アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

水槽に生えるコケ一覧とその除去・対策方法【総集編】

藍藻、シアノバクテリア

金魚や熱帯魚の水槽では美観を損ねるコケが付きもの。

コケには種類があり、対策方法も異なります。

そんな水槽で出る厄介なコケについて、種類を写真で紹介し、種類に応じた対策および食べる生物などの除去方法を解説していきます。

スポンサー

茶ゴケ

ガラス面に張り付いた茶ゴケ茶苔は名前通り茶色く色づくコケです。

水道水に含まれるケイ素を養分としており、水換えする以上は発生する可能性があります。

平たく乗るものを呼び、フサフサしたものは後述する「アオミドロ」または「フサフサした短いコケ」に分類され、対処方法が異なるので気をつけましょう。

オトシンクルス、エビを入れる

2匹のオトシンネグロこのコケは好んで食べる生物が多く、オトシンクルスヤマトヌマエビなどのエビ類を入れると食べてくれます。

エビはガラス面のものは食べれませんので、ガラスに目立つ場合はオトシンクルスが適しています。

関連:「オトシンネグロの飼育情報。食べるコケの種類や飼育のポイント 」、「ヤマトヌマエビの飼育情報。食べるコケや飼育のポイントとか

水草に吸収させる

生い茂った水草と流木とオトシンネグロケイ素は茶ゴケの養分ですが、水草の養分でもあります。
そのため水草が繁茂している環境であればほぼ茶ゴケは出ません

ただし単に水草を入れただけではダメで、しっかりと光合成を行わせることがポイント。

成長の早い有茎草を十分植え、二酸化炭素添加で光合成を促進させることにより効果を実感できます。

水草の勢いが勝れば自然と減っていきます。

もっと詳しく:茶ゴケの原因と対策、茶ゴケを食べる生物について!

アオミドロ(糸状コケ、とろろ状コケ)

緑と茶色のアオミドロフワフサした緑や茶色、または糸状のものはアオミドロと呼ばれるコケです。

最初は糸状なのですが成長して寄り集まることによりフサフサした塊に見えます。

発生する原因は「肥料の入れすぎ」、「魚の入れすぎ」です。

過剰な栄養を取り除く

水換え中のウーパールーパー水槽肥料の添加を止め、固形肥料を使っている場合はホースなどを使って取り除きます

その後、水中には栄養成分が残っているため水換えを行い適正なレベルに戻します。

同時に魚の数が多すぎないか、水槽の許容範囲内であるかを見直しましょう。

ヤマトヌマエビを入れる

ヤマトヌマエビヤマトヌマエビはこのコケを好んで食べるため、十分な量を投入すればみるみる内に減っていくのが実感できると思います。

ミナミヌマエビでも良いですが、ヤマトヌマエビの方が食べる量が多く強力です。

そのほかサイアミーズフライングフォックスブラックモーリーもこのコケを食べてくれます。

関連:ヤマトヌマエビの飼育情報。食べるコケや飼育のポイントとか

もっと詳しく:アオミドロ(とろろ状、糸状ゴケ)の対策方法。食べる生物とか

緑の斑点状コケ(スポットコケ)

緑の斑点状のコケガラス面などにつく緑の斑点状のコケです。

光量過多フンやソイルなどで栄養が多めだとこのコケの成長を早めます。

酷いものは緑で覆い尽くすされる場合も。

酷い場合はイシマキガイ

石巻貝が緑色状のコケを食べている様子ガラス面にべったりコケがのって無法地帯となっている場合はイシマキガイがオススメです。

イシマキガイはトロいのでカバー能力は低いのですが、平面のコケを削ぐ力においては最も強力です。

というかイシマキガイ以外のコケ取りは取ることができません。

関連:石巻貝の飼育情報。食べるコケの種類や飼育のポイントとか。

生体少なめで水草を繁茂させる

ミクロソリウム水草を繁茂させて過剰な栄養を吸収させるとほぼ出なくすることも可能です。

成長の早い水草をたっぷり植え、二酸化炭素を添加して成長を促進させると効果的です。

生体を入れ過ぎだと生成される汚れの量が勝ってしまうので、魚の数を控えることもポイントです。

とはいえ正しい環境でも出やすいコケなので、手動によるガラス掃除で簡単に済む程度あれば放置しておいても良いでしょう。

もっと詳しく:緑の斑点状ゴケの原因と対策。食べる生物は?

フサフサした短いコケ

フサフサしたコケに覆われた水草たち短いフサフサしたコケは、黒や薄緑色をして短く生えるのが特徴です。

黒いものは後述する黒髭状ゴケににていますが、球状にならないことで区別ができます。

汚れや栄養が溜まるエリアに出やすく、水槽底や前景草には最も生えやすい場所。

手動ではほぼ取れないのでこのコケのためにリセットを余儀なくされる人も多い厄介なコケです。

ミナミヌマエビ(ヤマトヌマエビ)を入れる

流木の上にいるミナミヌマエビこのコケを食べてくれるのはミナミヌマエビなどの小型エビ類です。

ヤマトヌマエビも食べるのですが、ロタラなどの食べれる水草があるとそっちを先に食べてしまうので役に立ちません。
水草が無い場合やアヌビアス・ナナなどの硬い水草ばかりの場合は食べてくれます。

小さく食べる量が少ないため早急な対応をするのがオススメです。
水槽全体にまで繁茂するとかなりの量のミナミヌマエビが必要になってしまいます。

関連:ミナミヌマエビの飼育情報。食べるコケや飼育のポイントとか

もっと詳しく:短くフサフサしたコケの除去・対策方法。食べる生物とか

黒髭状ゴケ

黒髭状のコケ黒髭状ゴケは名前通り黒く、くっついた地点を中心に放射状に生えるコケです。

フンや枯葉などから生成されるリンを栄養としていて、栄養が僅かな環境でも生育します。

こちらも手動で除去するのが難しく、栄養が少なくても生えるので非常に厄介。

お手上げ状態になる前に早急に対応することが必要です。

外部式フィルターの掃除を行う

VX-75の濾材の洗浄リンが生成される場所として最も多いのが外部式フィルターです。

外部式フィルターには水草の葉やフンなどが吸収されますが、フィルター内で溜まってリン発生装置になっていることがあります。

外部式フィルターを使っている場合はまず清掃を行いましょう。

リン酸吸着剤を使う

リン酸を直接吸着する濾材があり、それを活用すれば栄養が無くなるので黒髭状ゴケは勢いを無くします。

外掛け式フィルターに組み込んだりして使用すると良いでしょう。

サイアミーズフライングフォックスを入れる

葉のコケを食べるサイアミーズフライングフォックスこのコケを食べてくれるのはサイアミーズフライングフォックスです。

先述した方法でコケの勢いがなくなれば、どんどん数が減っていき根絶することができるでしょう。

小さい個体より大きい個体の方が除去には向いています。
というか大きな球状になったものは大きい個体でないと中々減りません。

サイアミーズフライングフォックスは他のコケも食べるので、投入匹数は多めのほうが良いでしょう。

関連:サイアミーズフライングフォックスの飼育について。食べるコケなど

もっと詳しく:水槽に生える厄介な黒ヒゲ状のコケについて。対処や食べる生物など

藍藻(シアノバクテリア)

砂利につく藍藻(シアノバクテリア)ベタァっとした緑~黒のコケは藍藻、シアノバクテリアと呼ばれるコケたちです。

見た目がベタっとしていることの他に、手で簡単に取れ嫌な臭いがすることも特徴。

短いフサフサしたコケと同じく、汚れの溜まりやすい底に生えやすいです。

ブラックモーリー

油膜を食べるブラック・モーリー藍藻はシアノバクテリアという別名の通り、厳密にはバクテリアの一種。

バクテリアが好物なブラックモーリーを入れると効果があります。

ブラックモーリーは水面に浮かんだバクテリアの死骸である油膜も食べてくれるメリットも。

関連:ブラックモーリーの飼育情報。混泳や食べるコケ、オスメスなど

水草を植えないのなら薬品による駆除も良い

AQUA MEDICのアンチグリーンバクテリアは繊細な生き物で、薬品を使えば簡単に死滅します。
そのため藍藻にはアンチグリーンなどの市販の除去剤が効果的

ただし有益なバクテリアも一部殺してしまうリスクがあります。

根で栄養が吸収できるのもバクテリアがいて成り立つので、土に植えるタイプの水草は成長がイマイチになってしまうことも

水草を植えないか、アヌビアスなどの土に植えない水草であれば薬品が最も簡単です。

もっと詳しく:べったりしたコケ(藍藻・シアノバクテリア)の除去と対策

まとめ、個人的な所感

藍藻、シアノバクテリアコケとはひと口に言っても種類があり、それぞれ対処方法や食べる生物が違います。

コケの種類を見誤り、対策やコケ取りを間違うと除去することはできません。

まずは自分の水槽に生えたコケが何者であるか見分けることが駆除のための第一歩です。

しかしながら、どのコケに対しても効果的な対処方法があります。

完全遮光

真っ暗ダンボールや何枚もの新聞紙を使って完全に光を遮断してしまう方法はどのコケ対しても非常に効果的です。

コケは体力が低く、光を完全に遮断すると体を維持できなくなり次第に分解を始めます。

水草は体力があるため数日程度光が入らなくなったところで耐えうることができ、ダメージを負っても遮光を止めると少しずつ通常時の姿に戻ります。

成功させるコツは完全に真っ暗にしてしまうこと
僅かな光でもコケは生きながらえるので、うっすら明かりが入ってしまわないように注意しましょう。

うまく使えばデメリット無しで全てのコケを一掃できるのが完全遮光です。

以上参考になりましたら幸いです。

関連:コケ対策の記事一覧
海水はコチラ:海水水槽で出るコケ一覧とそのコケを食べる生物について!

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

はまったウーパールーパー

初心者がウーパールーパー飼育を失敗させないための6つの常識

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg