アクアハーミット、ウーパールーパー

ウーパールーパーの生態や飼育に関するあれこれ

高水温に弱いウーパールーパーの高水温対策

エアーレーションを浴びているウーパールーパー

ウーパールーパーは高水温に弱い生き物です。ウーパールーパーが快適に過ごせる水温は10度~20度の間と言われています。

しかし日本の夏場は水温が30度を超えることもあり、高水温により弱って死んでしまうウーパールーパーもいるほどです。27度以上になる場合はなんらかの対策をするべきです。

ウーパールーパーに厳しい夏場を乗り切るための飼育設備及び対策などをまとめました。

スポンサー

水温を下げる飼育設備

水温を下げる飼育設備は水槽用ファンもしくは水槽用クーラーがあります。

水槽用ファン

水槽の縁に挟んで使用する水槽用ファンがあります。効果は薄く1,2度ほど下がります。

値段が2000円~3000円程で手をだしやすく、設置が簡単で手軽に設置できるメリットがあります。

デメリットは水温を下げる能力が低いことです。下がっても数度で場合によっては1度も冷えないこともあり、過度な期待はできません

水槽用クーラー

水槽用クーラー水槽用のクーラーも販売されており指定の温度に設定することができます。ものによっては5度などに設定できる強力なものもあります。水槽の大きさに合わせてクーラーを選択します。

クーラーは給水パイプと排水パイプをモーターと接続する必要があるため、水中用のモーターが別途必要です。外部式フィルターであればモーターの代わりに接続を行うことが出来ます。

メリットは水温を下げる能力が高いことで、水温を下げることにおいてはこれ以上ない飼育設備です。

デメリットは非常に高いことです。小型水槽用のモデルでも2,3万し、一般的なモデルだと5万程になります。実際の所、水槽用クーラーを使用しているウーパールーパーの愛好家はあまり多くありません。

部屋のクーラーを稼働させる

デジタル式水温計極論みたいですが部屋のクーラーを稼働させるのも手でしょう。何台も水槽を持っている場合は部屋のクーラーだけでまとめて冷やす事ができます。

デメリットは電気代が高いことと、クーラーが当たりづらい位置は冷えないことです。

入れ忘れや家族による消灯による事故が起こりえますので気をつける必要があります。

その他の水温を下げる設備として過去にネットで野菜室にぶち込む猛者がいました。野菜室は10度ぐらいなので案外悪くは無いでしょうが・・・。

水槽を置く場所を見直す

日当たりのいい場所があると室内温度が高く、水槽内の水温も上がってしまいます。

日が入らない部屋や屋根から遠い一階など室温が低めの部屋に設置することで水温を下げることが出来ます。

蛍光灯のリフトアップまたは廃止

覗き込むウーパールーパー照明が蛍光灯機器の場合、熱が強く発生するため水温を上げる原因になってしまいます。

そこで蛍光灯をリフトアップして高さをつけると少しながら温度を下げることができます。

リフトアップさせる部品は観賞魚用品コーナーに売られています。水槽用ファンと併用するとより効果的です。

思い切って夏の間は蛍光灯を廃止してしまうか熱を持ちにくいLED蛍光灯に変更するのも良いでしょう。

エアーレーションを行う

エアーレーション直接水温を下げることとはあまり関係ありませんが、エアーレーション(ブクブク)を行うのも効果的です。

高水温になれば酸素が溶けにくくなり、水の中の溶存酸素量は低下します。ようするに水の中の酸素が少なくなり、ウーパールーパーに過ごしにくい環境になってしまいます。

エアーレーションを行うことで強制的に酸素を溶け込ませて水の中の酸素を増やし、できるだけウーパールーパーに過ごしやすい環境しようというものです。

水槽のサイズアップ

後ろ足で立っているウーパールーパーこちらも直接水温を下げることではありませんが、小さな水槽で飼育している場合は水量が少ないため室内の温度が伝わりやすくなっています

分かりやすく言うとコップ程度の水を温めるのはすぐですが、お鍋に入った水を温めるのは時間がかかります。つまり室温が熱いと水槽内の水温も熱くなってしまいますが、大きい水槽だと室温が熱くても冷たい水をある程度保てます

熱が伝わるまでに時間がかかるため、日が落ちて涼しくなるまで時間を稼ぐことができます。

まとめ

冷やす能力としては水槽用のクーラーが一番ですがべらぼうに高いです。そのようなお金があれば飼育環境の改善をした方が費用対効果がある場合が少なくありません。

夏をこせないのは元々好ましくない環境で飼育されている場合が殆どです。30cm以下の水槽だと日中すぐに熱くなってしまい、さらに昼と夜の寒暖差が激しくウーパールーパーが弱ってしまいます。

真夏が来る前に水槽環境を見直し、もし小さな水槽で飼育されているのであれば45cmや60cm水槽へサイズアップをするのと良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ウーパールーパーとは?その正体と生態について。

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

スポンサー