アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

初心者にソイルをオススメしない3つの理由

ソイル

水草水槽ならソイル一択と言われる程ソイルのポテンシャルは高性能です。

ですが初心者にオススメ出来るかというと個人的にはオススメできない底砂です。

アクアリウムと言えば水草が繁茂する水景作りたいものですが、事前知識が無いまま購入すると大抵失敗するのもソイルならでは。初心者にとって壁となるソイルの特有のデメリットをお教えます。

スポンサー

栄養過多になりやすい

コケに覆われた水草ソイルは栄養分を多く含んでおりこれが水草育成に最適な理由のひとつですが、半面水草が使いきれなかった栄養は全てコケ類にもいってしまいます。

つまりコケだらけの水槽になってしまう可能性が高いということです。

そうならないためには「水草を繁茂させる」、「水の汚れを極低レベルまで落とす」ことがポイントになります。

水草を繁茂させる

水草の成長および光合成に必要なものは「光」「二酸化炭素」「栄養」の3つで、このうち栄養のみが高くても水草の成長ポテンシャルは100%引き出せません。

ですが「光」、「二酸化炭素」をカバーしようと思うと高額な器具(2,3万程)が必要になってしまい、初心者には敷居が高くなってしまいます。

水の汚れを極低レベルまで落とす

水が汚れることでもコケの成長が促進されてしまいます。

防止するためには「強力な濾過装置」または「高頻度の換水」、そして「魚の数を抑える」ことがポイントになります。

濾過装置は外部式フィルターを選ぶ必要があり、もしくは数日に一度の換水が必要で費用または手間がかかってしまいます。

魚も初心者であれば色々試してみたいところですが、水草が安定しきるまでは数匹に匹数を抑える必要があります。

セット直後は毎日の換水が必須

セット直後は栄養が多く溶けだしますので、水草が繁茂しきるまでは毎日換水する必要があります

ここを怠ると水草<コケの関係が成立してしまいコケがどんどん増えていってしまい、コケだらけになってしまった場合はほぼリセットするしか無くなります。

レイアウトの変更が出来ない

ソイルは形が崩れる性質があり、指で潰すことが出来るほどです。

そのため水槽内の配置及びレイアウトを変更しようと石や飾りモノを動かしたり水草を抜いたりすると粒が崩れて泥が溶けだしてしまいます。

泥が溶け出してしまうと掃除もさることながら、栄養分も水槽内に溶けだしますのでコケが繁茂しやすくなってしまい、最初にセットした配置から動かしてはいけません。

初心者であれば途中で配置を変えてみたいと思いやすいものの、レイアウトを動かせないのは楽しくありません。

セット直後の不安定

ソイル設置後の初期段階はアンモニア類などの毒素が放出される傾向があります。

一般的に濾過バクテリアが定着するまでは魚は入れませんが、ソイルはその傾向が特に強く導入可能になるまで2週間は必要とします。

一定期間経過後は、必ず測定キットなどを用いてアンモニアや亜硝酸類のチェックを行い問題が無いことを確認する必要があります。

まとめ

ソイルは特性が他の濾材と違いますので、ある程度知識を持って適した処理が必要になります。

処理を怠ってしまうとコケだらけの魔境になってしまい、泣く泣く水槽を廃棄してしまうことにもなりかねません。

初心者はまずは砂利やセラミック素材の底砂をオススメしますが、ステップアップには是非オススメする底砂ですので機会があれば是非チャレンジしてみてください。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

硝酸塩濃度測定キット

硝酸塩濃度測定キットのススメ!飼育できるサンゴや適切な水換えタイミングが分かる!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg