アピストグラマ・カカトゥオイデスの特徴・飼育情報

アピストグラマ・カカトゥオイデス
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安6cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
×:弱アルカリ性
性格少し注意
遊泳底を中心にパトロール
群れやすさ×:群れない
値段の目安ペアで4,000~8,000円
別名

スポンサー


主な特徴

アピストグラマ・カカトゥオイデス」は南米の宝石とも言われるアピストグラマの一種です。

アピストグラマは美しいことに加え繁殖も気軽に楽しめる熱帯魚として人気で、アピストグラマをメインに熱帯魚を楽しむ人も多くいるほどの人気熱帯魚ジャンル。

カカトゥオイデスでは「ダブルレッド」と言われる改良品種が定番であり、大きく開いたヒレの赤と黒の模様は燃え盛る炎のように美しいアピストです。

本種はアピストの中でもビッグマウスグループとも言われ、他のアピストと比べると頭部が大きいのも特徴の1つ。
(今ではビッグマウスグループというより、カカトゥオイデスグループと呼ばれることが多い)

泳ぐアピストグラマ・カカトゥオイデス”ダブルレッド”と言われる定番の品種改良
アピストグラマ・カカトゥオイデス
アピストグラマ・カカトゥオイデスのメスメス
泳ぐアピストグラマ・カカトゥオイデス尾ビレの色乗りが悪いが背ビレは立派な個体

なおカカトゥオイデスは飼育もしやすく、特に流通量に関しては最も多い部類のアピストグラマであるためアピストグラマの入門種としても知られています。

アピストグラマ・カカトゥオイデスのメスメスその2。
尾ビレに赤模様が入る個体もいる
アピストグラマ・カカトゥオイデス WF1野生採取されたカカトゥオイデスの繁殖個体

混泳・性格

シクリッドであるため同種のオスもしくは同シクリッドに対してはケンカをしかける傾向があります

アピストグラマは基本的にはオスとメスのペア売りですので、水槽内のシクリッドは本種のペアのみにするのが基本。

シクリッド以外の魚に関しては大体無関心ですので、ネオンテトラを始めとする小型テトラやラスボラ、コリドラスなどとの混泳は向いています
(あとベタやグラミーなどのアナバスもシクリッドに近い仲間でやや相性が悪いところがあり)

飼育ポイント・注意点

アピストグラマ・カカトゥオイデスの飼育環境飼育環境の一例

飼育に関しては難しい熱帯魚ではなく、魚を飼う基本的なことを抑えておけば飼育が可能な魚です。

ネオンテトラやゼブラダニオなどの強健入門熱帯魚と比べてしまうと一段難易度は上がりますが、そのような入門熱帯魚を調子よく飼えてるならチャレンジしても良いでしょう。

南米シクリッドは水質にうるさいものが少なくないのですが、本種は弱酸性から中性まで広く適応するため水道水ベースの水で構いません。
基本が出来ていれば”特別なことは必要ない”ので、飼育は難しくないんです

アピストグラマの飼育方法をしっかり調べて準備した上で購入するのであれば、初めての熱帯魚であっても飼育は成功しやすいと思います。

病気の温床を作らないようにする

砂利の掃除定期的な砂利掃除を

特に注意が必要なのが単純な清潔さ

底砂などに沈殿するフン・ゴミなどを長期間放置するとそこから病原菌が多く発生し、これにより病気になって死ぬことが一番多いです。

そうならないように定期的な底砂の掃除とフィルターが目詰まりしない程度のメンテナンスが重要になります。
(特にスポンジフィルター+ソイルのコンボは目詰まりしやすい)

ソイルなどは掃除が出来ないため、外部式フィルターの水流などで水通しを良くする、ソイルがむき出しにならないように底全面を水草で覆う、週1の定期的な換水などを心がけると良いでしょう。

エサ

底をつつくアピストグラマ・カカトゥオイデス

基本的には何でも食べますが、底に落ちたエサを探して食べる習性のため沈下性の人工飼料が向いています。

一般的に売られている熱帯魚のエサはだいたい沈むのと、水槽内では浮かんでいるエサも取りにくるので熱帯魚のエサであれば大体OKです。

個人的な所感

アピストグラマ・カカトゥオイデスのアップ

定番アピストの1つがカカトゥオイデスですが、近年のカカトゥオイデス”ダブルレッド”はアピストグラマ・アガシジィより入荷量が多くないか?と感じるので、実は人気ナンバーワンのアピストではないかと思っています。

多分ですが、燃え盛るようなヒレの色が水草水槽の緑とマッチする・・・から人気があるのでは?と感じますね。

アピストグラマ・カカトゥオイデスの顔アップ

カカトゥオイデスはアガシジィと並んでアピストグラマの入門種とされていますが、アガシジィの方が気が強くメスを追いやりやすいので、30cm水槽とか小さな水槽で始めるならこちらの方が入門としてオススメです。
(60cm水槽の水草水槽で泳がす!とかならどっちでも良いと思うけど)

性格的にはアガシジィが普通のアピストの性格で、カカトゥオイデスは温和なアピストの部類にカテゴリーされると思うので、そういう面も含めて初心者向きなのはこっちかな?と思います。

アピストグラマ・カカトゥオイデス

さて繁殖も気軽に楽しめるアピストグラマですが、カカトゥオイデスは環境を用意してやれば本当にサクッっと産みます。

産まれたカカトゥオイデスの育成用水槽として、30cmの金魚水槽Mサイズ・スポンジフィルター・砂利なしのベアタンク環境で複数匹収容していましたが、そんな環境でもある日水槽底に卵が並んでいるのを目撃。

床に産卵したアピストグラマ・カカトゥオイデスうんどる

本来はケープスポウナーといって、半分に割った植木鉢の裏とか洞窟チックな暗くて狭いところに産むんですが、こんなかけ離れた環境でも産むという繁殖のしやすさです。

その卵は他のカカトゥから卵を守れないと思ったのか食卵してしまいましたが、後日ペア以外のカカトゥを出しておいたら案の定いつの間にか稚魚が泳いでいました。

アピストグラマ・カカトゥオイデスの飼育環境こんな雑な環境でも稚魚が産まれ育ちました!

ソイルも使わずストレートにそんな感じで産みますので、とても繁殖させやすい入門アピストだと感じます。

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!