水辺を身近に

バーゲスバタフライフィッシュの飼育について。サンゴとの相性、性格、値段など。

バーゲスバタフライフィッシュは深場に棲むチョウチョウウオの仲間です。

マリンアクアではサンゴをあまり食べないチョウチョウウオとしてミドリイシ水槽のタンクメイトに選ばれることも。

そんなバーゲスバタフライフィッシュの飼育に関するあれこれをまとめました。

スポンサー

大きさ

最大15cm程になります。

成長速度も遅く大きくならないため小さいサイズのまま長く飼育できる海水魚です。

性格について

振り向くバーゲスバタフライフィッシュ

他の魚をつつくようなことは無く温和なため混泳はさせやすいでしょう。

活発に泳ぎまわるため見ていて楽しい海水魚です。

反面、チンアナゴなど落ち着いた環境が必要な海水魚だとビックリさせてしまうので相性は悪いでしょう。

水温に関して

深場に生息するため高水温に弱く、やや低めの水温を好みます。

「22度~25度」が快適に過ごせる温度だと思います。

餌について

バーゲスバタフライフィッシュ

雑食性で慣らせば人口餌も食べるようになります。

導入当初は拒食になりがちなので餌付けしてから水槽へ放流すると良いでしょう。
チョウチョウオの仲間の中では餌付けしやすく比較的粒餌を食べるようになります。

ショップで食べていても水槽に入れると全く食べなくなることもよくあります。

全く食べない場合はアサリの剥き身を与えてみてください。

病気のかかりやすさ

チョウチョウウオの仲間のため白点病にかかりやすい特性がありますが、基本的には丈夫なので病気にかかっても回復しやすいでしょう。

サンゴとの相性:△

食害にあったオオバナサンゴ

サンゴを食べる性質を持っているため相性は良くありません

肉厚感のあるサンゴを好むようでオオバナサンゴやトランペットコーラルをつつきます。

またケヤリムシやメジャコガイもつつくことがあります。

反面トサカ類やスターポリプ、マメスナなどのソフトコーラルには目もくれないため、ソフトコーラルとの相性は良いでしょう。

比較的サンゴと相性が良いとされているロア亜属のチョウチョウウオですが、チョウチョウウオの仲間であるため多少の妥協は必要です。

値段、入手について

8,000~15,000円程度で販売されています。

サンゴと相性の良いロア亜属のチョウチョウウオとしては最も安いバタフライフィッシュです。
※同じロア亜属のマルケサンバタフライ、インディアンバタフライは3万~5万円程です。

やや珍しいもの定番種であるため入荷できれば定期的に仕入れているショップもあり、タイミングにもよりますがレアものの中では入手はしやすい方です。

総評

サンゴを食べないチョウチョウウオとして人気がありますが、ある程度は突いてしまうので妥協が必要です。

反面ソフトコーラルは突かないのでソフトコーラルを中心としたレイアウトならサンゴを食べる心配は無用でしょう。

チョウチョウウオの中では丈夫で餌付けもしやすいので是非タンクメイトに加えてあげてください!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!