アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーと一緒に飼える魚について。熱帯魚?金魚は?

淡水カレイとウーパールーパー

ウーパールーパーを水槽で飼育していると金魚や熱帯魚を入れてみたいと思うもの。

基本的に魚と飼育するのは向いていませんが、ポイントを抑えれば飼育することも可能です。

一緒に入れる際の選び方や注意点、オススメのタンクメイトを紹介します。

スポンサー

ウーパールーパーと魚が向いていないワケ

口を開けたゴールデンのウーパールーパーウーパールーパーは元々小魚を食べる食性があります。

そのため魚と同居した場合はウーパールーパーが食おうとするのです

食べれない程大きくなれば良いのでは?という意見もありますが、今度は逆にウーパールーパーが食べられてしまうことがあります。

エラが食われる

ウーパールーパーウーパールーパーのエラは赤虫にそっくり。

このため色んな魚からエラが狙われ、食われてしまいます

エラは呼吸のための大事な器官
人間でいうと鼻・口塞がれた状態となってしまい、深刻なダメージになります。

熱帯魚とは適応温度が違う

水中ヒーターそのほか熱帯魚とは適応温度が違うことも相性が良くない理由のひとつです。

ウーパールーパーの適温は15度~20度程度ですが、熱帯魚たちの適温は24度~26度。

熱帯魚を飼育するためには水中ヒーターが必要になりますが、温度を上げるとウーパールーパーには過ごしにくく食欲は落ちてしまいます。

同居可能な魚の選び方

プラチナエンゼルフィッシュしかしながら上記のデメリットを抑えればウーパールーパーと同居することも可能です。

ウーパールーパーが食べれないサイズ」、「エラを食べない」、「低温でも飼育可能」が理想的。

残念ながらこれら全てに一致する魚はなかなかいません。

通常は温度を高めてウーパールーパーにガマンしてもらうことで熱帯魚と同居が可能になります。

サイズについては見た目通りですが、エラを食べないことにおいては何パターンかあります。

草食性であること

藍藻もともと草やコケしか食べない食性の魚はウーパールーパーの鰓に反応しません。

注意しないといけないのは草食性の強い雑食ではダメだということです。

例えば、モンクホーシャや金魚などはダメですね。

水面下しか活動しないこと

水面を見上げるゴールデンのウーパールーパーウーパールーパーはほとんど水槽底にいるため、水面下にしか活動しない熱帯魚とは鉢合わせすることがありません

雑食性でも遊泳層が違えば同時に飼育することができます。

ただしこのような魚はよく飛び出すので注意が必要です。

相性が良い魚、熱帯魚

淡水カレイとウーパールーパーウーパールーパーと同居可能な熱帯魚を紹介しますので、これを参考に選んでみると良いでしょう。

プレコ類

ブッシープレコプレコは南米に棲む草食性の強いナマズの仲間で、壁や石に張り付いて藻などを舐めとっています。

草食性が強いためウーパールーパーのエラをかじることはありません。

プレコは様々な種類があり気に入った柄を選んでみると楽しいでしょう。
種類によってはかなり大きくなるタイプもあるので予めどれくらいの大きさになるかを調べておくか、店員さんに聞いた方が良いです。

また餌はプレコ専用フートが売られていますが、ウーパールーパーに食べられないような工夫が必要です。

その他温度は23度程度は欲しいところもネックです。

チャイニーズバタフライプレコ

中国に生息するナマズの仲間です。

プレコと似たようなもんですが、中国に生息しており多少は低温に耐えれるので20度程度でもOKです。

ただ流通しているものは口に入りそうな小さいなものばかりなのが惜しいところ。

バタフライフィッシュ(パントドン)

バタフライフィッシュアロワナに近い熱帯魚で、水面下のみを生活圏にしているためウーパールーパーと鉢合わせせずに飼育可能です。

アロワナの仲間とはいっても、10cmちょっとにしか大きくなりません。

餌については冷凍赤虫を与えます。浮いたウーパールーパーの餌も食べます。

水温については高温の方が良く、25度ぐらいは欲しいところなのがネックです。

また見た目通りによくジャンプするので必ずフタをするようにしましょう。

ハチェット類

南米に棲む水面下で生活する小魚です。

水面下しか遊泳しないため下層にいるウーパールーパーと鉢合わせすることがありません。

ただ生息が熱帯域ということもあり23度は欲しいところがイマイチでしょうか。
餌は熱帯魚用のフードを与えてあげて下さい。

種類がいくつかありますが、代表的なものは以下の通り。

マーブルハチェット
4cm程。一番よく入荷があるタイプ。
グラスハチェット
4cm程。こちらも良く見る。
シルバーハチェット
6cm程。入荷もそこそこあり、サイズ的には一番オススメです。

小さいものはウーパールーパーが水面近くにきたタイミングで食べられてしまうことも無くはないため、大きめのサイズがオススメです。

ピョンピョン跳ねるのでフタは必ず必要です。

淡水カレイ

カレイ淡水に棲むカレイです。

餌は冷凍赤虫が必要で、普段から冷凍赤虫を与えている人は掃除屋としても良いかも知れませんね。

匂いで底にあるエサを探すタイプなのでウーパールーパーのエラを食べられることはありません。

ただし高水温を好み、最低でも25度は欲しい所

実際は淡水カレイにもいくつか種類があって、それぞれ飼育難易度が異なっていたりと結構難しいジャンル。
大きさは10cm程になるものが大体なので飼育さえできればどの種類でもOKです。

淡水カレイとウーパールーパー淡水カレイとウーパールーパー

同居できそうでできない魚

とぼけたウーパールーパーウーパールーパーのタンクメイトとして同居できそうでできない魚達を紹介します。

金魚

浜錦金魚は草食性が強い雑食です。

小さい頃は混泳できても成長に伴い、ウーパールーパーのエラを食べるようになってしまいます。

コリドラス

コリドラスの行進コリドラスはアマゾンに棲む水槽底で生活するドジョウの仲間です。

ウーパールーパーの残飯処理として良いのでは?と思った方も多いと思います。

ですがコリドラスというかドジョウの仲間はヒレに毒のトゲを持っているため、万が一ウーパールーパーが噛み付いたら大事。

食べられない程大きな個体でもせわしなく動き回るのでウーパールーパーにストレスです。

ヒーター選びのポイント

水中ヒーター熱帯魚と一緒に入れる場合は「水中ヒーター」を設置する必要があります。

しかしウーパールーパーとの同居のためにはヒーター選びにポイントがありますので、それをご紹介します。

温度設定ができるもの

ヒーターの温度設定ダイアル温度が設定できるタイプを選択して下さい。

よく売られているヒーターは26度固定式のものが多いのですが、26度ではウーパールーパーの食欲が落ちます

熱帯魚が生存できる温度のうち低ければ低いほどウーパールーパーの調子は良くなりますので、20度~23度あたりを設定できるタイプを選びましょう。

ヒーターカバーがついているもの

水中ヒーターウーパールーパーはトロくさくヒーターで火傷してしまう事故が起こることがあります。

これを防止するためにヒーターはヒーターカバーが付いているタイプを選びましょう。

まとめ、個人的な所感

淡水カレイとウーパールーパー熱帯魚が飼育できる温度はウーパールーパーにとって負担をかけてしまうことは間違いなく、単独飼育がベストなのは言うまでもありません。

ですが飼育していると色々やってみたいと思うもの。

単独で飼い込む水槽の他に、熱帯魚と同居する水槽があっても面白いですよ。

飼育の参考にしていただければ幸いです。

関連:ウパの飼育をもっと楽しむ 記事一覧

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

熱帯魚、両生類飼育用品なども

記事ランダムピックアップ

シリキルリスズメダイ

シリキルリスズメダイの飼育について!飼い方や混泳、性別など!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg