アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーに白い綿がつく水カビ病の治療と対策

ウーパールーパーの水カビ病

ウーパールーパーの体に白い綿のようなモノがついている。

それは「水カビ病」と言われる病気になります。

ウーパールーパーの水カビ病について、原因と治療、対策方法などを解説します。

スポンサー

症状

ウーパールーパーの水カビ病「水カビ病」、古くは「綿かぶり病」とも言われ、その名の通り体にフワッと白くて柔らかい毛のような白い綿がつく症状です。

特にエラはなりやすく、共食いによる損傷が多く繊細で傷つきやすいためです。

放置しておくと水カビ細菌が侵食して腐っていくため対策が必要です。

原因

絶望の画像水カビ病の細菌が傷口に感染することによって現れる症状です。

細菌は「アンモニア」・「亜硝酸」がある環境、つまり水槽の濾過能力が不足している環境だと多く繁茂します。

勘違いしないように補足しますが、透明だから水が綺麗ということではありません。水の透明度と汚れは切り離して考える必要があります。

アンモニア・亜硝酸と濾過の仕組みは以下の記事で詳しく解説しています。

ようは濾過不足で水が腐っていて、スレなどでケガをすると傷口から発症するということですね。

正しい濾過がきいた清潔な環境ではケガをしても水カビ病は発症しません。

治療と対策

付着した白い綿を指や綿棒などで優しくをなぞれば取れますが、水カビが繁茂する環境を改善して自然に消失するように治療を行います

よほど酷くない限り白い綿を取る必要はありません。環境を見直さなければ傷口からまた広がります。

毎日の換水

バケツ治るまでは毎日換水を行いましょう

傷口から細菌がそれ以上繁茂しないよう清潔な水を保ちます。

換水量は4/5~全換水を行って、水中にいる水カビ細菌そのものを多く減らします。

水換え量が多いため温度はしっかり合わせた上で換水を行いましょう
温度が異なっているとウーパールーパーの体力を奪ってしまいます。

濾過能力の強化

外部式フィルター水カビ病は濾過バクテリアが不足してアンモニア・亜硝酸が処理しきれていないことを示していますので、濾過バクテリアの数を増やす必要性があります。

砂利を敷かず小型フィルター(外掛け、投げ込み式、水中式)のみで飼育していると濾過バクテリアが不足しやすいので注意が必要です。

より浄化能力が高いフィルターへと変える砂利を敷いていない場合は砂利を敷く等により濾過バクテリアの数を増やします。

濾過バクテリアの数が足りていなければ水カビ病が発症することは無くなります。

強力な濾過装置をつければ毎日換水しなくても治りますが、濾過バクテリアの定着には数日かかりますのでその間は高頻度の換水で乗り切る必要があります。

まとめ、個人的な所感

こちらを見下すウーパールーパー水カビ病が発症しているということは水が腐っているほかありません。

ウーパールーパーは魚と比べて大量の排泄を行いますので、熱帯魚用のフィルターではパワー不足になりやすいのです。

特に成長に伴って排泄量が増えてくると発症しやすいので、水カビ病が現れたら飼育環境を見直しましょう。

費用対効果が最も高いのは砂利を敷くことです。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

冷凍アカムシを手渡しで食べるウーパールーパー

ウーパールーパーの日頃のお世話について。餌やり、水換えの頻度等について。

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg