水辺を身近に

ウーパールーパー水槽、白濁りの原因と対策

ウーパールーパーの水槽が白濁する場合について、原因と対策方法を解説。

原因は色々ありますが本質を治すことでずっとクリアな水を保つことができます。

スポンサー

症状

白く濁った水槽水槽の水が透明にならず白く濁ることがあります。

特に水槽を立ち上げたばかりは白く濁りやすく、ウーパールーパーを鑑賞する際には邪魔になってしまいます。

白濁する直接原因

白濁する直接の原因としては

  • 新しい砂利を入れて塵が浮遊している
  • フィルターを綺麗に洗ってしまった
  • エサの食べ残し

この3つがほとんどです。

新しい砂利を入れて塵が浮遊

サンゴ砂新しく購入した砂は砂埃がついていますが、水槽に入れると塵となって水槽内を舞ってしまいます。

購入した砂は十分洗うことが必要ですが、それでも塵は少なからず出てしまいます

フィルターを綺麗に洗ってしまった

投げ込み式フィルターフィルター及びウールマット・濾材には水を綺麗にするバクテリアが付着していますが、環境の急変で簡単に死んでしまう弱い生き物です。

そのため飼育水と環境が異なる水道水で洗ってしまうとバクテリアが死滅。

死滅したバクテリアは水中を漂うことになり、白濁に繋がります。

フィルターを洗う場合は飼育水で洗うことが原則です。

エサの食べ残し

エサの匂いを嗅ぐウーパールーパー与えるエサによっては食べ残した際、時間経過で細かい粒子となってしまうものがあり、白濁につながってしまいます。

後述する対策方法を行うのはもちろんですが、エサは食べ残さないように与えるのが基本です。

よかれと思ってエサを沢山与えて残してしまうのは初心者が最も行いやすいタブーです。

全て濾過バクテリアで解決

口を開けたゴールデンのウーパールーパー

原因は様々ですがそれら全て濾過バクテリアを増やすことで解決可能です。

「粉塵」、「バクテリアの死骸」、「エサの食べ残し」、これらは全て有機物。

濾過バクテリアはこれら有機物を分解することができます。

大層なものに感じられますが、濾過バクテリアはどこにでもいる微生物の1つ。

水中にも少なからずいるため、これを増やすことで白く濁った水槽を透明にすることができます。

濾過バクテリアの増やし方

濾過バクテリアは増やす環境さえ整えれば自然に定着し、増えたバクテリアは透明な水にしてくれます。

濾過バクテリアを増やすためには

  • 強力なフィルターの設置
  • 砂利を敷く

この2つで増やすことができます。

強力なフィルターの設置

テトラVX-75のパッケージフィルターは汚れをウールマットに絡めてとるというイメージがありますが、主たる浄化作用は濾過バクテリアを定着し増やすことです。

ウールマットや特に多孔質濾材は表面積が広く、バクテリアの住居にはうってつけ。

単純にウールなどの濾材が大きければ濾過バクテリアの定着出来る場所が増えることになります。

大きな外部式フィルターや上部式フィルターを設置すれば濾過バクテリアを大幅に増やすことができ、水を透明に保つことが出来ます。

関連外部式フィルターはどれが良い?製品を一括比較!

砂利を敷く

ブラックのウーパールーパー砂利も濾過バクテリアの良い住居となり、増やすことが可能です。

フィルターのスペックアップはお金もかかりますのでハードルが高めですが、砂利であれば安く抑えられます

選ぶ際はウーパールーパーに適した砂利を選ぶようにしましょう。

関連ウーパールーパーの底床(砂、砂利)について!失敗しない選び方!

濾過バクテリアはすぐに増えない

砂時計の画像あとは濾過バクテリアはすぐには増えないことに注意が必要です。

砂利を入れたり、強力なフィルターを設置しても定着して増殖するまでには日数がかかります

ですが早ければ1日で効果を実感出来ると思います。

水槽を新しく立ち上げた時は水中にいるバクテリアの数が少ないため2~3週間ほどかかってしまうので注意が必要です。

直接濾過バクテリアを投与する

ろ過するバクテリア

今いるバクテリアを増やす方法のほかに市販のバクテリア剤を直接投与して増やす方法もあります。

先述した濾過バクテリアを増やす方法では増えるまで時間がかかってしまうデメリットがありますが、直接投与する方法は即効性があります

すぐにでも白濁りを除去したいのであればバクテリア剤の投与がオススメ。

でもバクテリアを増やすことも必要

ウーパールーパー

しかし濾過バクテリアが少ない環境というのはウーパールーパーにとって非常に過酷な環境です。

見た目上の体調には表れませんが、知らず知らずのうちにかなり負担がかかっています。

それに投与されたバクテリアたちは定着する場所が無いためそのまま死滅。

定着する場所を用意してあげないと非常に勿体ないです。

バクテリアは投与して補うものではなく普通は定着する場所を用意して、常に多い状態を保つのが本来の姿。

投与で凌ぐのは病気を痛み止めで防ぐようなモノで根本解決にはなりません。

関連市販のバクテリア剤は必要?有効性やメリットについて!

まとめ、個人的な所感

ほんのり白く濁った水槽実のところ水が濁っていようがゴミが舞っていようがそれ自体はウーパールーパーにとって問題ないのです。

しかし白く濁った環境ということは濾過バクテリアがかなーり足りていない証拠

濾過バクテリアが足りていないということは水を十分浄化できていないことであり、そのような環境のウーパールーパーは短命です。

ウーパールーパーは10年以上生きるペットですが、実際の体感平均年齢は2~3年ほどと短く、濾過バクテリアが不足した環境で飼われていることが最も多いのです。

白濁りもそうですが、濾過バクテリアに対する認識を改めていただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!