アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

マンジュウイシモチの飼育情報。大きさ、混泳、飼育ポイントなど

マンジュウイシモチ

マンジュウイシモチはパステル模様が可愛い小型の海水魚です。

大きさや性格、混泳について、飼育難易度と飼育のポイントなどを解説していきます。

スポンサー

大きさ、性格などの特徴

マンジュウイシモチマンジュウイシモチは最大8cmほどに成長するイシモチの仲間ですが、成長が遅いので小さいまま水槽で楽しめる海水魚です。

大きく成長させるには大きな水槽が必要で、水族館などでしか見ることが出来ないくらいです。

見た目がパジャマのように可愛い海水魚なので海外ではパジャマ・カーディナルとも呼ばれています。

性格・遊泳

群れで整列して泳ぐプテラポゴン・カウデルニィ画像は同じイシモチ仲間のプテラポゴン・カウデルニィ

広い空間で留まるように遊泳します。

イシモチの仲間は群れで泳ぐ性質があり、複数匹泳がせるとより魅力を引き出すことができます。

海水魚にはライブロックに隠れて出てこないのもいますが、マンジュウイシモチは堂々と広い空間で泳ぐので非常に鑑賞に向いた海水魚と言えます。

値段

600円~1500円ほどで販売されています。

飼育の難しさ

マンジュウイシモチは丈夫な海水魚。

まぁまぁ病気にも強いので初心者でも飼うのは簡単です。

混泳:他の海水魚、サンゴとの相性

タツノオトシゴとマンジュウイシモチマンジュウイシモチは温和なイシモチの仲間であり、とても温和です。

他の海水魚にちょっかいをかけることは一切なく、どのような海水魚とも組み合わせることができます。

同種も基本的に大丈夫なのですが、オスメスのペアが成立してしまった場合に限り、他のマンジュウイシモチを追い払おうとするので注意して下さい。

サンゴとの相性

サンゴをつついたり乗っかったりしないため全く問題ありません

飼育のポイント

マンジュウイシモチ水槽に入れる匹数は2匹以下または4匹以上にして、3匹は避けて下さい

オスメスが揃えば結構ペアになりやすいのですが、3匹だと1匹がハブられてしまい衰弱してしまうためです。

そのほかは特に気にする必要は無く、非常に飼いやすい海水魚だと思います。

まとめ、個人的な所感

マンジュウイシモチパジャマ模様が可愛いイシモチの仲間です。

イシモチは1匹で飼うよりかは複数匹飼うのが王道。

最大体長を見ると8cmと結構大きくなるなー・・とお考えだと思います。
ですが淡水魚と比べて海水魚は成長速度はかなり遅く、半年たっても違いが分からないこともあるほど。

多分大きくするためにはかなり大きい水槽が必要なのではと。

飼うのも簡単ですし性格も温和なので、気になってるのであれば是非お迎えして欲しい海水魚ですね。

こちらもオススメ:カクレクマノミと混泳相性が良いオススメの海水魚!【初心者向け】

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

マンダリンフィッシュ

マンダリンフィッシュの飼育情報。大きさ、混泳、飼育ポイントなど

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg