アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

キイロハギの飼育について!混泳や白点病対策、拒食時の対応など!

キイロハギ

最大体長:20cmほど
飼育難易度:★★☆
気のつよさ:★☆☆

キイロハギは円盤状で全身黄色の体色が美しい人気の海水魚で、映画ファイティング・ニモにも登場していましたね。

よく泳ぎ水槽の美観を損ねる藻や海藻も食べてくれるため水槽に1匹は入れたい海水魚です。

スポンサー

キイロハギの大きさ・水槽サイズ

キイロハギキイロハギは最大20cmほどと大きくなる海水魚ではありますが、実際には成長速度がかなり遅いためわりかし小型水槽でも飼うことができます。

しかしながら遊泳能力が高くよく泳ぎ回るためあまり小さな水槽だとストレスを感じてしまい、すぐ死んでしまうので小さなキイロハギでも水槽サイズは45cm以上のものを用意しましょう。

小さな時は丸い円盤状ですが、大きく成熟すると横に伸びてきて楕円に近くなります。が、水槽下ではそこまでいくことは稀です。

ショップでは4cm~8cmくらいのものが販売されており、大きくさせるにはそれなりの水槽サイズとかなりの年数が必要なため大きな個体は愛好家の間でもそうそう見ることができません。
大きく楕円になったら自慢できるレベルです。

水槽におけるキイロハギの遊泳

維持しているサンゴ水槽よく前に出てきてくれます

ひっきりなしに泳ぎ回っています

水槽内を常に泳ぎ回りながら食べれそうな藻や海藻を探し回っており、ツンツンとライブロックなどを突っついて藻を食べる様子が観察できます。

導入時以外は隠れて出てこなることが無いため鑑賞にはとても向いた遊泳をする海水魚で見ていて楽しいです。

キイロハギの性格・混泳

キイロハギを見るハタタテハゼとカクレクマノミキイロハギは温和な性格で混泳には向いた海水魚です。

どの海水魚とも相性がよく、また体高があり大きく見えるので気性が荒い魚からターゲットにもなりにくいという特徴も備えています。

キイロハギの餌・餌付け・コケ取り

餌を食べに集まった海水魚冷凍ブラインを食べに集まった魚達

キイロハギは水槽に生えた藻などをひっきりなしに食べていますが、それだけでは不十分で餌を与える必要があります。

キイロハギは植物性が強いものの雑食性のためどのような餌でも食べることができますため、一般的な海水魚の餌から冷凍ブライン、はては海苔まで食べます。

水槽に一切藻が生えない場合は植物性の高い餌の方が適しています。

餌付け・拒食してしまった時は?

正面から見たキイロハギ水槽にお出迎えすると新しい環境にビックリしてしまい餌を食べずに拒食に陥ってしまうことがあります

数日程度であれば新居で落ち着かないため餌を食べなくても普通なのですが、いつまでも餌を食べないのは対策しないと餓死してしまいます。

拒食になってしまった場合は餌のタイプを変えて、冷凍ブラインシュリンプを散らして様子をみましょう

またタンクメイトが積極的に餌を突っつきに来るタイプであれば釣られて餌を食べようとするため、カクレクマノミや小型スズメダイなど魚が多くいると餌付けが簡単になります。

それでも食べない場合は好物である「赤色の海藻」を通販などで取り寄せ、ライブロックに挟んで置いていつでも食べれるようにして餓死を防ぎます。

よく食べる魚の数を増やしたりして根気よく餌付けにチャレンジしていきましょう。

赤色の藻赤色の海藻
好んで食べるため餓死防止に役立つ

コケ取り・藻除去について

ガラス面に生えた藻を食べるキイロハギガラス面に生えた藻を食べるキイロハギ

キイロハギは水槽を泳ぎ回って藻を食べるため藻・コケ除去として入れることができます。

茶苔や緑ゴケなど岩やガラス面にべったり付くのはあまり食べてくれません。
ガラス面を突っついているのは糸状の藻を食べています。

キイロハギがよく突っついて食べてくれるのは赤色の藻、もしくは伸びたてか生えたての新芽です。

そのためある程度藻が成長してしまった水槽に対しては効果が薄いですが、藻が生えないよう予防する能力が高いため早い段階で水槽に入れておきたい海水魚です。

藻が成長してしまった場合でも手で千切ると新芽と突っついて食べだすようになりますので、あらかじめ手でできるだけ千切ってやると良いでしょう。

特にミドリイシなどのSPS、デリケートなLPSのサンゴ水槽は藻が生えてくると厄介なためキイロハギに限らずハギ類を入れておくのが鉄板です。

細長いおちょぼ口でライブロックやサンゴ同士の隙間に生えた藻を食べてくれます。

繁茂した海藻こういう繁茂しきったのは食べない
手でできるだけ千切って新芽を食べてもらおう

キイロハギの丈夫さ・白点病について

狭い隙間を通るキイロハギキイロハギは白点病になりやすいため飼育にはややハードルが高めです。

しかしながらしっかりした環境で飼育していれば病気になることはありませんので飼育が難しいことはありません。

病気を予防するためには水の汚れが少ないこと、数値的にはサンゴが飼えるような硝酸塩濃度20ppm未満あれば理想です。

あとはパワフルでランダムな水流を生み出すことで病原菌の温床を作らないこともポイントです。

そのため飼育にはコントローラー付きのウェーブポンプとプロテインスキマー(エアーリフト式以外)があれば飼育難易度はかなり落ちます。

餌付けもしやすい部類のため飼育のステップアップにオススメの海水魚です。

キイロハギの入手性・値段

青い照明下のキイロハギ青い照明でも合う

キイロハギは4,000~7,000円ほどで販売されています。

安価な海水魚とは言えませんが、しっかりした体格の海水魚なのでそういう意味では値段相当のような気がします。

安くは無い海水魚なのでしっかりした設備を用意してから導入するのがオススメです。

常時販売されているような海水魚ではありませんが、定番の海水魚なので定期的に入荷があり入手するのは容易です。

ハワイから採集されたものもあり、気分的にも雰囲気が出ます。

キイロハギのサンゴとの相性

ライブロックの合間を泳ぐキイロハギキイロハギはサンゴを食べたりすることがないためサンゴとの相性は良い海水魚です。

加えてサンゴの成長を妨げるやっかいな海藻類を予防することができるため、サンゴ水槽には1匹は入れたい海水魚のひとつです。

ミドリイシのリーフタンク(サンゴ水槽)には何らかのハギ類が入っていることが多いため、リーフタンクには必須と考えても良いかもしれません。

逆に海藻を中心とした水槽だと食べてしまうため相性は悪いです。

おわりに、個人的な所感

水槽を泳ぐキイロハギ目の覚める黄色とシルエットが可愛く定番の海水魚ですが、ちょっと飼育設備はしっかりしたものを用意してあげたいところですね。

エアーリフト式のプロテインスキマーを使っているうちはオススメできないなぁと思います。

海水魚飼育の基本は「強力なプロテインスキマー」+「しっかりした水流設備」、これが揃うとどのような海水魚でも簡単に飼うことができます。
殺菌灯はその場しのぎです。

海藻を食べてくれる海藻除去としても活躍しますが、成長しきった緑の海藻は食べてくれないため早い段階で入れておきたい海水魚です。

藻が成長して勢力を伸ばすと収集がつかなくなるため恐怖しかありません。

生えきった水槽でも手でほとんどをちぎったりすることで効果が期待できますが、労力が半端ないのとライブロックを取り出す必要があるためやはり予防として入れるのが最適解だと思います。

しっかりした設備の水槽だと簡単に飼うことができるのでステップアップに最適ですよ!

この記事を見た人にオススメ!:



LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ラミーノーズテトラ

数多く熱帯魚を飼育できない場合に見直すべきポイント3つ!

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー