アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

茶ゴケの原因と対策、茶ゴケを食べる生物について!

ガラス面に張り付いた茶ゴケ

水槽のガラス面や流木、水草の葉に生える茶色い色をした藻は茶ゴケと呼び、熱帯魚を飼育していると必ずと言ってもいいほど水槽に発生します。

茶ゴケが成長する原因と茶ゴケを駆除するための対策、そして茶ゴケを食べてくれる生き物を紹介します。

スポンサー

茶ゴケが増える原因はケイ素

茶ゴケに覆われた水槽茶ゴケの主養分はケイ素です。

ケイ素は魚のフンから微量に生成されますが、最も多く供給源となるのは水道水です。

セット直後のバクテリアが繁茂されていないタイミングで出やすいと言われているのはこのためで、水槽立ち上げ時はできたての水道水でケイ素が有り余っているからです。

茶ゴケの発生にはバクテリアの定着、水槽が立ち上がってないことが直接の原因ではありません。

あとは僅かながらの照明があれば茶ゴケが増殖することが可能な環境になるので、水換えをしている以上どのような環境でも発生するコケなのです。

茶ゴケの栄養であるケイ素は水道水からやってくるヨ!
ロボうぱ

水換えを行っても茶ゴケに対しては意味がない!?

校舎裏の水飲み場先述したように水道水には多量のケイ素が含まれているため、水換えを行うと茶ゴケの養分であるケイ素を補充してしまうことになります。

そのため茶ゴケ対策として水換えを行うことは逆効果とも言えます。

他のコケはフンや汚れから生成されるリン酸を養分としており、それらのコケは水換えが有効なのですが茶ゴケは栄養とする養分が異なるため水換えによる対策はできません。

ウパみ
え!?コケの対策には水換えが効果的じゃないの!?
リン酸を養分とするヒゲ状のコケや緑色のコケならそうなんだけど、茶ゴケは水道水に含まれるケイ素が養分なんダ!
だから水換えによる対策は効果があまり無いんだヨ!
ロボうぱ
でも水換えによる対策はあながち嘘でも無いんダ!
水換えが効果的なタイミングがあるヨ!
ロボうぱ

補足:タイミングを見極めれば水換えも有効

バケツに水道水が入れられている図とはいえ完全に水換えが悪手となるわけではなく、水草が繁茂している場合であれば茶ゴケ対策に効果的です。

水道水にはケイ素以外にも栄養が含まれておりそれらは水草にとって養分となり、成長を促進させることが出来ます。

水草の成長が活発であればケイ素も水草に吸収されるため、茶ゴケの発生が抑えられるようになります。

が、水草が多く繁茂していない、成長のスイッチが入っていない、二酸化炭素を添加していない、などの環境であれば水換えによる対策は不適切です。

とはいえ、茶ゴケは対策を行うのが簡単なコケだヨ!
茶ゴケを減らす方法を紹介していくネ!
ロボうぱ

水草を多く植えてケイ素を吸収させる

水草が多く植えられた水槽先述したように茶ゴケの養分であるケイ素は水草が吸収する栄養の1つでもあります。

水草が多く植えられている環境であればケイ素を多く吸収するため、茶ゴケにわたるケイ素が僅かになり成長を阻害することができます。

また水草が成長することにより葉自体に茶ゴケがつかないようになり、定着も防ぐことができます。

成長が早い水草を入れる

グリーンロタラグリーンロタラ

水草といっても成長が遅い水草では茶ゴケを吸収するスピードが遅く効果がありません

そのためコケを防止するためには成長の早い有茎草の水草が適しています。

例えばロタラ・ナンセアン、ロタラ・インディカ、ハイグロフィラなどの水草が良いでしょう。

アヌビアス、ミクロソリウムなど成長の遅い水草は適しておらず、逆に茶ゴケがつきやすい水草です。

ミクロソリウム・ウェンディローブミクロソリウム・ウェンディローブ
成長の遅い水草は効果がない

CO2発生装置を導入する

二酸化炭素を添加している様子水草を成長させるためには二酸化炭素発生装置を導入して二酸化炭素を添加するのが効果的です。

水槽内には水草の成長燃料となるCO2が少なく、成長したくても成長できない環境になっています。

養分や光量がしっかりした環境でも二酸化炭素がなければ成長、吸収することができません。
結果吸収できない余った養分はコケの成長を助けてしまうのです。

二酸化炭素を添加することで水草の成長を促進できるため、水草は養分、つまりケイ素を吸収できるようになり、また成長や光合成により葉にコケがつきづらくなるメリットがあります。

水草を多く植えても成長してくれないと意味がないヨ!
その点で二酸化炭素の添加は非常に効果的なんダ!
ロボうぱ

照明時間を短くする、遮光する

サンゴ用のLED照明茶ゴケは少しの光が長い時間あたっている環境を好みます

弱くて長い光はコケに適した環境の上に水草には不適切な環境のため最悪です。

長過ぎる照明は水草よりコケの育成を助けてしまう結果になりますので、一度照明時間を見直しましょう。

水草の育成は1日6~8時間あれば十分です。

遮光が効果的

夜を舞う金魚いっそのこと遮光してしまうのが効果抜群です。

水草は遮光に対してある程度の耐性があり数日遮光した程度では全く影響を受けません。

しかし茶ゴケは遮光に耐性が無く遮光されると体を維持することができなくなります

布や板などで光が全く入らない状態にして1週間ほど置いてみましょう。

後述する茶ゴケを食べてくれる生物と併用すると更に効果が倍増します。

茶苔を食べる生物、コケ取り

オトシンネグロ幸いなことに茶ゴケを食べてくれる生物は多く、茶ゴケはコケ取り生物により簡単に除去することが出来ます。

茶ゴケを食べてくれる生物を紹介していきます。

ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビ

ヤマトヌマエビヤマトヌマエビは定番のコケ取り生物として知られ茶ゴケもよく食べてくれます。

30cm水槽には5匹ぐらい、60cm水槽で10匹ほどが目安です。
多く入れればそれだけ多くコケを除去してくれるので水槽内に生えているコケの量を見て調節しましょう。

エビはシクリッド類の熱帯魚が好んで食べるため、エンゼルフィッシュやディスカスがいる水槽には入れれないのがネックです。

ミナミヌマエビは小さいためコケ取り能力は落ちますが、水槽内で繁殖させることができるため併用しても良いでしょう。

オトシン・ネグロ、(ノーマル)オトシン

太ったオトシンネグロナマズの仲間であるオトシンクルス類もコケを食べてくれます。

草食性が強く、吸盤状になっている口でエビが食べることができないガラス面のコケも食べてくれます

黒いネグロの方が多くの種類のコケを食べることができるようですが、ノーマルのオトシンは柔らかい緑ゴケと茶ゴケしか食べないようでコケを食べつくすと痩せて餓死してしまうことがあります。

加えて水質に対する許容範囲もネグロの方が広く丈夫なためネグロの方がオススメです。

大きさにもよりますが30cm水槽で2~3匹、60cm水槽で5匹ほどが目安です。

ブッシープレコ・ブロンズブレコ

流木に吸い付くタイガープレコタイガープレコ

オトシンクルスによく似たプレコの仲間も草食性が強く、一部の種類はコケを好んで食べます。

水槽に生えたコケを好んで食べる種類はブッシープレコやブロンズプレコです。

その他タイガープレコも茶ゴケを食べることがありますが、どちらかというと流木をゴリゴリやっていることが多いですね。

コケを食べる能力はオトシンクルスより大きい分高いのですが、反面コケが少なくなってくると痩せやすいためその場合はプレコ専用飼料を与えてあげて下さい。

大きさにもよりますが成長したプレコなら60cm水槽に1匹いれば十分です。

サイアミーズフライングフォックス

コケを食べるサイアーミズフライングフォックスサイアミーズフライングフォックスは黒ひげやひげ苔対策として有名な魚でありますが、様々なコケをついばみ茶苔も食べてくれるコケの一種です。

30cm水槽で1~2匹、60cm水槽で3匹ほどが目安でしょうか。

ある程度大きいものなら60cm水槽だと2匹でカバーできます。

ケチらずにしっかりコケ取りを導入することでコケはほとんどでなくなるヨ!
あとは早い段階で導入することが大切だネ!
ロボうぱ

茶ゴケ対策のまとめ

茶ゴケ対策について以下に箇条書きでまとめます。

  • 茶ゴケは水道水に含まれるケイ素を養分にしているため水換えしている以上必ず発生する
  • 二酸化炭素を添加し、水草を繁茂させてケイ素を吸収させる
  • 照明時間が長すぎると水草より茶ゴケの方が成長しやすいため照明時間を見直す
  • 一定期間遮光すると茶ゴケを全て除去することができる
  • 茶ゴケはよく食べてくれる生物が多いため、それらを入れるのが効果的

コケ対策は色々ありますが考え方は非常にシンプルです。

「栄養面・照明からアプローチして成長を阻害する」、「生物に食わせる」、この2つだけです。

水槽に生える厄介なコケのうち茶ゴケは食べてくれる生物が多いため、コケ取りを十分な数を入れて「食べる量>生える量」にすると簡単に駆除することができますヨ!

LINEで送る
Pocket

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ウーパールーパーとは?その正体と生態について。

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg