アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

初心者にオススメしたい丈夫で綺麗な海水魚の種類、5選!

カクレクマノミ

「海水魚を始めたいけどどれが簡単に飼えるの?」

ショップでは多くの海水魚があり何がなんだか分からないと思います。

そこで新しく海水水槽を始めようとする、または始めたばかりの初心者に【丈夫】、【綺麗や可愛いなど魅力ある】、【小さく小型水槽でも飼える】、【安い】を念頭にオススメの海水魚をピックアップしてみました!

スポンサー

小型スズメダイ類

水槽を遊泳するシリキルリスズメダイシリキルリスズメダイ

まず最初にオススメするのは「シリキルリスズメダイ」、「ヨスジリュウキュウスズメダイ」、「ロイヤルデムワーゼル」、「スプリンガーズダムセル」などの最も小型のスズメダイ類です。

これらは大きく成長しても最大5cmほどと小型で見た目がとても鮮やかでとても綺麗な海水魚たちです。

小型スズメダイはとても丈夫で病気にもかかりづらく環境にも馴染みやすいため海水魚の入門種として非常にオススメの海水魚です。

食事に対しても貪欲で飢餓にも強いため餌付けや好む餌のタイプなど、餌やりに関しては全く苦労しません。

ヨスジリュウキュウスズメダイヨスジリュウキュウスズメダイ
スプリンガーズダムセルスプリンガーズダムセル

やや大きくなる小型スズメダイもオススメ

デバスズメダイデバスズメダイ

ルリスズメダイ(コバルトスズメダイ)」、「ミスジリュウキュウスズメダイ」、「デバスズメダイ」も小型スズメダイのグループでオススメです。

こちらは成長すると大きさが8cmほどになり先ほど紹介した最も小型のスズメダイの仲間より3cmほど大きくなってはしまいますが、同様に丈夫で病気にかかりづらく飼いやすい性質があり、オススメの海水魚です。

