水辺を身近に

ウーパールーパーのオスメスの見分け方!見分けられるサイズは?

ある程度大きくなったウーパールーパーは外見からオスメスを判別することが可能になります。

オスメスの見分け方を画像付きで説明します。

スポンサー

後ろ足付け根の膨らみでの判別

最も容易に判別できるのは後ろ足付け根の膨らみの有無です。

オスの場合

オスのウーパールーパーの後ろ足の付け根成熟したウーパールーパーのオスは後ろ足の付け根に膨らみが出てきます。いわゆるキンタマがあります。

写真の子はまだ10cmぐらいのヤングサイズなので成熟に伴いもっと膨らみは大きくなります。

メスの場合

メスのウーパールーパーの後ろ足の付け根対してメスだと後ろ足の付け根が全く膨らみません

オスは膨れてくるので容易に判別しやすいのですが、成熟していないウーパールーパーはまだ膨らむ可能性があるのでメスだと断言するのは難しいところがあります。

見分けられるサイズ

上から見たゴールデンのウーパールーパーオスだと8cmごろから膨らみが始まりますので、その時期から少しずつ雌雄の判別が可能になっていきます。

オスでも膨らむ時期は個体差があるので10cmを超えた個体であれば雌雄が判定しやすくなるでしょう。

オスでも膨らまない!?

稀にオスでも個体によってはアダルトサイズまで成長しても膨らみが全く出ない個体があります。

アダルトサイズになっても膨らまず、大人になってしばらく経ってから後ろ足付け根の膨らみが出てきたウーパールーパーもいるので注意が必要です。

オスであることを断定するのは簡単ですがメスであることを断定するには目利きが必要で、熟練者でも判断できない場合もあります。

何となくの目利き

犯人グループの隠れ家を見つけた特攻野郎こいつオスっぽくね?

ブリーダーや長い間飼育している飼育者は何となくの感覚で小さい頃から見分けることができます。

皆さんどうやって区別しているかは分かりませんが、私個人が判別しているポイントはキンタマが生えてきそうか、キンタマゾーンがあるかどうかを見ています。

オスのウーパールーパーは後ろ足の付け根と尾びれまでの間隔が長く、キンタマができるエリアがあらかじめ確保されています。
また間隔があるので尾びれが生えている角度がメスとくらべて急です。

メスのウーパールーパーの後ろ足の付け根(図付き)メスの場合
オスのウーパールーパーの後ろ足の付け根(図付き)オスの場合

先程のオスでも膨らまなかったウーパールーパーの写真を見ると後ろ足の付け根から尾びれまでの間隔が長いですね。
こういう方法でも判別することができます。

後ろ足付け根の膨らみで判別する方法と比べて、目利きが必要ですが慣れてくるとよりオスメスの判断材料が増えます

オスメスを見分けてみよう

実際に少し成長したウーパールーパーの写真を見ていってオスメスを判断してみましょう。

付け根部分を注意して見てみて下さい。

手足がかじられたウーパールーパー8cmぐらいのウーパールーパーです。
後ろ足の付け根と尾びれまでの間隔が広くキンタマゾーンがありますし、やや膨れています。
かなりの確率でオスです。
一週間後のウーパールーパー、横から7cmぐらいの子です。この子はメスっぽいです。
最低8cmぐらいはないと見分けが付きませんね(後にメスと判明しました)
斜め後ろからみたアンダーソンサラマンダー8cmぐらいの子です。
この子も多分メス・・。ほぼ間違い無いです。
(※近縁種のアンダーソンサラマンダーです)
9cmぐらいの子です。この子はメスっぽいです。
尾びれが生えている角度が急で膨らみのようなものもみえますが、キンタマゾーンがありません。(後にメスでした)

おわりに、所感

ウーパールーパーの雌雄の見分け方をまとめますね。

  • 後ろ足の付け根が膨らめばオス
  • アダルトになっても後ろ足付け根が膨らまないのであればメスの可能性が高い
  • 8cmぐらいから少しずつ見分けられるようになり、10cmを超えると判断しやすい
  • オスでもしばらくは膨らまない子もいて100%の判別はできない
  • 後ろ足と尾びれの間隔でも見分けることができるが、目利きが必要

コツがつかめてくれば何となくオスっぽい、メスっぽいが分かるようになるのでショップに並んだウーパールーパーを見るのも楽しくなりますよ!

ご参考に慣れば幸いです( ˘ω˘ )

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!