アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーのぷかぷか病について。原因や治し方。

浮いたウパ

ウーパールーパーの最もかかりやすい病気である「ぷかぷか病」について。

浮いてしまう原因と正しい処置、かからないようにするための環境づくりなどを解説していきます。

また、初心者にありがちな誤った処置などもあげていきます。

スポンサー

ぷかぷか病の症状

水面近くのウーパールーパーウーパールーパーのぷかぷか病とは名前の通り水面にぷかぷか浮いてしまう症状のことです。

健康なウーパールーパーは水底で歩くようにして生活しています。

軽度なぷかぷか病はただ単に水面に近くを浮遊していて、この場合はあまり問題とはならず大事になることは少ないでしょう。

重度なぷかぷか病は水面に引っ張られるように体が傾いた状態となり、症状が酷いものはひっくり返った状態になり、こうなると復帰は難しくなります

ぷかぷか病になったら悪化する前に対処しよウ!
ロボうぱ

ぷかぷか病の原因

7ヵ月後のウーパールーパーぷかぷか病の原因は水質が悪いことや、エサの与えすぎ、水温が高いためと言われていますが間違いです。
(やや当たっているものもありますが)

ぷかぷか病の症状はお腹に空気が溜まってしまい浮いてしまうことです。

お腹のガスが溜まるのには2通りのパターンがあります。

人工飼料を与えている

キャットフードウーパールーパーのエサとして売られている人工飼料はお腹にガスが溜まる原因となります。

というのは人工飼料はでんぷん、大豆、小麦などが原料に使われており、お腹の中で発酵しやすいのです

エサを与えすぎるとぷかぷか病になると言われることがあるのは、人工飼料を多くお腹に入れるとそれだけ発酵する量が多くなるからです。

温度が高いとなりやすいとも言われるのも発酵が原因です。

特に小さなウーパールーパーでは内蔵の処理能力が十分成長していないこともあり、幼少時から人工飼料を与えていると酷いぷかぷか病になってしまうことも

人間でいうお腹にガスが貯まった感じだネ!
人工飼料はイモみたいなもんだヨ!
ロボうぱ

空気を吸い込んだ

水面を目指して泳ぐウーパールーパーウーパールーパーは時折水面から空気を吸うような行動をとることがありますが、この行動でもお腹に空気が溜まることがあります。

ただこちらの方は自分で量を調節しているからか、大事にいたることはほぼありません

経験上こちらの浮き方は転覆に繋がらず、健康的にフワッと浮く感じです。

人工飼料を与えていないのに浮く場合はこっちだネ!
この場合は大丈夫だから放っておいてもOK!
ロボうぱ

ぷかぷか病の間違った処置

はまったウーパールーパーネットやツイッターで流れてくる情報を見ると水質を改善するためにフィルターの強化や水換え頻度を上げる、などの様々な処置が見られます。

ですが、誤った情報が多く存在しています。

ウパみ
えっ!ネットに書いてあることを試したのに!
ネットには不確かな情報やウソもあるから注意が必要だヨ!
(これもネットだけどネ・・・)
ロボうぱ

水位を下げる

かき氷を食べ過ぎて腹痛でのたうち回る男性水位を下げることでウーパールーパーは姿勢を保ちやすくなるということみたいですが、あまり意味が無く逆に環境を悪化させてしまいます。

水を抜くことにより、水位を姿勢が保てるラインまで下げてしまうと水の全体量が圧倒的に少なくなります

水量が少なくなると水質が悪化するスピードが早くなります

エサの食べ残しや排泄などで直ぐに水質が悪化するため、例えばウーパールーパーが排泄するとそのままの高濃度の毒素がウーパールーパーに返ってしまい苦しめてしまうのです。

これでは症状が改善するどころかぷかぷか病とは関係なしに死んでしまいます

特に症状が重症化して低い体力のウーパールーパーにはこのような処置を行うべきではありません。

また水位を低い環境にするために洗面器などに移して、洗面器に染み付いた洗剤が溶け出してウーパールーパーを苦しめてしまっているのも見られました。

水量を少なくしてしまうと自分の排泄物で苦しむ他、水温が変動しやすく体力を奪ってしまうんダ!
ロボうぱ

水槽に穴の空いた容器を浮かべるのは良

人工飼料の匂いを嗅ぐウーパールーパー穴の空いたプラケースや産卵ケースなどを水槽内の水面付近に設置して、ウーパールーパーを隔離する方法で水位を下げることは悪くありません。

この方法だと全体の水量は変わらないため、水質急変しやすくならないのです。

こちらの方法を処置すればウーパールーパーの負担を多少和らげることができます。

小さな容器に入れて野菜室に入れる、氷を入れる

氷に入ったドリンク冷暗所に入れるためにウーパールーパーを小さな容器に入れて野菜室に入れるというのも危険です。

小さな容器だと先述したように水質が悪化しやすく、また温度が急激に変わりやすいためウーパールーパーの体力を奪ってしまいます

ウーパールーパーは丈夫なので目には見えませんが確実に体力を奪われてしまい、特に症状がひどく体力が落ちている個体にそのような処置を行うとトドメをさすようなものです。

水槽ごと入れるようにするなど容器に十分な水量があれば、お腹にある食べ物の発酵が抑えられるため適切であると言えますが現実的にそんなことは出来ないと思います。

また同じ理由で氷を入れて冷ますというのも水温が急激に変動し、体力を奪ってしまうため不適切です。

水質、この場合は水温だけど、水質が変動すると体力を奪ってしまうんダ!
ロボうぱ

お腹のマッサージ、針で空気を抜く

グラスに水入れようと失敗!どう考えてもおかしい処置であることは明らかですが、藁にもすがる思いでやられる方がいるようです。

もしかしてもなくおかしい処置です

人間の場合お腹をマッサージすると便秘が解消されるというのはありますが、どこをどのくらいの力の強さで押すか分かっていませんし、ウーパールーパーに対して指の大きさが違いすぎるため分かったとしても適切にマッサージすることは不可能でしょう。

ウーパールーパーを痛めてしまい、ストレスで悪化させてしまうのがオチです。

ウパみ
じゃあどうすればいいの!?
ぷかぷか病の正しい治療方法を解説してくネ!
ロボうぱ

ぷかぷか病の正しい処置、治療

エアーレーションを浴びているウーパールーパー

人工飼料を与えるのを止める

ゴールデンのウーパールーパーウーパールーパーがぷかぷか病になったら発酵の原因である人工飼料を与えるのを止めましょう

続けて人工飼料を与えるとさらに発酵の燃料を与えてしまうことになります。

お腹の中が膨れて排泄しづらくなっている場合に人工飼料を与えてしまうと症状が悪化し、転覆につながってしまいます。

人工飼料を止めた場合、絶食でも構いませんが人工飼料以外であればエサを与えても構いません。
冷凍アカムシが栄養が多く体力復帰には最適です。

人工飼料を与えておらず空気を吸って浮いているようであればよくあることですので特別な処置は不要です。

人工飼料を与えないでいるとお腹からガスが抜けていきますので治り、正しく沈むようになります。

大体は人工飼料を止めれば回復に向かっていくヨ!
ロボうぱ
ウパみ
それだけ!?他にやっとくといいことないの!?
んー、あとは温度を下げるのも有効かナ!
ロボうぱ

水温を下げる器具を設置する

水槽用クーラーウーパールーパーを小さな容器で野菜室に入れたり、氷などで水温を下げるのは水質(水温)が急変するため避けるべきですが、温度が低いまま一定を保てるのであればお腹の食べ物の発酵が抑えられるため適切な処置になります。

温度を下げる設備としてはクーラーファンが最も手頃ですが、下がっても数度程度しか下がらずほぼ水温が変わらないこともあります。

水温を下げる最も有効的な手段は水槽用クーラーを設置することで、ガツンと設定した温度に下げることができます。

器具が高いのがネックですが水温を下げるという器具ではこれ以上適切のものはありません。

他にも部屋のクーラーをガンガンに入れて下げるという方法もあります。

ぷかぷか病の再発防止・予防のために

冷凍アカムシを手渡しで食べるウーパールーパーぷかぷか病の原因は人工飼料ですので、冷凍アカムシやメダカなど別のエサに切り替えれば発症することはかなり低くなります。

人工飼料が完全にダメとは言いませんがぷかぷか病のリスクがあるためウーパールーパーの様子を見ながら与えるのが良いでしょう。

お腹にガスが貯まったかな?と感じた場合は人工飼料以外のエサを与えてやり過ごし、もとに戻ったら人工飼料に戻すという感じですね。

ウーパールーパーの人工飼料の原料のうち発酵しやすいのはでんぷんや小麦、大豆などですが、人工飼料の種類によっては原料の比率が異なり、発酵しやすい人工飼料・発酵しにくい人工飼料があると思います。

どうしても赤虫を与えたくない場合は、ウーパールーパーのエサとして売られている人工飼料を色々試してみるのも良いかもしれませんね。

ウーパールーパーは人工飼料以外にもエサの種類がいくつかあるから試してみてネ!
オススメは冷凍アカムシだヨ!
ロボうぱ

まとめ

飼育者を見上げるウーパールーパーそれではウーパールーパーのぷかぷか病について、箇条書きでまとめます。

  • ぷかぷか病の原因は人工飼料がお腹で発酵してガスが作られるため
  • ぷかぷか病にかかった際はエサを冷凍アカムシなどに切り換えて治す
  • 水を抜いて水位を下げると水質が悪化しやすくなるためNG
  • 自分で空気を吸って浮いている場合は大事にならないので放置で可

昔はウーパールーパーのエサといえば冷凍赤虫が主流でした。

最近ではウーパールーパーのエサなどという商品名で店頭に人工飼料が売られるようになったため、ぷかぷか病になるウーパールーパーがかなり増えていると感じます。

人工飼料は冷凍庫に凍った虫を入れる必要もなく、フタを開けるだけのかなり便利なエサですがぷかぷか病のリスクがあることを念頭において与えてあげて下さい

この記事を見た人にオススメ!:


LINEで送る
Pocket

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

作成したテラリウム

樹上性カエルのためのテラリウム制作ノート【シュレーゲルアオガエル】

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg