アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

市販のバクテリア剤は必要?有効性やメリットについて!

硝酸塩が検出されない

熱帯魚や金魚用に「水を綺麗にするバクテリアが多く入った液体」が売られています。

しかし実際に使用している愛好家は少なく、不要だと言われることがあいます。

バクテリアの作用を説明し、バクテリア剤の有効性などについて解説します。

スポンサー

そもそもバクテリアとは!?

透き通る水中アクアリウムでいうバクテリアとは水を浄化する作用を持った好気性バクテリアのことです。

好気性バクテリアは魚のフンを毒素の少ない「硝酸」へと変換する働きがあり、この好気性バクテリアが水槽内にいないと魚を飼うことができません。

「好気性バクテリアで処理できる量>魚の排泄量」にすることが飼育の基本になります。

そのためにフィルターを設置して好気性バクテリアを増やします。
フィルターにはスポンジや濾材などバクテリアが多く定着できるようになっているのです。

水を綺麗に保つためのバクテリアの働きについては以下の記事で詳しく説明しています。

水換え時に投与するのは効果あり?

砂利の掃除結論から言いますが水換え時に補充する目的で使用する場合は不要です。

水換え時に減ったバクテリアを補充するというものですが、そもそもバクテリアが多く定着しているのは水中ではなく濾材や砂利になります。

水中に浮遊しているバクテリアは全体の極わずかで、また減ったところで濾材や砂利からまた増えます。

つまり水換えを行ったところで水換え前の水や濾材、砂利が残っている以上、水換えで減ったバクテリアを補給することは意味がないのです。

水槽の立ち上げ時に有効か?

濾材や砂利にバクテリアが定着しているから不要だと説明しました。

そのため濾材や砂利にバクテリアが定着していない立ち上げたばかりの水槽では有効だと言われることがあります。

が、これもまた効果が無いと思います。

勝手に増える

強い日差しそもそもバクテリアというのは自然に存在しているもので、わざわざバクテリア剤を投入しなくても空気中から飛来します。

バクテリア剤を入れることによって爆発的にバクテリアの数が増えるから立ち上げが早くなるとも言われますが、魚を数を少しずつ増やしていけば比例してバクテリアが増えるため追いつきます

確かに立ち上げ時に使用するのが一番適切ですが、そもそも空中から飛んできたり魚や水草を買った時に付着していますので別途用意する必要性はほぼ無いといえます。

市販のバクテリア剤への疑問

市販のバクテリア剤は全く意味が無いとも言わることがあります。その理由を説明します。

水槽に定着できるバクテリアなのか?

絶望の画像水を綺麗にするバクテリアは一種類だけでなく、多くの種類があります。

その中には水槽に定着できないバクテリアも多くあり、市販されているバクテリアは何者なのか分かりません

水槽に定着できるか分からないバクテリアを購入するのはちょっと・・・という感じですね。
自然に増えたバクテリアが一番安定します。

保存状態

硝酸塩が検出されない市販されているバクテリア剤は保存状態が分からないため、疑問視する声もあります。

菌食品である納豆やヨーグルトは冷暗所に保管しなければなりません。

同じくバクテリア剤も生きた菌であるため高温や冷温が続くと死滅してしまいます。

しかし輸送や倉庫などで適切な管理がされている保証が無いため、本当に生きているのか不安があります。

市販のバクテリア剤が活躍できるタイミング

あまり意味が無いと言われているバクテリア剤ですが適切に使えるであろうタイミングを紹介します。

水槽立ち上げ直後に魚を大量に入れる場合

ネオンテトラ水槽立ち上げ時に少しずつ魚を増やせば、排泄に伴ってバクテリアが増えていきます。

しかし最初から大量に魚を入れる場合はバクテリアが繁茂するまで時間がかかり追いつきません

もし水槽セット直後に数多くの魚を入れる場合、バクテリア剤を投与することにより大量のバクテリアを用意することができるようになります。

フィルター・砂利を敷かない場合

45cmキューブオーバーフロー水槽生体に対してフィルターの能力が弱いや、フィルターを設置せずに砂利を敷かない場合はバクテリアが定着できる場所が無いため水槽にいるバクテリアの数が僅かです。

そういう場合はバクテリア剤を使用することで一時的にバクテリアの数を増やせるので効果があります。

水の白濁りに悩まされている場合はバクテリアが不足しているということなので、バクテリア剤を投与すると改善できる可能性が高いです。

が、このような問題は本来フィルターを増強したりすることで対応すべき問題です。

バクテリア剤で水槽を維持できるレベルということは普段から相当魚に負担をかけています。

まとめ、個人的な所感

レッドシーの硝酸塩濃度測定キットバクテリア剤は使えるタイミングが限られているので、特に必要無いと思います。

継続して使っている人はなんとなく魚の調子が良い気がする止まりでしょうし、無いよりはマシで使っている人も別に対してプラスになってないんじゃないかと思います。

白濁りが取れた、アンモニア濃度が下がったという体験談もありましたが、そもそもバクテリア剤が有効に感じる環境は相当やばいのでフィルターの見直しなど別方向で改善するべきでしょう。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

簡素な水槽

アクアリウムの仕組みと必要設備

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg