アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

1日汲み置くだけでは水道水のカルキは消えない?検証してみた!

野外に汲み置いたバケツ

水道水には魚に有毒なカルキこと塩素が含まれています。

カルキ抜きを除去する方法として「1日バケツに置いておけば良い」という方法が言われてますが、実際にカルキが除去されるのか気になったので、測定して調べてみました!

スポンサー

使ったツール

柴田科学の残留塩素測定器塩素を測定するツールとして「柴田化学 残留塩素測定試薬」を使用しました。

使い切りの粉末になっていて、別途測定器で数値を読み取って使用するタイプです。

今回は塩素の有無を調べるだけなので、測定器は使っていません。薬剤のみです。

手始めに水道水で試してみましたが、ご覧の通り赤くなりました。
検出されない場合は色づきません。

水道水をシリンジで吸い出している様子シリンジで規定量取り・・・
水道水に含まれる塩素水道水は塩素が検出

検証の様子!

野外に汲み置いたバケツそれでは実際に検証していきましょう。

バケツに水道水を4Lほど入れて、屋外に出しておきます。

ちなみに、直射日光はほとんどあたらない場所です。

さて1日経って残留塩素を測定してみます。結果は・・・。

野外に汲み置いて1日後の塩素

ご覧の通りピンク。つまり・・・、抜けていません・・。

1日野外に放置しただけではカルキは抜けないことが分かりました。

何日でカルキが抜けるのか検証!

砂時計の画像とはいえ薄くなっているのは事実なので、ある程度飛んでいるようです。

じゃあ何日でカルキが飛ぶのかを検証してみます。

1日半後

野外に汲み置いて1日半後の塩素薄くなっていますが、ほんのりピンク。

まだカルキは残っています。

2日後

真っ白な試験ビン白くなりました!

どうやらカルキは2日間で抜けるようです。

  • バケツに汲み置きする場合はカルキが抜けるまで丸2日間必要だった!

室内でも抜けるか検証してみた!

野外に放置していたバケツに浮くゴミ野外にバケツを放置して気になったことがあります。

きったねぇゴミが水面に浮いており、意外とゴミが飛んでくる。こと。
住宅街なのですが、正直あんまり使いたいと思いません。

というか「直射日光があたらないんだったら外も室内も同じなんじゃないか?」と。

なので室内でも検証してみることにしました。およそ20度ぐらいの部屋です。

1日経過

汲み置いた水道水を室内で1日経って、塩素を計測したもの薄くなっています。

どうやら室内でもいけそうです。

1日半経過

汲み置いた水道水を室内で1日半経って、塩素を計測したものありゃ?こっちの方が早くカルキが除去されました。

屋外に比べて室内は暖房が入っているので、それが影響して揮発(蒸発)されやすくなったのかと思います。

とはいえ室内に汲み置きしてもカルキは除去できるということが分かりました!

  • 別に室内に汲み置いてもカルキは除去できる

まとめ、個人的な所感

野外に汲み置いたバケツ放置してカルキを除去する方法について、検証した結果をまとめます!

  • 直射日光にしっかりあてないと1日放置してもカルキは抜けない
  • 直射日光にあてない場合、最低でも2日間放置する必要がある
  • 外であろうが室内であろうが、関係無くカルキは揮発する

「バケツに水道水を入れて1日放置すれば良い」というのは意外にも間違った情報でした。

直射日光をあてればOKとか言いますけど、実際直射日光ずっとあてれる人って田舎か裕福な金持ちですよね。
一般人には厳しい条件だと思います。

放置する場所についてですが断然室内がオススメ。
屋外だとゴミとか舞ってくるのできったねぇです。

屋内で2日放置する」これでカルキを除去することが可能です。

身も蓋もないコトを言えば市販のカルキ抜きがオススメですけどネ(¬з¬)

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アクアリウム共通

記事ランダムピックアップ

エサを食べている金魚

旅行時の金魚はどうすれば良い?長期留守の正しい対処法!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg