アクアハーミット、ウーパールーパー

ウーパールーパーの生態や飼育に関するあれこれ

ウーパールーパーには底床(砂、砂利)を入れるべき?メリット、デメリットを考察

マーブルのウーパールーパー

ウーパールーパーの飼育には底床(砂、砂利)は不要であり、むしろ入れない方が良いと言われています。しかし底床を敷くメリットもあり、入れた方が良いと考えている愛好家も少なくありません。

そこで底床を入れることによりメリットとデメリットをまとめました。考察の他、オススメの活用方法を紹介します。

スポンサー

砂を入れることによるデメリット

誤飲

アカムシを食べるウーパールーパー砂を入れない一番多い理由がコレです。

ウーパールーパーは「バクッ」と豪快に餌を食べますがその時に餌と共に砂も同時に口に入れてしまうということがよく起こります。通常は口にくわえたまま砂を吐き出した上で餌を飲みこみますが砂も飲んでしまうことがあります。

ただし砂は飲み込んでも糞と共に排出されるため飲み込んだとしても問題となるケースはほぼありません。

しかしながら飲み込んだ砂粒が大きいとお尻から出ることが出来ず詰まってしまいそのまま死んでしまったと体験談を目にすることがあります。

詰まるようなサイズを飲み込むことはほぼありませんがあり得なくも無く、大事をとって底床は敷かないという飼育者の方が多いのが事実です。

メンテナンスがしずらい

砂利の掃除

砂の掃除でひと手間増えてしまう

砂を敷くとどうしても砂に汚れが溜まってしまい、掃除の際に砂の中の汚れを吸い出す必要があります。

砂が無ければ水替えホースで目に見えるゴミをササっと吸い出すだけですが、砂があると水替えホースで砂の中をまんべんなく掃除する必要があり砂が無い時と比べて手間がかかってしまいます。

砂を入れることによるメリット

しかしながら砂を入れることによるメリットも多くあります。

見た目

歩くウーパールーパー底床を敷くとと自然な感じを演出できレイアウトとして見た目が良くなります。勿論砂を敷かない方がシンプルで好きだという方もいますが、自分の好みで砂利を選べるため飼育の楽しみも増えます。

ストレスの軽減

砂を敷くことによって水槽底のガラス反射が無くなるためウーパールーパーが落ち着きます。またウーパールーパーが移動する時にも爪で抑えることができるためウーパールーパーにとって住みやすい足元にすることが出来ます。

濾過能力が上がる

底床にも濾過バクテリアが繁茂するため底床を敷くことによって濾過能力が上がります。特に濾過能力の小さい壁掛け式や投げ込み式濾過では敷かないときと比べて大幅に濾過能力を上げることが出来ます。濾過能力が上がると水が汚れにくくなるため病気になりにくくなったり、換水頻度を減らすことも可能になります。

個人的にはこちらの理由が底床を敷く一番のメリットだと思います。

フンと共に出る小さな粒であれば全く問題は無い

ウーパールーパーの排泄

フンの大きさは砂粒の大きさを選ぶ目安になります

ウーパールーパー飼育における底床を敷く一番のデメリットは誤飲による事故死です。しかしフンと共に出る砂粒サイズであれば問題にはなりません。

そのため小さい時は細目かもしくは敷かないにし、大きくなってから砂を敷くと良いでしょう。ある程度のサイズになれば体も肛門も大きくなるので選べる砂の種類が増えます。

日ごろのフンの大きさをチェックして砂粒を選ぶ時の参考にすると良いでしょう。排泄できる砂粒のサイズはフンより一回り小さい大きさになります。難なく排泄できるサイズはもう一回り小さいサイズです。

ウーパールーパーが小さいと小粒でも誤飲時のリスクは大きくなりますがウーパールーパーが大きいと同じ小粒でも容易に排出されます。

上記を守れば敷く敷かないは好みですが、それ以外に目安となる活用方法を紹介します。

飼育に役立つ底床の考え方

濾過能力が小さい濾過装置を使っている場合は敷くのをオススメ

こなれた投げ込み式フィルター

投げ込みや外掛け式の濾過装置では頼りない

投げ込み式や外掛け式を使用しているなら濾過能力が低いため、底床を敷くことをオススメします。

小さな濾過装置ではフンを分解する能力が低く目には見えない毒素が長い間水中にとどまるためウーパールーパーにダメージを与えてしまいます。底床を敷くことによって濾過能力が底上げされ毒素を分解する能力が上がり綺麗な水を保ちやすくなります。

フンと共に出る程度に粒が小さい底床を選択することで万が一餌を飲み込んだとしても安心です。

また小さい内は糞が少ないため水があまり汚れませんが大きくなってくると糞の量が増えるため成長に合わせて敷くのも良いでしょう。そして成長に伴いウーパールーパーが大きくなれば肛門も大きくなるため砂粒のサイズもより広くから選べるようになります。

砂を敷かずにベアタンクも

単独飼育のウーパールーパー

管理もし易い上、見た目もスッキリ

砂を敷かずに管理しやすいようにした水槽環境のことをベアタンクと言います。外部式濾過や上部式濾過の場合は濾過能力が高いため管理の面で砂を敷かないというのも良いでしょう。

換水時に楽になることは勿論、ゴミやフンを残してしまうことが無いため換水効率が上がり綺麗な水を保ちやすくなります。長く続けていくためには水換えのしやすさも重要なポイントです。

またシンプルな水槽は見た目上の良さがあります。

まとめ

底床を敷いてはいけないことはありません。誤飲のリスクに関しては糞と共に出る程度に粒が小さければ全く問題がないでしょう。

ウーパールーパーだからといって底床を敷いていけないわけでは無いため、敷くことのメリットやデメリットを考え自分の飼育スタイルに合わせて底床を検討しましょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

立ち上げたばかりの水槽と子ウパ

金魚と同じ設備で飼える!ウーパールーパーに必要な飼育用品!

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

スポンサー