アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ウーパールーパーの寿命は何年?長生きさせるコツなど

水面を見上げるゴールデンのウーパールーパー

ウーパールーパーは意外と長生きなペット。

しかしながら天寿を全うさせる人は少なく、短命に終わってしまうのがほとんど。

そんなウーパールーパーについて、通常の寿命、何故短命なのか、そして寿命を伸ばすポイントを解説していきます。

スポンサー

寿命、天寿

神々しい雲と天使のはしごウーパールーパーは正しく飼えば10年以上の寿命になります。

長いものでは20年も生きることがあり、海外の飼育書には「12年~20年」としているものも。
※Keeping Axolotls(著:Linda Adkins)P6に記載

実際の平均寿命

しかしながら日本で飼育されているウーパールーパーの寿命は体感2~3年ほどと非常に短め。

多くの飼育者はウーパールーパーに無理をさせて寿命を減らしてしまっているのです。

長く生きられない理由

とぼけたウーパールーパーウーパールーパーの寿命を減らす要因として、一番は「濾過不足」、次に「高水温」が理由になっています。

濾過不足

投げ込み式フィルター水を汚す量はフンの量に比例しますが、魚と比べてウーパールーパーは何倍にも水を汚してしまいます。

つまりそれに対応したフィルターが必要になるわけですが、多くの飼育者が投げ込み式フィルターや外掛け式フィルターなどの簡易フィルターで飼育しています。

小さい頃はそれで良いのですが大きくなればキャパシティオーバー

大きなウーパールーパーの排泄に対応するためには強力な外部式フィルターを使用すべきで、最低でも上部式フィルター程度は欲しいところです。

関連:濾過の仕組みを知ってウーパールーパーの寿命を伸ばそう

高水温

31.2度を示す水槽用クーラー付属の水温計ウーパールーパーが生息している場所は最も暑くて26度・一番寒くて5度であり、ヒンヤリした地域です。

対して日本では最も暑い季節で30度超えがあり、ウーパールーパーには暑すぎる気候なのです。

設置しやすい安価なクーラーファンでは下がっても1度程度。

より長生きさせようと思った場合、水槽用クーラーの設置、または部屋のクーラーが不可欠です。

水族館で20年生きたというエピソードが聞かれるのも、高温に対してしっかり対策されているからでしょう。

結露しているウーパールーパーの水槽(鳥羽水族館)鳥羽水族館の展示水槽。
夏場にきたところ水が冷やされており結露だらけだった。
複数飼育されているウーパールーパー志摩マリンランドの展示水槽。
すぐ近くに冷水性のタツノオトシゴがいて、部屋ごと冷やされていた。

長生きさせるコツ

寿命を減らす要因が分かれば、ウーパールーパーを長生きさせるポイントが見えてきます。

簡単に言うと「水を綺麗に保つ」ことと「高水温を避ける」、この2点が全てです。

強力なフィルターの設置

外部式フィルター(テトラVX)投げ込み式や外掛け式フィルターのみで健康に維持できるのは小さいウパまで。

大人のウーパールーパーに適したフィルターは外部式フィルター、次点で上部式フィルターです。

上部式フィルターは外部式に比べて能力が劣るというのもありますが、流量の調節ができず、水槽用クーラーを設置する際も接続することができないため可能ならば外部式フィルターがオススメです。

高頻度の水換えでカバーする?

投げ込み式や外掛け式フィルターを用いたまま水換え頻度を上げてカバーする方法もあります。

が、その場合毎日の水換えが必要になってくるため労力が高く、オススメはしません。

関連:濾過の仕組みを知ってウーパールーパーの寿命を伸ばそう

適切な水換え

水換え中のウーパールーパー水槽強力なフィルターを設置したからといって水換えが不要になるわけではありません

詳しい原理は割愛しますが、フィルターはフンを低毒素化するもので溜まった毒素は水換えによって排出することが不可欠です。

上昇する毒素濃度は水槽サイズと匹数によって変わってきますが、一週間に1度1/2程度が目安です。

水換え原理についてはコチラ:水槽の水を綺麗に保つ仕組み。アクアリウムの基本を学ぼう。

適切な水槽サイズの設置

60cmハイタイプの水槽毎日水を取り換えている場合でも水槽サイズが小さければダメージにつながります。

水槽サイズが小さければ排泄を行った時に、毒素濃度が爆上がりするためです。

一週間に一度程度の水換えなら大人のウーパールーパーには45cm水槽が欲しいところです。

大きな水槽であれば排泄を行っても毒素濃度があまり上がらないため、強力なフィルターの代わりに一回り大きな水槽(60cmに1匹とか)にするのも手です。

勿論大きな水槽+強力なフィルターがベストではありますね。

水槽用クーラーの設置

水槽用クーラー夏場の高水温対策には水槽用クーラーがベストです。

安価な熱帯魚用のクーラーファンでは1度程度しか下がらないのでウーパールーパーに適した水温である20度以下にすることができません。

部屋のクーラーでも良いのですが、場所によってはあまり下がりませんし夏場に20度を保つようにすると飼育者が「寒っ!」というレベルです。

何台も水槽があれば別ですが、水中クーラーが長い目で見ればオススメです。

別途モーターが必要なためモーターも兼ねて外部式フィルターと併用すると良いでしょう。

まとめ、個人的な所感

水面を見上げるゴールデンのウーパールーパー日本ではウーパールーパーが簡単に手に入るためないがしろにされやすく、残念なことに正しく飼育している飼育者は少ないのが現状です。

大きなウーパールーパーは小さなフィルターでは濾過不足。
小さな魚とウーパールーパーでは排泄量が比べ物になりません。

水中クーラーは高いので、まずは外部式フィルターの設置がオススメです。

小さなフィルターでは毎日の換水が必要になることを認識しましょう。

ウーパールーパーを長生きさせるために必要なのは愛情だけじゃなく飼育設備を、です。
どれだけ愛情をかけても負担は表情に現れないのですから。

次はこちらの記事がオススメ:濾過の仕組みを知ってウーパールーパーの寿命を伸ばそう

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

投げ込み式フィルター

ウーパールーパーに適したフィルターは?必要性や種類、オススメなど

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg