アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーに適正な水温と夏場の高水温対策

エアーレーションを浴びているウーパールーパー

ウーパールーパーの適正な温度と温度管理について解説。

特にウーパールーパーは高水温に弱く、夏になる前にしておきたい対処方法を詳しく説明しています。

オススメの対策方法もありますので、ポイントを抑えてウーパールーパーに厳しい夏場を乗り切りましょう。

スポンサー

ウーパールーパーの適正水温

マーブルカラーのウーパールーパーウーパールーパーは寒さに強く、暑さに弱い生き物です。

ウーパールーパーが生息しているメキシコシティは標高がなんと2250m。

メキシコシティは最も暑くて26度・一番寒くて5度であり、ヒンヤリした地域です。

そのため飼育の目安は5度~26度で、最も過ごしやすい水温は15度~20度あたりになっています。

寒さには強い

寒さには強く氷が張らないレベルであれば大丈夫です。

熱帯魚用の水中ヒーターは必要ありませんが、過ごしやすくするためにヒーターを使用している人もいます。

夏場に弱い

青空と黄色い向日葵しかしながら夏場は水温が30度を超えてしまうこともあり、ウーパールーパーには非常に苦しい季節です。

一般的には26度以上を超えると負担をかけてしまい、30度は危険レベル。

高水温により弱って死んでしまうウーパールーパーもいるほどで、27度以上になる場合はなんらかの対策をする必要があります

水温を下げる対策

水槽用ファンの設置

水槽の冷却手段として最も使われているのが熱帯魚用ファンです。

水槽の縁に挟んで使用し、1度~2度下げることができます

効果は低めなのですが価格が2000円~3000円ほどと安く、設置が簡単で手軽です。

ただ先述したとおりあまり下がらないので過度な期待は禁物です。

部屋の冷房

電気代はかかってしまいますが、クーラーを使って温度を下げるのも効果的です。

特に何台も水槽を持っている場合はクーラーで部屋ごと冷やすのが手っ取り早いでしょう。

水槽用クーラー

水槽用クーラー最も水温を下げれる飼育設備が水槽用クーラーです。

非常に強力に水温を冷やすことができ、ものによっては5度にすることができファンとは比べ物になりません。

水温を下げることにおいてはこれ以上の飼育設備はありません。

残念ながら価格が高く、しっかりしたものは4万程度と非常に高価
更に水をクーラーに水を送るためのポンプも別途必要になります。(外部式フィルターと接続する方法もあります)

実際の所、水槽用クーラーを使用しているウーパールーパーの愛好家はあまり多くないのが現状です。

誤った高水温対策

水温を下げようと思ったものの方法がマズいとウーパールーパーを逆に弱らせてしまうこともあります。

よく間違いやすい誤った水温の下げ方について触れておきます。

氷、凍らせたペットボトル

氷に入ったドリンクウーパールーパーは水温が急に変化するとダメージを受けます。

よかれと思って氷や凍らせたペットボトルを入れて冷やすと急激に温度が変わりウーパールーパーの体力を奪ってしまいます

自分で体温を持っていて衣服で調節できる人間ですら季節の変わり目には風邪をひきがち。

ウーパールーパーは自分で体温を持たず調節することも出来ないため、深刻なダメージとなります。

飼育設備の見直し

31.2度を示す水槽用クーラー付属の水温計高水温に弱いウーパールーパーですが、実のところ高水温だけで死んでしまうわけではありません。

どちらかというと高水温とともに様々な要因が合わさって死んでしまうケースがほとんど

32度など非常に高い温度になる場合を除き、夏場に死なせてしまう飼育者は日頃の飼育設備自体に問題があります。

フィルターの見直し

外部式フィルターウーパールーパーの飼育者で圧倒的に多いのが濾過装置およびフィルターの能力不足です。

大きくなったウーパールーパーは水を汚す量が多く小さなフィルターでは力不足です。

そもそも小さなフィルターは小さな魚用のもの。
10cmを超えたウーパールーパーには適合していないと考えたほうが良いでしょう。

大きなウーパールーパーに適したフィルターは上部式や外部式と呼ばれる強力なものです。

もし設置が難しいのであれば砂利を敷いたり、1~2日毎に水換えすることで代用しましょう。

投げ込み式フィルターこのようなタイプはメダカなどの小魚向け。
排泄量が比べ物になりません。

水槽サイズ

30cm水槽水槽サイズを大きくするのも効果的です。

水が汚れにくくなる他、日中の温度変化が緩やかになり体力を保ちやすくなります

夏に入るまではウーパールーパーも大きくなっているでしょうから、夏前は水槽サイズが適切かどうかを見直す良いタイミングです。

エアーレーションを行う

エアーレーション酸素は温度が高ければ水に溶けにくくなるという性質があり、高水温が続くと水中に溶ける酸素も減ってしまいます。

酸素が減るとウーパールーパーには負担をかけてしまいます。

そこでエアーレーション(ぶくぶく)を行うことによって水の中の酸素を増やすことが非常に効果的。

もしエアーレーションを行っていないのであればまず設置するのがオススメです。

オススメの高水温対策

エアーレーションを浴びているウーパールーパーまず行って欲しいのがエアーレーションを行うことです。

エアーレーションには水温を下げる効果は僅かしかありませんが、酸欠になりがちな夏場にとっては非常に効果的です。

もしエアーレーションを行っていないのであれば最も適切な対処だと思います。

フィルターの強化も欲しい

テトラVX-75のパッケージあとできればフィルターを上部式や外部式にスペックアップして欲しいところ

水槽用ファンは3000円ぐらいなので、もう3000円出せば外部式フィルターが見えてきます。

こんなゴツいもの大げさではないか?とお思いがちですが、ウーパールーパーの排泄量を考えると妥当なのです。

→オススメ記事:外部式フィルターはどれが良い?製品を一括比較!オススメなど!

まとめ、個人的な所感

7ヵ月後のウーパールーパーウーパールーパーは寒さに強く、暑さに弱い生き物です。

生息地は5度~26度ですが人間の手で何代にわたって繁殖されているので、野生のものよりは高水温に強くなっています。
そのため飼育設備が適切であれば30度程度でも乗り切ることは十分可能です。

高水温だけで死ぬことはほとんど無く、様々な設備不足が合わさって失敗に繋がります。
よく推奨されるエアーレーションもその一環。

夏前に飼育設備を見直し、余裕を持った設備で夏を迎えましょう。

次はコチラがオススメ:濾過の仕組みを間違えていませんか?濾過の仕組みを知ってウーパールーパーの寿命を伸ばそう

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

熱帯魚、両生類飼育用品なども

記事ランダムピックアップ

カクレクマノミ

失敗しないカクレクマノミの飼い方!餌や必要な飼育設備など!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg