ゴールデングラミーの特徴・飼育情報

ゴールデングラミー
飼育難易度かんたん
大きさ目安10cm
適応水質◎:弱酸性
○:中性
△:弱アルカリ性
性格少し注意
遊泳上層を中心に縦横無尽に泳ぐ
群れやすさ△:群れる性質があることにはある
値段の目安300円~1,000円
別名

スポンサー


主な特徴

「ゴールデングラミー」はスリースポットグラミーおよびブルーグラミィの色彩変異を固定した改良品種のグラミー

関連スリースポットグラミーの飼育情報

身体は金色に輝いており、観賞魚然としたゴージャス感溢れる熱帯魚らしい熱帯魚といった魚です。

身体に現れる黒っぽい模様は個体差があり、トラ模様のようなメラニンが強いものや、逆に黒い模様が目立たないものもいます。
(品種改良の進み具合でしょうか?)

ゴールデングラミーのトラ模様模様は個体差がある(トラ模様)
緑の水草とゴールデングラミー

雌雄の違いはあまりなくオスメスどちらともに美しいですが、オス若干ヒレが伸びるのと色素が強く黒いメラニン模様や赤が出やすいといった差異があります。

ゴールデングラミーオス
背ビレの伸びと尻ビレの赤色および模様が出やすく色素が強い
ブルーグラミーメス
オスと比べると地味なのが分かるが十分に美しい

混泳・性格

適度なサイズ感がありつつ魚食性が「あまり」強くないことから混泳の幅は非常に広い魚です。

魚は基本的に口に入る魚は食べてしまいますが、本種はサイズの割に口も大きくないので混泳できる魚の選択肢が多いです。

ただ同種のオス同士で殺し合わない程度に小さな喧嘩をします。

弱い個体が水草の影まで隠れてしまえば問題なく収まりますが、遮蔽物が少ない水槽に迎える場合はオスの匹数を1~2匹に制限したほうが無難です。

メスを選ぶと安全

オスは成熟すると多少気が荒くなってしまうため、ヒレの伸長具合とメラニンの強さを見てメスを選ぶとより安全です

水面をうろつく小魚はやや注意

水面にいつく小魚(アフリカンランプアイやメダカ類)はどうも気になるようで、やや相性が悪いところがあります。

飼育ポイント・注意点

ゴールデングラミーの正面顔

水草が安定し、魚がよく育つような環境が合う魚です。

本種は水質面では適応範囲が広いものの、好みである弱酸性の水(いわゆるこなれた水)で育成すると目に見えて美しい発色に育ちます

急に環境を変えるようなことがなければすぐ死ぬような魚でもないので、ソイルを使ったり色々試行錯誤して綺麗な発色を目指してみのも面白いでしょう。

なおあまり強い水流は苦手ですので、止水~ゆるやかな流れだとより飼いやすいです。

エサ

何でも食べます

口が上向きについてるので乾燥アカムシやフレーク系の資料など浮遊性のある餌が好ましいのですが、底のエサもついばみに行くのであまり気にしなくても良いです

ただ噛む力はそれほどなさそうなので、顆粒状のエサはやや適しません
(それでも全然食べますが)

個人的な所感

ゴールデングラミーとマーブルグラミーの水槽

ホームセンターでもほぼ必ずといって良いほど見かける定番人気魚で、「ブルーグラミー」「パールグラミー」「シルバーグラミー」と一緒に売られているグラミーシリーズ。

こちらはブルーグラミィと同じく、個体差が大きく安いながらも「選べる熱帯魚」なのが魅力

先述したメラニンの模様ですが、ブルーグラミィらしい個体だったりマーブル的な個体だったりで意識してみるとそのあたりの個体差も大きいです。

このグラミーは改良品種された魚なのですが、元になったスリースポットグラミーを見てみると尻ビレの赤色などに共通点が垣間見えますね。

スリースポットグラミー(オス)スリースポットグラミー(ワイルド個体)
ゴールデングラミーゴールデングラミー

結構古くから存在する改良品種なので、ベテランさんからは軽く見られがちですが”安くて見ごたえがあって個体差もある”という、ひじょーーに優等生な魚ですよ。

文/パーさん、編集/写真:犬水ジュン

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!