水辺を身近に

カルキ抜きは何秒でカルキが抜ける?検証してみた!

「市販のカルキ抜きは投入してから、どれぐらいでカルキが抜けるの?」

市販のカルキ抜きには「即効性」と書かれてますが、実験してどれぐらい即効性があるのか確認してみました!

スポンサー

カルキ抜きが溶ける時間は?

水が入ったバケツ結論から言えば、カルキ抜きを入れたのち数秒~5秒ほどしっかり混ぜればカルキこと塩素は中和されています

中和は数秒程度あれば十分なのですが、不安なら5秒も混ぜれば完璧です。

少し時間が必要な気がしますが待つ必要は無いです。規定量入れてしっかり混ぜさえすればOK。

実証した内容

柴田科学の残留塩素測定器水道水の塩素を測る、残留塩素測定試薬を使って測定しました。

使ったのは「柴田化学 残留塩素測定試薬」。

試験薬と被検体である水を混ぜ、塩素があれば赤く発色します。

まず水道水で試してみましたがこの通り。

水道水に含まれる塩素

ではカルキ抜きを使って、検証していきます。

良い忘れそうになりましたが、使ったカルキ抜きはキョーリンの安いやつです。(液体タイプ)

いつも通りカルキ抜きしてみる

まずはいつもの通りカルキ抜きしてみます。
いつもサッと済ましてますが、これで塩素反応があれば最悪です(´・ω・`)。

8Lほどバケツに水道水を入れカルキ抜きを投与、そして数秒手でかき混ぜたものを試薬と混ぜてみます。
すると・・・

真っ白な試験ビン

真っ白になりました!

いつものカルキ抜き方法だと問題ないみたいでホッと一息。そりゃそうだ。

次は時間を短くして、どれぐらい楽できるのかをチェックしていきます。

カルキ抜きを入れて、1秒間混ぜた場合

カルキ抜きを入れて、1秒間必死に手で混ぜ合わせたものをチェックします。

個人的にはこんなに簡単で大丈夫か?と思いつつ測ってみると・・・。

水道水にカルキ抜きを入れて1秒かきまぜて測った残留塩素

一瞬「おっ!」と思いましたがほんのすこーしピンクがかっているのが分かりますでしょうか。

0とはいきませんが、ほとんど中和されているということが判明。

これぐらいでほとんど中和されているのですから、全部混ざるように混ぜさえしてれば神経質に待つ必要は全く無いと言えます。

まとめ、個人的な所感

水道水と塩素除去剤実証の結果、1秒ぐらいしか混ぜなくてもカルキはほとんど中和されていることが分かりました。

そのためカルキ抜きを使うポイントとしては、しっかり混ぜさえすればカルキはしっかり抜けている、神経質に待つ必要は無いということです。

私はいつも数秒ぐらい「えいえいえいえいっ・・・etc」と混ぜているのですが、それぐらいなら十分ということが分かりました。

ホンマに抜けてるんかな?とふと不安になりましたが、神経質になる必要は全く無いようです。

関連金魚のために水道水からカルキ(塩素)を除去する方法一覧!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

表示中のカテゴリー

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!