アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

リュウキュウスズメダイの飼育について!混泳やミスジ、ヨスジの違いなど。

ヨスジリュウキュウスズメダイ

最大体長:ヨスジが6cm、ミスジが8cmほど
飼育難易度:★☆☆
気のつよさ:★★☆

ヨスジリュウキュウウスズメダイやミスジリュウキュウスズメダイは白黒のストライプが綺麗な美しい海水魚です。

名前の通り沖縄にも生息しており、丈夫なこともあって定番の海水魚のひとつです。

スポンサー

ミスジリュウキュウスズメダイ

ミスジリュウキュウスズメダイミスジリュウキュウスズメダイは名前の通り3本の黒スジが入っているのが特徴です。

大きさは8cmぐらいに成長しますが、ショップでは3~4cmのものが多いですので30cmなどの小型水槽でも十分飼育可能です。

おでこ部分が白いため可愛いですね。

値段・入荷について

300円~600円程度で、最も安価な海水魚です。

また定番の海水魚のため海水魚を取り扱っているショップなら大体販売されているほどメジャーです。

ヨスジリュウキュウスズメダイ

こちらを向くヨスジリュウキュウスズメダイミスジリュウキュウウスズメダイが3本黒ラインに対し、こちらはシッポのラインを含んで4本のラインが入っているものです。

シッポに黒のラインが入るかで簡単に区別できるのですが、目の先・口の先の白が広くヨスジとほとんど同じ柄ながら顔は違った印象をうけます。

こちらの方が最大サイズ小さく6cmぐらいでミスジより一回り小さいのが特徴です。

ショップで販売されている個体は同じく3cm~4cmがほとんどなのですが小型水槽の場合はこちらの方が向いていると言えます。

値段・入荷について

300円~600円程度で、こちらも安価な海水魚です。

ミスジほど入荷はされませんが、しっかりしたショップではよく見ることのできる海水魚です。

水槽におけるリュウキュウスズメダイの遊泳

ミスジリュウキュウスズメダイリュウキュウウスズメダイは本来枝上のサンゴや岩場など外敵からすぐに隠れられるところで活動する海水魚です。

水槽下でもライブロックなどの近くで遊泳するため、広い空間で過ごすよりかはライブロックなど隠れられる場所の近くで過ごすことが多いです。

そのためライブロックや枝状のサンゴなどの隠れ家があれば落ち着いた環境を用意してあげることが出来ます。

リュウキュウスズメダイの性格・混泳

こちらを向くヨスジリュウキュウスズメダイリュウキュウウスズメダイの性格は荒いため、他の海水魚にちょっかいをかけることがあります。

しかしながら小型スズメダイの中では性格がまだマシです。
他の小型スズメダイであるルリスズメダイやシリキルリスズメダイは突きころすことがあり、そちらよりかは混泳が向いていると言えるでしょう。

混泳に関しては注意が必要な海水魚ですが、タイプが違うとあまり攻撃しないため図太くて似たような形・色のものでなければ混泳させることも十分可能です。

相性の良い海水魚

ライブロックの近くで泳ぐニセモチノウオ小型のベラであるニセモチノウオ

全く攻撃対象とならないギンポ・ブレニー類(スマイリーブレニー、テールスポットブレニーなど)や、姿が異なり泳ぎ方も異なるベラ類(ニセモチノウオとかイエローコリス)、遊泳区間が異なり姿も違うハギの仲間(コーレタンやキイロハギ)などとはケンカしないため混泳がしやすいでしょう。

特にギンポ・ブレニー類はコケ取りとしても働くためタンクメイトとして非常にオススメの海水魚です。

海水魚は自分に近しい魚だと攻撃をする性質が多いですが、違ったタイプだと比較的うまくいくことが多いです。

逆に同じ小型のスズメダイだと小競り合い、最悪デスマッチが発生してしまうため向いていないでしょう。

スターポリプの上で休むテールスポットブレニーテールスポットブレニー
ギンポ・ブレニー類は全く相手にされない
キイロハギキイロハギ
こちらの方が大きく攻撃をしかけることは無い

リュウキュウスズメダイの丈夫さ・病気

こちらを向く小さなヨスジリュウキュウスズメダイリュウキュウウスズメダイは強健とされる小型スズメダイの仲間であるため、かなり丈夫で病気知らずです。

相当悪い環境でない限りは病気になることはありません。

そのため新しく海水魚を始める初心者にとてもオススメの海水魚です。

餌も何でもよく食べるため餌付けに対する心配も無用です。

リュウキュウスズメダイのサンゴとの相性

カンムリハナサンゴリュウキュウウスズメダイはサンゴを食べたり、突いたりすることが無いためサンゴとの相性は比較的良い海水魚です。

本来の生息環境では枝上のサンゴの近くで遊泳しているため、リュウキュウウスズメダイ的にはミドリイシの方が落ち着くのでしょうがどのサンゴでもバッチリです。

海水魚らしい派手なカラーをしてるので綺麗なサンゴ畑に泳がせたいですね。

おわりに、個人的な所感

ヨスジリュウキュウスズメダイリュウキュウウスズメダイは何と言ってもそのツートンカラーの派手な体色が良いですね。

こういうハッキリしたストライプカラーはこいつしかありませんし、小型スズメダイで丈夫なため初心者でも簡単に飼えるのでオススメもしやすいです。

ヨスジとミスジがありますが個人的にはヨスジの方が小さいので好きですね。
でも成長させるにはそれなりの年数と大きな水槽が必要なのでミスジでも実際はそんなに変わりません。

小型スズメダイということもあって気性は荒い部類にはなるのですが、異なるタイプの海水魚であればちょっかいも出さないんでタンクメイトとしても楽しいですヨ!

この記事を見た人にオススメ!:


LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

チェッカーボードシクリッドと田砂

水槽における底砂の役割・機能

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー