水辺を身近に

テトラオーロの飼育情報。エサや注意ポイントなど

テトラオーロ
飼育難易度かんたん
大きさ目安2cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳中層あたりをくまなく泳ぐ
群れやすさ○:そこそこ群れる
値段の目安300~500円

スポンサー

主な特徴

テトラオーロは2cmほどのかなり小さいテトラの仲間です。

代表的な小型テトラであるネオンテトラが3cmに対し、こちらは2cmとかなり小さいサイズの熱帯魚。

尾びれ手前のブラックスポットが特徴的ですが、オスは背ビレ・腹ビレが伸長するのも特徴。

体高もあるので、それら要素とあわせて小さいながらも存在感がある魚です。

テトラオーロ
テトラオーロのオスとメス右のヒレが伸びているのがオス、左がメス

混泳・性格について

温和な魚であり、他の魚にちょっかいを出すようなことはなく混泳にとても向いた魚です。

ただ小さい体のため、他の魚に飲み込まれやすい点は気をつけましょう

グッピーとテトラオーロヒラヒラしたヒレもかじらない

飼育ポイント・注意点

超小型のため弱いかと思いきや、丈夫な熱帯魚です。

熱帯魚を飼育できる環境であれば基本的には問題ありません。

エサについて

テトラオーロとレッドテトラ

エサは選り好みせず何でも食べてくれます

水面のエサも食いにきてくれるので、市販のフレークフードや粒が小さい顆粒タイプのエサを与えると良いでしょう。

個人的な所感

テトラオーロのオス

ネオンテトラなどのテトラ類より、より小さく、そして優雅なテトラがテトラオーロ。

それら小型テトラ類と比べてより一回りも小さいので、より小型水槽で群れさせやすいことは見逃せないポイントです。

45cmぐらいの小さな水槽で水草を植えたりすると群れるために必要な”空間”を用意できなくなり、ネオンテトラでも群れてくれないってことになりがち。

30cm水槽とテトラオーロ30cm水槽でも水槽が大きく見える

テトラオーロは2cmほどと一回りも小さいので45cm水草水槽だとか、ひらけた30cm水槽とかでも群れる様子が観察しやすいです。

私が実際に飼うきっかけになったのは「コリドラス・ハステータスの水槽に入れたら一緒に群れへんかな?」と思ったのがきっかけ。(コリドラス・ハステータスは現地で似た模様のカラシンであるハステータスカラシンと群れることがある)

大きさも模様も近いしいけるんじゃないかと試してみたところ・・・・・・・一緒に泳ぐことはありませんでした(゚Д゚;)。

コリドラスハステータスとテトラオーロ群れず・・・!!

とはいえ小型テトラ類ですら群れにくい30cm水槽でも群れる様子が観察できたり、よーく見ると優雅で綺麗という良観賞魚であることを認識。

2cmほどの小型魚って魅力に気づきにくい面があると思うんですが、メインをはれるポテンシャルを持ってます

マジマジ見てみると、あっ・・結構いいかも・・・と考えが変わるかも!?

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!