コリドラス・アドルフォイの特徴・飼育情報

コリドラス・アドルフォイ
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安5cm
適応水質◎:弱酸性
○:中性
×:弱アルカリ性
性格温和
遊泳砂利表面を掘ったりしながら底を遊泳
群れやすさ△:ちゃんと群れさせるなら60cmぐらいの"空間"が必要
値段の目安3000円ほど
別名リアルアドルフォイ、コリドラス・アドルフォイ(リアル)

スポンサー


主な特徴

よくショップにはコリドラス・アドルフォイとして安く子コリドラスが売られていますが、それらはコリドラス・デュプリカレウスかアドルフォイとデュプリカレウスの交雑したもので種としての「Corydoras adolfoi」ではありません。

それらのコリドラスと比べて(本来の)コリドラス・アドルフォイは背中の黒バンドが細いのが特徴。

野生採取された”ワイルド”として流通しているコリドラス・アドルフォイが本来のアドルフォイであり、コリドラスに強いお店では定期的に入荷があります。
(ショップよっては”リアル”アドルフォイと表記されることも)

コリドラス・シミリスとコリドラス・アドルフォイ
コリドラス・アドルフォイ(ブリード)とコリドラス・アドルフォイ(ワイルド)養殖モノのアドルフォイとの比較

なお背バンドの太さはオスの方が太く、写真のものはメス個体になります。

アマゾンのネグロ水系に生息。

※本記事は養殖物ではないコリドラス・アドルフォイの解説記事になります。

混泳・性格

温和であり、どの熱帯魚とも混泳には向いています。

飼育ポイント・注意点

影で休むコリドラス・アドルフォイ

ショップでよーく調子を見極め、迎えてもしばらくはよく観察しながら慎重に飼育したい熱帯魚

特に入荷時というか購入時の状態はかなり大きく、ショップで落ち着いた状態の良い個体を迎えれるか否かで難易度が大きく変わります

ただ水槽に一度落ち着いてしまえば簡単な熱帯魚

水質変化にも強くコリドラス元来が持つタフさもしっかり備えているため、よほどのことが無い限りは落ちなくなります。

なお水質はネグロ川ということもあって弱酸性の方が調子が良く発色も良くなりますが、落ち着いてしまえば中性でも構いません。

(もちろん弱酸性の方が調子は良いですが、意図的に下げる場合は下げすぎと換水時のpHショックに注意)

エサ

中層を遊泳する魚と一緒にしている場合、エサをあげてもコリドラスに行き渡らないことが多いので注意

あまりエサにありつけていないなと思ったら沈下性の顆粒フードを多めに与えてみたり、専用のコリドラスフードを与えると良いでしょう。

コリドラスフード

コリドラスフードは少しずつふやけることで、他の魚がエサを奪いにくくなっているのでコミュニティタンクではオススメです。

ともあれコリドラスはタフな魚。長い間エサが少なくても全然耐えますので、まずはよく観察するのが重要です。

個人的な所感

エサを探すコリドラスたち

「コリドラスアドルフォイ」というと結構馴染み深い熱帯魚ですが、実際のところホンモノ?のアドルフォイはコリドラスファンでも無い限りは中々馴染みが無い熱帯魚だと思います。

よくアドルフォイとして売られているものはデュプリカレウスか、もしくはそれとの交雑種と思われるコリドラスで、背バンドがやっぱり太いなぁという印象です。

コリドラス・ドゥプリカレウスコリドラス・デュプリカレウス
コリドラス・アドルフォイよく見るコリドラスアドルフォイ
コリドラス・アドルフォイコリドラス・アドルフォイ

本種はアマゾン川水系のネグロ川に生息していますが、ネグロには”地肌が白くアイバンドがあって背ビレ付け根前方にオレンジスポット、背中にかけて黒いバンド”のアドルフォイ模様のコリドラスは多くいます。

  • コリドラス・アドルフォイ
  • コリドラス・デュプリカレウス
  • コリドラスニューアドルフォイ
  • コリドラス・バーゲシー
  • コリドラス・イミテーター

なんかは代表的で、いわゆる地肌白のアイバンド系ですね。
(産地違いますけどビコロール、ショートノーズスーパービコロールも地肌白のアイバンド系!)

いずれのコリドラスも入荷時というか購入時の状態で大きく飼育難易度が変わりますので、なるだけ長くいるようなヤツがベスト

なおアドルフォイは周りの環境によって色が飛ぶことがあるので、砂利は明るすぎないやや落ち着いた砂利か、もしくは日陰エリアをしっかり作ってやると良いでしょう。

ボトムサンドで色飛びしたコリドラス・アドルフォイボトムサンドで色飛びしたコリドラス・アドルフォイ
(このサンド色飛びするコリドラスは全般的に色飛びしやすい)

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!