特にデバスズメダイは群れで泳ぐ性質があり、性格が温和なため定番の海水魚です。

後述するハタタゼハゼと一緒に飼う場合は温和なデバスズメダイの方が相性が良いでしょう。

ルリスズメダイルリスズメダイ
ミスジリュウキュウスズメダイミスジリュウキュウスズメダイ

スズメダイはケンカしやすいことに注意

デバスズメダイデバスズメダイは例外的に温和

オススメの小型スズメダイですが一点だけ欠点があります。

それは「気が強い」ことです。

他の魚にちょっかいをかけたり、餌をとられまいと他の魚を追い出すような行動をとります。
そのため気弱な魚との同居には向いていません

特に大きく成長してくるとこの性格が顕著にでます。

気が強いことは逆に言えば威嚇され、追いまわされることには慣れているため、ケンカに負けてもビビって餌を食べにこれないことが無いともいえます。

例外的にデバスズメダイはとても温和な海水魚のため臆病な魚とも同居(混泳)させることができます。

ハタタテハゼ

ハタタテハゼ2番目にオススメするのは「ハタタテハゼ」です。

やや体力が無いためこのオススメ5選に入れるか迷ったのですが初心者にも十分飼えるぐらいの丈夫さはありますのでピックアップしました。

体のグラデーションがとても鮮やかで、体系も愛嬌ありとても人気のある海水魚です。

こちらも定番の海水魚で先述した小型スズメダイには遥かに及びませんが丈夫で安価です。

同種同士で喧嘩する性質があるため小さな水槽では1匹までとしましょう。

臆病な性格に注意

ハタタテハゼハタタテハゼは臆病な性質があり、他の魚に追いまわされたり威嚇されたりすると隠れて出てこなくなってしまうことがあります。

隠れてでてこなくなると餌を食べにこなかったり、食欲が落ちて痩せてしまったりするため気の強いスズメダイなどの海水魚との同居(混泳)には向いていません。

ハタタテハゼを飼育する場合は水槽を温和な海水魚でまとめるようにしましょう。

水槽の蓋は必ず必要

ハタタテハゼハタタテハゼは驚いた拍子に猛スピードで逃げ回り、ジャンプすることがあります。

深さのある大きな水槽だと飛び出すことはあまりないのですが小さな水槽だと間違いなくジャンプが発生します。

飛び出しによる事故がとても多い海水魚ですので水槽の蓋は必ずするようにしましょう。

隙間が空いていた場合はそこから飛び出すことも良くありますので、ネットなどで隙間をふさぐようにすると良いでしょう。

共生ハゼ

ハタタテネジリンボウ3番目にオススメするのは共生ハゼの仲間です。

具体的にいうと「ハタタテネジリンボウ(ヒレナガネジリンボウ)」、「ギンガハゼ」などの種類が安価で入手しやすい共生ハゼでオススメです。

共生ハゼは巣穴を作るエビと一緒に生活する共生という珍しい特徴を持っています。

エビが作った巣穴を使わせてもらう代わりに目の悪いエビに代わって見張るというエビとWIN-WINの関係になっています。

水槽内でもエビと共生する様子を楽しめるためオススメの海水魚です。

またこれらの共生ハゼは病気にとても強いこともオススメの理由です。

YOUTUBEで動画をあげられている方がいましたので紹介します。

共生するエビ

ハタタテネジリンボウ共生ハゼは種類ごとに共生するエビの種類が決まっています。

「ハタタテネジリンボウ」は「ランドールズピストルシュリンプ」と仲良しです。

「ギンガハゼ」は「ニシキテッポウエビ」や「コシジロテッポウエビ」と共生します。

小型ブレニー

テールスポットブレニー4番目にオススメするのは「テールスポットブレニー」、「スマイリーブレニー(イシガキカエルウオ)」などの小型ブレニー類です。

海水水槽を維持しているとコケや藻が生えてきて美観を損ねてしまいますが、小型ブレニー類は草食性が強く水槽内に生えてきた藻やコケをよく食べてくれます

見た目も愛嬌があり水槽内をあちこち移動してコケを食べて回り、ホバリングする様子はマスコット的な可愛さがあります。

病気にも強く丈夫なため自身を持ってオススメできる海水魚です。

イシガキカエルウオイシガキカエルウオ(スマイリーブレニー)
ツースポットブレニーツースポットブレニー

ブレニー類は1つの水槽に1匹まで

テールスポットブレニーとカクレクマノミブレニー類やギンポ、カエルウオの仲間は同種同士で激しく争う性質を持っています。
死ぬまで争うこともあるほどです。

自然と生えてくる藻を食べている以上、テリトリーを許してしまうと食べつくされて自分の食べる分がなくなってしまうからです。

そのため同種同士はもちろんのこと同じ性質やよく似た形をしたブレニーの仲間とは一緒の水槽に入れることができません。

ブレニー類は必ず1つの水槽に1匹までとしましょう。

他魚には無関心なため上記を守れば混泳には向いた海水魚です。


カクレクマノミ

カクレクマノミ最後にオススメするのはカクレクマノミです。

クネクネした独自の泳ぎ方とイソギンチャクに入る様子はとても愛嬌があり、見た目もオレンジストライプで綺麗なとても魅力ある海水魚です。

やや病気にかかりやすい性質がありますが基本的には丈夫な海水魚で、初心者でも十分飼うことができます。

病気にかかってしまった場合は飼育環境を見直す良い機会なので、やや難易度が高い分飼育に対する知識は深まりやすいのでそれはそれでビギナーに丁度良い海水魚です。

クマノミ類は愛嬌があってとても人気の海水魚ですがやや大きくなる種類が多くカクレクマノミは8cmほどと最も小型のクマノミになります。

ほかにも「ハナビラクマノミ」が同様に8cmほどの小型のクマノミでこちらもオススメの海水魚ですが、タイミングが良くないと入手が難しいためピックアップから外しました。

イソギンチャクの飼育はハードルが高め

センジュイソギンチャクに寄り添うカクレクマノミイソギンチャクに入る様子が可愛いためイソギンチャクも用意してあげたいと思うもの。

しかしながらイソギンチャクの飼育には海水魚を飼育するよりも更に綺麗な水が求められ、またしっかりとした照明が必要になってくるため高価な設備が必要になります。

特に高水温に弱いため夏場は水槽用クーラーを設置する必要がありますが、安いものでも3万円ほどとイソギンチャクの飼育にはハードルがあります。

イソギンチャクが無くても飼育には全く問題はないので最初のうちはイソギンチャク無しの飼育をオススメします。

クマノミ飼っててイソギンチャク入れてる人の方が少ないく、ベテランですらあえてイソギンチャクを入れていない人も多くいます。

カクレクマノミの種類

トランペットコーラルとカクレクマノミ通常のタイプとブラックオセラリス

カクレクマノミにはいくつか種類のバリエーションがあります。

黒いタイプの「ブラックオセラリス」、白いバンドが広い「スノーフレークオニキス」、真っ黒の「ミッドナイト」、白い「プラチナオニキス」など様々なバリエーションがあります。

値段は高くなりますが2匹目は異なったタイプで楽しむのも面白いでしょう。

カクレクマノミとして売られているものでも産地や個体によって黄色いもの、オレンジのもの、赤いものなど体色にはバリエーションがありますので入荷ごとやショップごとに違いを探してみても楽しめます。

カクレクマノミやや黄色いカクレクマノミ

おわりに

テールスポットブレニーとカクレクマノミ個人的に一番のオススメは「小型スズメダイ」です。
気が強いというデメリットはネックですが丈夫さがダントツで強健そのもの。失敗がありません。

あとは「小型ブレニー」も割とオススメな海水魚でコケ取りとしてのスゴイ働いてくれる上に、他種には温和で他種からの攻撃対象にもならないため1水槽に1匹は入れたい海水魚です。

といってもピックアップした5種類の海水魚はどれも丈夫な部類に属しているので初心者にオススメの海水魚たちですよ!

組み合わせてみても楽しいですネ!

オススメしといてなんですが、せっかくの海水魚飼育、自分が「飼いたい!」と思った海水魚を飼育するのが一番です!

この記事を見た人にオススメ!:


LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ウーパールーパーの色、種類バリエーション一覧。人気のカラーは!?

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー