コリドラス・カネイ(アトロペルソナータスⅡ)の特徴・飼育情報

コリドラス・カネイ
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安5cm
適応水質◎:弱酸性
○:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳砂利表面を掘ったりしながら底を遊泳
群れやすさ△:群れさせるなら45cmぐらいの広い"空間"が必要なのと、同じ種類じゃないとやや群れにくい
値段の目安1,500~2,000円
別名コリドラス アトロペルソナータスⅡ(読み:ツー)

スポンサー


主な特徴

「コリドラス・カネイ」はスポット状模様とアイバンドを持つコリドラス

背ビレ付近の頭部にほんのりと茶っぽいオレンジがかかり、背ビレおよび背ビレの付け根周りは黒くなります。

環境にもよりますが飼育下で落ち着くと体色の濃さが増し、綺麗な飴色になる傾向があります。
(写真のものは白い環境のためか身体は白めです)

コリドラス・カネイの正面顔
コリドラス・カネイを後ろ斜めから見た写真
コリドラス・シュワルツィとコリドラス・カネイ右:カネイ、左奥はシュワルツィ
2匹のコリドラスたち(右カネイ、左シュワルツィ)右がカネイ。左はシュワルツィ

種として記載される以前からアクアリウムの世界で流通しており、コリドラス・アトロペルソナータスと似た模様パターンであったことから「アトロペルソナータス2(Ⅱ)」の名前で流通していました。

後にカネイと記載されますが、現在でも「アトロペルソナータス2」の名前で販売しているところも多いです。

混泳・性格

温和であり、どの熱帯魚とも混泳には向いています。

飼育ポイント・注意点

コリドラス・カネイの顔

丈夫なコリドラスで飼育は容易です。

ただし日本で現状販売されているものは現地から採集された”ワイルドもの”でありますので、輸送によるダメージおよび販売時の状態はよく観察しておきたいところ。

エラの動きがおかしかったり色が飛んでたりなど、調子がおかしい場合は状態が良くなるのを待つのがベターです。

販売時の状態が良いものを迎えれば入門種である青コリドラスと同じくらい飼育が簡単です。

エサ

中層を遊泳する魚と一緒にしている場合、エサをあげてもコリドラスに行き渡らないことが多いので注意

あまりエサにありつけていないなと思ったら沈下性の顆粒フードを多めに与えてみたり、専用のコリドラスフードを与えると良いでしょう。

コリドラスタブレットを食べるコリドラスたちコリドラス用フードを食べるコリドラスたち

コリドラスフードは少しずつふやけることで、他の魚がエサを奪いにくくなっているのでコミュニティタンクではオススメです。

ともあれコリドラスはタフな魚。長い間エサが少なくても全然耐えますので、まずはよく観察するのが重要です。

個人的な所感

跳躍するコリドラス・カネイ

アイバンド、背ビレ前方が黒い、背ビレ付け根がやや色づく、体色のゴマシオ模様など色彩的に綺麗な要素が沢山あって、かつ価格が手頃なコリドラスとして好きな人も多い良コリドラスです。
(馴染みのマニアからはごましお系と呼ばれる)

コリドラス・アトロペルソナータスとよく似ているためアトロペルソナータス2としての流通名がありますが

  • 地色の茶色みが強い
  • スポットが細かくて多い
  • 背ビレとその付け根を中心に黒が入る
  • 背ビレ付け根前方に少しオレンジがかかる
  • 尾に模様が入る

などなど差異が沢山あってパッと見の印象が結構違うため、少し見れば間違うことはないと思います。
(まぁ入荷直後で色がぶっ飛んでるときはアトロペっぽいかな・・・??)

泳ぐコリドラス・アトロペルソナータスアトロペルソナータス
コリドラス・カネイカネイ

個人的にはこの手の模様はメラニスティウス、ブレビロ、レウコ、ロンパチとか結構沢山ある印象で、見分けがつくまでは時間がかかりました・・・・。

実際にしばらく飼ってやっとまともに見分けが付くようになったコリドラスです。

コリドラスのシュワルツィ、カネイ、ブレビロストリスと泳いでいる様子右奥がカネイ。左上はブレビロストリス。(下はシュワルツィ)

まぁ似た模様のコリドラスが沢山流通しているってことは”この手の模様は人気があるから”ということなんですよね。

これらのコリドラスを色々図鑑で見比べて、その中から気に入ったものを是非飼ってみるのがオススメ。

そうすればそれを中心として似たようなコリドラスがどんどん見分けられるようになります。

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!