コリドラス・シュワルツィの特徴・飼育情報

コリドラス・シュワルツィ
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安5.5cm(オスはやや小)
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳砂利表面を掘ったりしながら底を遊泳
群れやすさ△:ちゃんと群れさせるなら60cmぐらいの"空間"が必要
値段の目安1000円~1500円
別名

スポンサー


主な特徴

コリドラス・シュワルツィ」は昔から背びれが伸長するコリドラスの代名詞であり、ホームセンターでも見かける定番コリドラスの1つです。

ある程度大きな水槽で大事に飼育すると、背びれがアンテナ状に伸びてくるので飼い込んでこそのコリドラス。

安くて定番種なものの、模様などには個体差や入荷ロットによってバリエーションが多くあり、それらを集めるコリドラスマニアも少なくありません。

上を向くコリドラス・シュワルツィ
ブラックトップシュワルツィたまに混じる黒背びれ

なお背ビレは白いのが一般的なものの、中には背びれが黒いタイプが混ざることがあり、ファンの間では「ブラックトップシュワルツィ」と呼ばれます。

またスーパーシュワルツィやウルトラシュワルツィというタイプも販売されていますが、学名記載のシュワルツィ種とは外れるので厳密にいうとコリドラス・シュワルツィではありません。
(とはいえかなり近縁。川の上流、下流で違うのかな??)

混泳・性格

温和であり、どの熱帯魚とも混泳には向いています。

背ビレをしっかり伸ばしたいのであれば、ヒラヒラしたヒレをかじる性格の熱帯魚とは避けましょう。

飼育ポイント・注意点

コリドラスの中では丈夫な種類です。

とはいえ赤コリ・白コリの”強健”コリドラスと比べてしまうと一段落ちますが、熱帯魚を普通に飼える環境であれば特に難しいことはありません。

難易度的には青コリドラスと同等です。

スーパーシュワルツィやウルトラシュワルツィも飼育方法については同様で、むしろデカい分タフな傾向があります。
(ただ値段は高くなるので入荷状態は見極めたいところ)

エサ

中層を遊泳する魚と一緒にしている場合、エサをあげてもコリドラスに行き渡らないことが多いので注意

痩せてきたなと思ったら沈下性の顆粒フードや、専用のコリドラスフードを与えると良いでしょう。

コリドラスタブレットを食べるコリドラスたちコリドラス用フードを食べるコリドラスたち

コリドラスフードは少しずつふやけることで、他の魚がエサを奪いにくくなっているのでコミュニティタンクではオススメです。

ともあれコリドラスはタフな魚。長い間エサが少なくても全然耐えますので、まずはよく観察するのが重要です。

個人的な所感

コリドラス・シュワルツィ

赤・白・青の初心者向けコリドラスからのステップアップ種としてうってつけ。

体に入る2ラインのドット模様は特徴的ですし、背ビレの付け根はほんのりオレンジで美しいコリドラスだと思います。

背ビレが伸長していくというのも面白いポイント。

変な柄のコリドラス・シュワルツィ変わった模様のシュワルツィ。
こういう違いを楽しむのも面白い

水深が深めの環境・流れがある環境だと背びれが伸びやすいと言われていますので、60cmレギュラー水槽(60x30x36)だととてもマッチするかと。
(個人的には深さは大きいかと)

好きだな~って思ったらコリドラス・シュワルツィをメインにした60cm水槽を立ち上げれば・・・絶対楽しいでしょうね・・・!!

あと底が明るいと白飛びしてしまい本来の色が消えてしまうので、砂利は暗めのものがオススメ

ボトムサンドで色抜けしたコリドラス・シュワルツィスドーの「ボトムサンド」
水作の水槽の底砂:川砂で色抜けしたコリドラス・シュワルツィ水作の「水槽の底砂:川砂」

上記はいずれもコリドラスがパッケージにのっている製品ですが、色飛びしやすいんで個人的にはあんまり。
(特にボトムサンドはなんかエラの動きがおかしいように感じるし・・・)

トップ写真で使ってるやつはカミハタの「水草と魚にやさしい玉砂利」ってやつを使っています。

上を向くコリドラス・シュワルツィカミハタの「水草と魚にやさしい玉砂利」

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!