ドワーフグラミーの飼育情報。混泳や飼育ポイントなど

ドワーフグラミー
飼育難易度かんたん
大きさ目安6cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳上層から下層までゆっくり泳ぐ
群れやすさ×:群れない
値段の目安ペアで1200円~1700円ほど
別名

スポンサー


主な特徴

ドワーフグラミー」は全長6cmで赤や青を体色に持つグラミーの仲間。

基本となるカラーは赤と青がストライプするというド派手な模様をしており、さらに赤・青どちらかの領域を強めた改良品種がいくつかあります。

代表例として以下のタイプがあります。

  • サンセット ドワーフグラミー:身体に赤がべったり乗る
  • コバルトブルー ドワーフグラミー:身体の大体が青

※ハニードワーフグラミーはドワーフグラミーと付いていますが、そちらは別種です。

また綺麗なのはオスだけで、メスはグレー一色で地味色になります。
(補足すると青が強いタイプになるにつれ、メスも青くなる傾向があります)

口をあけるドワーフグラミー青と赤が半々ぐらいの基本カラー。単にドワーフグラミーという名前で売られるやつ
ドワーフグラミーのメスメスは地味
サンセット ドワーフグラミーサンセット ドワーフグラミー
コバルトブルードワーフグラミーコバルトブルー ドワーフグラミー
(サンセットの写真含め痩せ気味個体なのでこういう角張って痩せた奴は選ばない方が良いです・・・)

混泳・性格

基本的には温和ですが同じグラミー同士だと仲が悪いところがあります。

同じ「ドワーフグラミーのオス」や「ハニードワーフグラミー」などグラミー系の魚と一緒にすると、喧嘩まではいかないものの強い個体が弱い個体をあっちいけ!するので避けたほうが無難。

喧嘩してボロボロになるほどではないですが、負けた個体がビビッてしまい弱りやすいです。

それ以外の魚には温和ですので、そこさえ覚えておけば混泳には向いていますね。
(テトラ類や小型コイ科、コリドラスなどなど)

追いやられたドワーフグラミー強いドワーフグラミー♂に負け、水槽底においやられたサンセットドワーフ グラミー♂

飼育ポイント・注意点

丈夫な熱帯魚で、熱帯魚を飼育できる環境ができていれば初心者でもOKな魚です。

ただグラミーの仲間は強い水流を嫌うので、「水流に負けて流されて疲れていないか?」など水流あたりは気を使ってあげたいポイント。

エサ

選り好みせず何でも食べます

個人的な所感

ドワーフグラミー(婚姻色)

↑の個体綺麗でしょう。婚姻色です。

元々の体色も綺麗なんですけど、ある日「あれ!?!?こんなに綺麗だっけ!?!?」ってよく見ると泡巣を作ってたんですよね。
具体的に言えないんですけど体色がギラッギラッでした。

泡巣を作るドワーフグラミー泡巣作り中・・・。
婚姻色になると喉から腹にかけて黒くなりよりカラフルになります
ドワーフグラミーの泡巣ワーオ、立派な泡巣・・・

ドワーフグラミーって中級者になると「まぁ綺麗だよね」って感じで見向きされないところがあると思うんですが、ペアで揃えて水面付近に泡巣作れるように水草伸ばしたり浮草浮かべたりするとあっと驚かされること間違いなしです。

さて僕が子供の頃から並ドワーフグラミー、サンセット、コバルトはホームセンターでいつもいる常連定番種でした。
(チラシとかに安売り起用されるぐらいの人気!)

やはり人気の秘訣は青と赤のド派手な模様と、安価なところ、初心者向きの丈夫なところですね。

ドワーフグラミーの正面顔そしてなによりカワイイ

私が子供の頃、”真夏に”ホームセンターでペアで買って公園で遊んでから帰るという今考えてみたら「どうみても暑さで死ぬでしょそれ」という所業をしましたが、死なずにそのまま飼育できたという思い出があります。

そこまでしても死なないという丈夫なグラミーらしさのエピーソド。
(多分ハニードワーフグラミーなら死んでた)

ただ大人になってコバルトとサンセットドワーフグラミーを探したら、なんか昔より高くなってて更に探して昔の値段に近いのがあった!と購入したら、家に持ち帰ってよく見ると結構痩せてたという体験もあります。
(自分でもそんな個体を購入したことが認めたくない・・・)

サンセット ドワーフグラミーガリガリですやん・・・角ばってる・・・
ドワーフグラミー健康個体の例

安売りで入手できても死んだら大損ですし、治療や調子をあげるコストを考えたら損なので購入の際は安さに囚われず「健康か?」も必ずチェックして欲しいと思います。

ブリブリに健康であれば多少相場より高くてもオススメしますよ!

ドワーフグラミー

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • スパム対応のためすぐには反映されません。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!