した2つは濾過能力が低く補助的な意味合いが強いのですが、こちらはまともなフィルター。
そこそこの浄化能力を持っています。

水草育成には適していないため、あまり使われなくなりましたがウーパールーパーには適したフィルターです。

能力:★★★☆☆
安さ:★★★☆☆

外部式フィルター

水槽台に置いた外部式フィルター水槽の外に設置するタイプのフィルターです。

投げ込み式や外掛式と比べて明確に「箱」。
箱からくる濾材の積載能力・浄化能力は投げ込み式・外掛け式などの比ではありません。

外掛式や投げ込み式を使っている人からすると値段が高く感じられますが、濾過能力は比べ物にならないくらい高いです。

能力:★★★★★
安さ:★★☆☆☆

関連:濾過装置の外部式フィルターについて。特徴や掃除、メリットなど

その他のフィルター

その他にも「底面式」「オーバーフロー水槽」というフィルターのタイプがあります。

底面式は粒の大きな砂利が必要で、砂を敷かない、または細かい粒を敷くウーパールーパー飼育には適していません。

オーバーフロー水槽は値段がかなり上がってしまうので割愛します。(5万~)

オススメのフィルターは?

色々フィルターをご紹介しましたが、じゃあどれを使えば良いの?という感じですよね。

オススメのフィルターをご紹介します。

小さいウーパールーパーには何でもOK

ウーパールーパーと水槽レイアウト小さなウーパールーパーは排泄量が少ないので何でも構いません

強いて言うなら流量が調節できるタイプの外掛式フィルターがオススメ

ですが、安価な水槽セットによく付属している投げ込み式フィルターでも大丈夫です。

大きくなったウーパールーパーの場合

見つめるウーパールーパー大きなウーパールーパーは排泄量が多いので、濾過能力の低いフィルターは不適切

小さい頃からずっと外掛け式・投げ込み式を使っている人が多いのですが、実のところはウーパールーパーに大きな負担をかけており病気になりやすかったり、短命であります。

上部式、できれば外部式フィルターを使用するのがオススメです。

特に砂を敷かない場合、砂による浄化作用がないため特に強力な外部式フィルターを使用すべきです。

まとめ、個人的な所感

エアーレーションを浴びているウーパールーパー小さなウーパールーパーはどのフィルターでもOKです。

ですが育ったウーパールーパーとなると話は別。

ずっと小さいフィルターのままだと病気になってしまったり寿命が削られてしまいます。

本来であれば10年以上生きるウーパールーパー。できるだけ長く飼育してあげたいですね。

次はこちら:ウーパールーパーの水換えについて。適切な頻度とやり方。
関連:外部式フィルターはどれが良い?製品を一括比較!

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

マーブルのウーパールーパー

ウーパールーパーに底床(砂利)って必要?メリット、デメリットを考察

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg