アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

水換え不要な海水水槽の作り方

トランペットコーラルとカクレクマノミ

淡水水槽ではどうしても換水が必要で面倒くさい水換え作業を定期的にやらなければなりません。

しかし海水水槽では換水をしない水槽作りをすることができちゃいます。

水替え不要な海水水槽を作るためのアレコレをご説明します。

スポンサー

そもそも換水する理由とは?

砂利の掃除魚のフンやゴミなどが硝酸塩に変わってしまい、淡水のアクアリウムでは硝酸塩が蓄積されていくため、それを吐き出すために換水が必要でした。

硝酸塩の蓄積というと難しいことに聞こえますが、簡単にいうと水中にフンなどの汚れが水中に溶けこんでしまうので定期的に換水を行って汚れを薄くしましょうというものです。

マリンアクアでは換水する理由の硝酸塩を蓄積しないシステムを作ることができます。

プロテインスキマーによる浄化作用

プロテインスキマーとダストカップに溜まったゴミ硝酸塩を抑えれる一番の理由はプロテインスキマーによる浄化能力です。

プロテインスキマーはフンやゴミなどの有機物を取り除くことができる装置です。
つまりフンが硝酸塩に変わってしまう前に除去します。

プロテインスキマーが仕事をすれば硝酸塩が貯まらないことになります。

硝酸塩の分解

もちろん全てのフンを除去することは事実上不可能で、どうしてもプロテインスキマーで処理できなかった一部が出てきてしまいます。

プロテインスキマーで取り残してしまったフンなどは「アンモニア→亜硝酸→硝酸」のプロセスをたどり、少しずつではあるものの硝酸塩が蓄積していきます。

しかし僅かながらであれば硝酸塩を分解することが可能です。

嫌気バクテリアによる処理

初期のライブロックライブロックの奥には嫌気バクテリアという微生物が棲んでいます。

この嫌気バクテリアのスゴイところは硝酸を窒素に分解できることです。
つまりライブロックに硝酸を分解する能力が備わっています。

海藻による吸収

ライブロックに生えたコケそのほか硝酸塩は植物及び海藻類が栄養として取り込みます。

ウミブドウなどの海藻を水槽内で育てることにより硝酸塩を吸収させることができます。

換水を行わないシステムの作り方

理屈は冒頭にご説明した限りですのでこのシステムの作り方もそれに沿った形で可能です。

魚の数を少なくする

水面を見上げるカクレクマノミフンの量が多いとプロテインスキマーやライブロックで浄化するものの、フンの量に対する水の浄化能力が追い付かなくなり、少しずつ硝酸塩が溜まってしまうことになります。

そのためプロテインスキマーやライブロックなどの設備の浄化能力を超えないように魚の数を調節する必要があります。
魚の数が超えてるかどうかを確認するには硝酸塩を定期的に測って増えているかどうかをチェックしましょう。

言い換えれば魚の数を増やしたい場合は設備を強化すること解決できます。

プロテインスキマーの設置

サンプに入れられたRLSSのスキマーこのシステムの一番重要なポイントはプロテインスキマーを使うことです。

強力なプロテインスキマーを使用する

貧弱なプロテインスキマーではゴミをとる能力が低いため、魚の出すフンに追い付くことが出来ません。
ある程度強力なプロテンスキマーを使うことが重要です。

スキマーの能力はイコール水槽に魚を入れれる数になりますので、スキマーの能力が低いと水槽内に収容できる魚のラインは低くなってしまいます。

言い換えると、小さな魚を1匹という数に抑えればエアリフト式の小さなプロテインスキマーでも換水不要なシステムを目指せるということでもあります。

プロテインスキマー選びのポイント

外掛けで使用できる海道達磨ウッドストーンを利用したエアリフト式のものと比べ、ベンチュリータイプのプロテインスキマーがかなり強力でオススメです。

ベンチュリータイプのプロテインスキマーはオーバーフロー水槽のサンプに入れるタイプのものが殆どですが、小型水槽でも使用できるカミハタの海道達磨やレッドシーのプリズムスキマーなどの製品も販売されているため、小型水槽ではそちらのようなタイプがオススメです。

強力なスキマーはどれもサンプ水槽に入れるタイプのものが多くなってしまうため、多くの魚を入れたい場合はオーバーフロー水槽が一番だということになります。

水流を作って水槽内を回す

スキマーの能力を高めることは、強力なプロテインスキマーへのスペックアップだけではありません。
どんなに強力なスキマーを使っていても、くぼみや水の流れが無い場所にフンなどが落ちれば意味がありません。

そのためウェーブポンプを使用して、ゴミが溜まる箇所が無いように水槽内の水を回しましょう

強力なプロテインスキマーを使っていても水を回せなければ、スキマーの浄化能力を引き出していないといえます。

ライブロックを設置する

初期のライブロックにつくコケ単純にライブロックを増やせば嫌気バクテリアの住む場所が増えるので硝酸塩を分解する能力が上がります。

しかしあまりにも多く入れると淀みやすくなってプロテインスキマーの取りこぼしが増えてしまうので程ほどにするのがポイントです。

硝酸塩除去剤を使う方法もある

ここまで話しておいて「硝酸塩除去剤があるじゃねぇか!!」と思うのは待ってください(¬з¬)

市販されている硝酸塩除去剤は化学的に硝酸塩を分解するものでは無く、嫌気バクテリアの活動を促す言わばバクテリアの餌なのです。
硝酸塩除去剤は名前がそうなっているだけで中身は嫌気バクテリアの餌ということです。

つまり硝酸塩除去剤を使うとライブロックの中の嫌気バクテリアが活性化・増殖して硝酸を分解する能力が上がります。

そのため嫌気バクテリアが定着していない初期の水槽ではあまり効果を実感できません。
しかし導入することによって嫌気バクテリアを定着させる速度を上げることができます。

続けて使っても良いですし、バクテリアが増えてきて硝酸塩が十分下がったので止めるといった使い方でも構いません。

海藻を入れる

繁茂した海藻タカノハヅタやウミブドウなどの海藻を水槽内に入れることにより硝酸塩を吸収してくれます。

特にウミブドウは雑草のような扱いを受けるほど育成しやすいため硝酸塩除去にはうってつけです。
逆に増え過ぎて収集がつかなくなる場合があるので注意しましょう。

元々ライブロックについていた海藻が大きく成長しているならばあえて除去しないことで良好な水質を保ちやすくなります。

海藻類はハギ類などが好んで食べますので増え過ぎて困った場合はキイロハギなどを入れると良いでしょう。

サンプ水槽で海藻を育てる

海藻を入れるとレイアウトの邪魔になってしまう場合がありますが、オーバーフロー水槽ではサンプで海藻を育てる手もあります。

サンプに魚の隔離ケースと照明を設置しウミブドウなどを繁茂させることで、簡易リフジウムとすることできます。

スキマーに照明があたってしまうとスキマーにコケが生えてしまい浄化能力が落ちてしまうため、区切りなどを入れてスキマーには照明を当てないように注意しましょう。

本システムによる注意点

水換えをしない本システムで運用するにあたって注意点があります。

魚の数(フン)を抑える

硝酸塩を増加させないように魚の数を抑えないと硝酸塩が溜まっていく一方になってしまいます。

プロテインスキマーに見合った魚の数に抑えましょう

魚の数というよりはフンの量ですので大きな魚を追加する場合は硝酸塩が増えていないか注意が必要です。

魚の数を増やしたい場合

魚をより多く入れたい場合は強力なプロテインスキマーへスペックアップすることにより飼育できる魚の数を多くすることができます。
エアリフト式ならベンチュリー式、オーバーフロー水槽にしてサンプ設置式のスキマーにする、などなど。

水槽を水流で回すことでスキマーの能力をフルに引き出すのもポイントです。

餌は残さず与える

クダゴンベへの給餌餌を食べ残してしまうと硝酸塩の増加につながりますので、残さないように餌を与えるのもポイントです。

少しずつ小出しにし、食べ残さないように与えて水質の悪化を防ぎましょう。

そのため底などにいるようなハゼやエビ類に行きわたらせようと餌をバラまいた場合、食べ残しやフンが多くなってしまうので、あまり本システムに向いた魚とは言えない部分があります。

言い換えるとカクレクマノミなど水面の餌を突っつける海水魚が本システムには向いています。
少しずつ小出しにした餌を水面下で食べてくれますので餌の調節がしやすいです。

こちらも強力なスキマーを使うことによりある程度カバーできます。

硝酸塩の測定を行う

硝酸塩測定キット水槽にどれくらい硝酸塩があるかどうかは測ってみないと分かりません。

硝酸塩濃度の測定キットを使って問題が無いかどうかをチェックすることが必要です。

魚を入れて硝酸塩が増加しているのであればキャパシティを超えていますし、逆に減っているか変わらないのであれば余裕があるということです。
硝酸塩が増えている場合は魚の数を減らすか、強力なスキマーを設置する等設備のスペックアップを行って下さい。

何にせよ硝酸塩を測定しないと判断がつきません。

サンゴへの栄養

様々なサンゴ換水を定期的に行う水槽システムの場合は、換水と共に人工海水からミネラルなどの栄養を供給することができていましたが、換水をしないシステムであれば栄養が消費される一方になってしまいます。

サンゴの中にはミネラルなどの栄養が無いと溶けてしまうサンゴもあって、そのようなサンゴの場合は添加剤を与える必要があります。

サンゴの中には栄養を供給しなくても育つものもありますので、そのようなサンゴを中心にレイアウトして管理の手間を省くのも良いでしょう。

栄養を供給しなくても良いサンゴ

スターポリプ、マメスナギンチャク、ウミキノコなどは無換水でも育成させることができます。

逆にハナガササンゴやツツウミヅタなどの栄養が必要なサンゴは添加剤などを利用して栄養を与えないと弱って死んでしまいます。

まとめ

換水をしないシステムを目指すポイントを以下にまとめました。

  • 強力なプロテインスキマーにより硝酸塩に変わる前の有機物で除去するため換水が不要になる仕組み
  • プロテインスキマーの能力以上に魚を入れないこと
  • 硝酸塩の測定を行って魚を入れすぎてないかをチェックする
  • 魚の数を増やしたい場合はプロテインスキマーのスペックアップを行う
  • プロテインスキマーが取り残してしまった分は、微量ながらライブロックと海藻で分解・吸収できる
  • 栄養が必要なサンゴは換水による栄養供給が無くなるので、添加剤入れることが必要

最も重要なのがプロテインスキマー(とライブロック)です。

ライブロックは少なすぎず入れすぎない程度であれば良いですが、プロテインスキマーの能力は魚を入れれる数に直結します。

また換水しないシステムは管理が減るほか、人工海水のランニングコストもかからなくなるため維持費も安くなるメリットがあります。

せっかくの海水水槽、水替えをしないシステムを目指してみては如何でしょうか。

LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

リューシスティックのウーパールーパー

飼育が簡単なウーパールーパーの飼い方!水槽や餌等について!

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー