水辺を身近に

【中型】人気エアーポンプを一括比較!オススメの製品とか!

中型~複数水槽向けで人気のエアーポンプをまとめて紹介するとともに、”実際に買って”比較してみました!

パワーはもちろんのこと実際に騒音を測ってみたり、使い勝手などいくつかの視点でそれぞれ考察していきます。

スポンサー

比較した製品

まず今回比較するエアーポンプを紹介していきます。

どれも定番の製品たちをセレクトしたのでこの中から選んだら間違いはないハズ!
(※中型~大型水槽向け・複数水槽用のエアーポンプになります)

水作 水心2S

水作のエアーポンプ「水心 2S」本体を持った様子

エアーポンプで最も人気あるブランドが「水作の水心」。

非常に静かでパワーも十分ということもあってエアーポンプならとりあえず水心という人も多い大定番ブランドです。

「水心 2S」はそのシリーズで一番上のモデルになります。

エアーポンプなら「水心」が一番人気だネ!
ロボうぱ

ニッソー サイレントβ-120

「ニッソー サイレント β-120」

水槽用品として古くから親しまれた会社といえば「ニッソー」ですが、今の代表的なエアーポンプが「サイレントβ120」。

パッケージには”静かさの極み”とあるように静音性を重視して作られたモデルのようで、評判もすこぶる良い製品です。

またエアー排出口が2口ついており、複数水槽や別々の機器が分岐なしで使えるのも嬉しいポイント。

水槽用品と言えばニッソーだネ!
ロボうぱ

GEX e-AIR 6000WB

GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」、本体

GEX から発売されている「e-AIR」シリーズもよく親しまれているエアーポンプブランドです。

水槽セットやろ材セットによく「e-AIR 1000SB」が付いているので、持っている人は多いハズ。

「6000WB」はそのシリーズモデルで、複数水槽にも使えるパワーはモチロンのことエアー排出口が2つ付いてる使い勝手の良い製品です。

これも定番のシリーズだネ!見た人は多いハズ!
ロボうぱ

ニチドウ ノンノイズW1000

「ノンノイズ W1000」本体

ニチドウから発売されている「ノンノイズ」シリーズもエアーポンプとしてはよく見る製品です。

ノンノイズという商品名の通り静音性を重視したモデルで、評判もそこそこよく使っている人は多いハズ。

「W1000」はノンノイズのハイパワーモデルで、排出口も2つ付いてる高スペックモデルになります。

ノンノイズもエアーポンプ売り場によく並んでる定番商品だネ!
ロボうぱ

各製品のスペック表

まずざっと各製品のスペックを表にしてみました。

モデル 排出量(L/m) 消費電力(W) 口数
水作
水心2S
3.5 3.5(50Hz)
3.0(60Hz)
1
NISSO
サイレント120-β
5.2(50Hz)
3.4(60Hz)
2.9(50Hz)
2.4(60Hz)
2
GEX
6000WB
2.5 2.7(50Hz)
2.6(60Hz)
2
ノンノイズW1000 4.0(50Hz)
2.5(60Hz)
3.5(50Hz)
3.2(60Hz)
2

「水心 2S」だけ排出口が1口ですが、その分排出量が大きいですね。

表には書きませんでしたがどのモデルにも流量調節機能があります。(ただし全部共通で2口ごとに設定はできない)

それではそれぞれ詳しく見ていきます。

価格

万札4枚の画像

ネット(AMAZONと楽天)での価格をざっと調べてきましたがおよそ以下の通り。

水心2S     :2,800円
サイレント120-β :1,700円
6000WB    :1,800円
W1000     :2,900円

サイレント120βと6000WBが同じぐらいなのに対し、他2つはひとふた回りも高い印象を受けます。

どちらも後述する排出量はそこまで差がないので割高感を感じるトコロ。
(しかも水心にいたっては排出口が1つだけ)

値段相応の静音性に期待したいですね。

水心2SとノンノイズW1000はちょっと高い!
ロボうぱ

エアー排出量

エアー排出量の表記のスペックは以下の通り。

製品 排出量(L/m) 口数
水心2S 3.5 1
サイレント120-β 5.2(50Hz)
3.4(60Hz)
2
6000WB 2.5 2
W1000 4.0(50Hz)
2.5(60Hz)
2

排出口を合算すると水心2S:3.5L/m、サイレント120β:7L/m、6000WB:5L/m、W1000:5L/m。(60Hz)

一番良さそうなのは「サイレント120-β」で、更に50Hzでみればもっと性能が高くなります。(10.4L/m

価格が高いということもあって水心はちょっと物足りない感じがしますね。

せっかく手元にマシンがあるので実際に排出して確認してみました。

GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」、単純流量こんな感じでそれぞれ見ていきます

水心2S

まずは「水心2S」の排出量がコチラ。

水作のエアーポンプ「水心 2S」流量MAX時の排出量
水作のエアーポンプ「水心 2S」エアーストーンと投げ込み式フィルター接続時1台でこれだけ使える

3.5L/mということもありバコバコ強力に泡が出ますね。

小さなエアーポンプには無いパワフルさで、投げ込み式フィルターなら3~4ぐらい繋げてもバッチリ使えるパワーがあります。
(繋げてるのはロカボーイSと水作エイトSです)

2口タイプではないものこれぐらいあれば十分では?と感じるほどです。

サイレント120-β

次は同様に「ニッソーのサイレント120-β」を繋げてみます。

「ニッソー サイレント β-120」排出量
「ニッソー サイレント β-120」、投げ込み式フィルターとエアーストーンをそれぞれ2つずつ繋いだ場合の流量分岐して繋いでみた

メーカー表記値は水心が3.5L/mに対し、サイレント120-βは3.4L/mなのでほぼ変わらないハズなんですが実際は水心の方がずっとパワフルでした。

ただこっちはダブル排出口なので、トータルでみるとこちらの方が排出量は大きいように感じます。

投込み式フィルターなら1口に2台ずつ繋げて4台バッチリ使えるくらい。使う人の感じ方によってはまだまだ繋げれるレベルだと思います。
(私は水流バコバコ起こすのが好きなので・・・)

しかもこれは60Hzの場合。50Hzなら5.2L/mと1.5倍ぐらいのパワーになるようなので、東日本ならもっとパワーが出るみたいです・・・!

6000WB

次は「GEXのe-AIR 6000WB」を繋げてみます。

GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」、単純流量
GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」、投げ込み式フィルターとエアーストーンをそれぞれ2つずつ繋いだ場合の流量劣ると言えば劣るけど大差はない

メーカー表記が2.5L/mなので劣るかな?と思ってたんですが、実際はサイレントβ-120より僅かに低いかな?と思うくらいであんまり差はありませんでした。(60Hz)

投げ込み式フィルターなら1口に2台ずつ繋げて4台が普通に使える感じですが、個人的には4台に繋ぐならもう少し欲しいくらいかな?と思います。
(水流起こすの好きなので!)

W1000

次は「ニチドウのノンノイズW1000」。

「ノンノイズ W1000」流量MAXでのパワー
「ノンノイズ W1000」でのエアーレーションまぁやや劣るかな?

メーカー表記は2.5L/mなのでこちらも少ないのかな?と思っていましたが、実際無負荷時はサイレントβ-120と同じぐらいでパワフルです。(60Hz)

ただエアーストーン類を接続するとサイレントβ120より明らかに劣るようになり、GEXのe-AIRと同じくらいかなぁ?といった印象。

個人的にはもう少しほしいかな?と思うものの、同じく投込み式フィルターなら1口2台繋げて4台普通に繋げるレベルだと思います。

あとこれは60Hzの場合なので50Hzになれば更に流量がアップするようですね!(2.5→4.0!)

水心2Sだけ1口だけどその分だいぶ強い泡が出るネ!
あとの3つは大体同じでサイレントβがちょい高いぐらいかナ!?※60Hz
ロボうぱ

消費電力

次は消費電力に着目してみます。

モデル 排出量(L/m) 消費電力(W)
水作
水心2S
3.5 3.5(50Hz)
3.0(60Hz)
NISSO
サイレント120-β
5.2✕2(50Hz)
3.4✕2(60Hz)
2.9(50Hz)
2.4(60Hz)
GEX
6000WB
2.5✕2 2.7(50Hz)
2.6(60Hz)
ニチドウ
ノンノイズW1000
2.5✕2 3.5(50Hz)
3.2(60Hz)

電気代の目安は1Wあたり月20円くらい
(24時間、27円/1kwhの時)

単純に消費電力で見ると「水心2S」「ノンノイズW1000」がお金がかかり、60Hzなら2.4Wでサイレント-βが一番低く、50Hzなら2.7Wの6000WBが一番低いです。

60Hzの場合:水心2S:3.0W、120β:2.4W、6000WB:2.6W、W1000:3.2W
50Hzの場合:水心2S:3.5W、120β:2.9W、6000WB:2.7W、W1000:3.5W

水心2Sが1口しかない割に電力効率が悪いように思いますが、実際に使ってみるとかなりパワフルだったので単純に最大パワーに比例しているのかなと思います。

浅い水槽で使ったり、負荷をかけないのであれば水心を選ぶよりその他を選ぶほうが良さそうですね。

ただ電力効率で言うと50Hz時のサイレント120βが2.9Wで合計10.4L/mとかなり効率が良いのは見逃せないポイントではないでしょうか?
(60Hz時の実際の排出量は6000WBとあまり変わりませんでしたが・・)

とはいえ0.5W変わっても月10円ホド!あまり考えすぎないようにネ!
ロボうぱ

静音性

騒音計でエアーポンプの動作音を測定した環境

やっぱりエアーポンプというと静音性が気になるもの!

上の写真の通り、騒音計をセットしてそれぞれ実際に測定しつつ、横に倒して共振させたりして音をチェックしていきました。

※エアーの排気音「ブシュー」は拾わないように長いコードで遠いところにエアーを流しています。

40dB:静かな図書館
50dB:静かなオフィス
60dB:静かな乗用車
70dB:騒がしいオフィス らしいです!

水心2S

まずは静音性で大人気の「水心2S」から測定します。

「水作の水心2S」の騒音計で音量測定57.5dB
水作のエアーポンプ「水心 2S」横にし倒したときの音を測定52.1dB

普通におくと57.5dBで、横に置いたりすると52.5dB。

どうやら本体側面の方から音がするみたいで横に置くとマイクの向きからズレるため数値が低くなるみたいです。

静音性を期待していましたが「まぁこんなもんかな?」といったところでしょうか。

ただ横に置いても裏返しても共振音が鳴ることはなく、どんな置き方をしても「ブィィイン!!」と伝わらないのは非常に良いポイントでした。

サイレント120-β

次は「ニッソーのサイレント120-β」。

「ニッソー サイレント β-120」騒音計で音量をチェックしている様子52.6dB
「ニッソー サイレント β-120」騒音計で音量をチェックしている様子(横置き)54.4dB

通常時52.6dB水心より静かな結果にΣ(゚Д゚;)。

実際の聞こえ方についても水心の方が動作音が大きいのがハッキリ分かるほど。

加えて横に倒しても仰向けに置いても共振することが一切なく、水心より静音性が優れているということが分かりました。
(意外・・・)

※★後日追記

しばらく使っていたら「ヴー・・・」というエアーポンプ特有の音がなるようになってしまい、他のエアーポンプより音が大きくなりました

個体差もあると思いますが、結果的に3つの中で一番うるさいエアーポンプになりました・・。

6000WB

GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」と騒音計で音量を測定51.8dB
GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」と騒音計で音量を測定(共振時)59.8dB(共振時)

平常時51.8dBという一番低い数値に

実際に聞いてみてもさっきのサイレントβ-120と同じくらいですね。

横に倒すと「シ゛ィィィ!」という共振音が鳴ってしまいましたが、普通のエアーポンプと比べると共振しにくい部類に思います。

通常時の静かさもそうですが、裏側に置いたりメタルラックの上に直置きしても共振しないレベルなので静かなモデルではないでしょうか。
(特に小さなエアーポンプだと共振音鳴りやすいんですよね・・)

GEX e-AIR1000SBの音量を騒音計で測定している様子(共振時)これがウルサイいんですよねー・・(別エアーポンプの1000SB)

ノンノイズW1000

「ノンノイズ W1000」通常時の音量49.6dB49.6dB
「ノンノイズ W1000」よこに倒した時の音量49.2dB49.2dB

「ノンノイズW1000」が一番静かです!

実際に聞いてみても確かにノンノイズが動作音が少ないと分かるほど。

ただ評価中に一度凄く振動することがあり、そのタイミングで倒すと強く共振音を出していました。

どうやら片方を無負荷で使ってもう片方を負荷有りで使うと強く振動するようです。

とはいえ普通に使う分にはこれといってうるさくありませんのでトップクラスに静かなエアーポンプには間違いありませんね!

動作音が最も小さいのは「ノンノイズW1000」!
「水心」は動作音が意外と大きかったけど共振は全くしなかったヨ!
ロボうぱ

結果を振り返ってそれぞれを総評

使ったり検証した内容を振り返ってそれぞれのまとめとして考察紹介していきます。

水作 水心2S

水作のエアーポンプ「水心 2S」パッケージ

静かなエアーポンプとして人気のブランド「水心」でしたが、水心2Sは意外にも通常時の音が一番大きいという結果に。

値段が1000円ほど高いだけにこれは残念に思いました。

ただどんな置き方をしても共振しないのは確かだったので、雑に突っ込んだりする場合は静音性を活かせるかな?とも思います。

どちらかというと水心2Sで良かったのは排出量が多かったこと

シングルとはいえ非常にパワフルな排出量なので、負荷がかかる長いエアーカーテンや水深が深い場合などは活躍する場面が多そうです!
(ただ50Hz時のサイレントβ-120には負けるかも・・)

関連エアーポンプ「水作 水心2S」レビュー!静音性やパワーなど!

ニッソー サイレントβ-120

「ニッソー サイレント β-120」パッケージ

「ニッソー サイレントβ-120」はパワーも高くて、静音性も高くて、2口もついていて、値段も一番安い、という穴が無いエアーポンプでした。

※静音性は後日悪くなりました。

それだけではなく更にスゴイのは50Hz時(東日本)で使用した時のパワーと電力効率の良さ

60Hzでもとても優秀なエアーポンプに感じましたが、50Hzで使うことで出力が1.5倍もアップするんです!

私は西日本住みですが、東日本ならばメチャクチャオススメしたいエアーポンプだと思います。

関連ニッソー製エアーポンプ「サイレント β-120」レビュー!

GEX e-AIR 6000WB

GEX製エGEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」、パッケージアーポンプ「e-AIR 6000WB」、パッケージ

「GEX e-AIR 6000WB」は安くて静かなエアーポンプとしてかなり良いのではと思いますね!

目立った特徴もないのですが2口ついてて、静音性も良くて、値段も安いというのはこのエアーポンプならでは。

置き方によっては共振してしまいますので、置き場所にはやや気を使ってあげたいトコロです。
(小さなエアーポンプと比べるととても共振しにくくはなっています)

あと今回の記事では触れませんでしたが思ったより大きいのでそこだけは気になったポイント。

関連GEX製エアーポンプ「e-AIR 6000WB」レビュー!意外なほど静か!

ニチドウ ノンノイズ W1000

「ノンノイズ W1000」パッケージ

「ニチドウのノンノイズ W1000」は何より一番静かなエアーポンプという最強のメリットがありました。

2900円と他のモデルより割高なものの、静音性はかなり良いのでできるだけ静かなエアーポンプをお探しであれば是非オススメしたい製品です。

2口タイプで利便性も良く、上には書きませんでしたがコードも長いので何かと使い勝手の良いエアーポンプのように思います。

あと50Hzで使えば2.5L/mの排出量が4.0L/mに大幅にアップしますので非力なワケではないのもポイント。

関連エアーポンプ「ノンノイズW1000」レビュー!静音性やパワーなど!

オススメのエアーポンプは!?

「ニッソー サイレント β-120」吊り下げて使っている様子

東日本なら「ニッソーのサイレントβ120」がダントツでオススメです。

静音性は謙遜ない上に50Hzの大出力と消費電力効率は圧倒的で、更に値段が一番安いといういたせりつくせりなエアーポンプ。

総排出量10.4L/mでこの値段はコストパフォーマンスが良すぎるのでは???と思うくらいですね。

できるだけ静かなエアーポンプが欲しい場合は「ノンノイズW 1000」を選ぶと良いでしょう。

やや値段ははりますが私が買った中では最も静かなエアーポンプでございました。

とはいえ紹介した製品は人気の定番モデルに限っているので、それらの中からであれば割と間違いはないハズ
(いわゆるハズレもなかったので)

レビューの中で自分に一番あっているなと思ったらそれを買うのが一番だと思います。

以上、エアーポンプ選びの参考になれば幸いです(_ _ )

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!