アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

これから海水水槽を始める初心者にオススメしたい丈夫なサンゴ5選

スターポリプ

初めての海水水槽でもサンゴを飼育することは十分可能です。

今回は初心者にオススメな育成が簡単で且つ綺麗なものを、私が飼育してきたサンゴの中から5種を選んでご紹介致します。

選定にあたって着目したのは以下の点です。

  • レイアウトで使いやすく綺麗なもの
  • 育成が簡単
  • コンスタントに入荷があり、入手が容易なタイプ

それでは紹介致します。

スポンサー

スターポリプ

スターポリプ

水流で揺らぐ姿は癒されます

育成が非常に簡単で見た目が綺麗なものといったらスターポリプのグリーンタイプです。

たなびく触手は見ていて心を奪われ、日々の疲れを癒してくれます。
ディフレクターを付けてやわらかい水流をあてると良いでしょう。

ピンクタイプもありますがグリーンタイプが蛍光色でサンゴ特有の美しさがあります。

さらに育成難易度は非常に低く、今回紹介するサンゴの中で増えるスピードも一番です。
その成長速度は広がり過ぎて困ってしまうほどです。

カクレクマノミとスターポリプ

カクレクマノミとも色彩の相性が良いです。

マメスナギンチャク

最も流通しているグリーンタイプ

最も流通しているグリーンタイプ

丈夫なサンゴでよく初心者にオススメされる代名詞のマメスナです。

牡丹模様が綺麗で最大のポイントはカラーバリエーションが豊富なことです。
先述したスターポリプはグリーンタイプか否か、ショートポリプか否かのパターンしかほぼありませんが、マメスナギンチャクにおいては様々なバリエーションがあります。

赤系、青系、黄色系・・・etc。
さらに輪のカラーや中心色の大きさなども組み合わせると大量のバリエーションになります。

スターポリプと比べて美しさでは見劣りするかもしれませんが、集める楽しさがあります。
私も最初は「とりあえず定番の緑色のやつ入れておこうか」と、なんとなくで入れていました。セールなどの機会で他のタイプもいれてみようかと増やしていった結果、段々と新規入荷のマメスナをチェックするようになっていました。

成長速度はスターポリプには適いませんが一般的なグリーンタイプのものならポコポコ増えます。
逆に赤系のものはじっくり広がっていくのでレア感があります。

マメスナの群生

自分だけのマメスナ畑を作りましょう。

ナグラトサカ

枝ぶりの良いナグラトサカサンゴといったらこういう形のものを想像する方が多いのではないでしょうか。

トサカの種類は丈夫だと言われていますがチヂミトサカなど取り扱いがデリケートな種類も多く、失敗してトサカすら飼えないと落ち込んでしまうことがあります。

そんなトサカの中で初心者にオススメしたいのがナグラトサカです。

ナグラトサカは雑にでも扱え、見た目も綺麗なサンゴの形をするのでオススメ致しました。

さらに毒性も低く扱いやすさがあります。

増やしやすいため魚が落ち着ける森を作ることが可能です。

ディスクコーラル

ディスクコーラル最後はディスクコーラルを選びました。
マメスナと並んで初心者にオススメされるサンゴの定番種です。

マメスナほどバリエーションはありませんが、こちらも赤や青、緑さらには模様のバリエーションがあり、集める楽しさがあります。

成長速度はマメスナやスターポリプと落ちますが、増えるのが遅いかといわれればそうではなく少しずつディスクの枚数が増えていきます。

赤色のディスクコーラル

個人的にはマメスナをコレクションしていますが要所でディスクも増やしてます

選外:ヒメシャコガイ

ヒメジャコガイ正確に言えばサンゴでは無く貝なのですが扱いはサンゴと全く同じです。サンゴと同じく光合成を行って成長します。

特に青系のLEDをあてると非常に綺麗で、水面からのぞき込むとさながら宝石の用に光ります。

綺麗な水と光量が必要で初心者にはやや難しいと紹介されている所が殆どだったので、最初は飼育していませんでしたがたまたまセールされている個体がありものの試しに入れてみると以後一切不調が無い程良好でした。

成長速度は遅いですが、ほんの少しずつ大きくなっているようです。1年振り返ると確かに大きくなったかなぁという程度。

貝なのでレイアウトの良いアクセントになりオススメしたいサンゴのひとつです。

6選にしてヒメジャコガイを入れようかと思いましたが、結局以下の問題点があったため選外に致しました。

  • 綺麗な水が必要といわれている。

外部フィルター+簡易なプロテインスキマーで一切調子を崩すことがありませんでしたが、プロテインスキマー無しで外掛け式だったらどうだろうという感じです。

  • 高光量が必要だといわれている。

ヒメジャコガイに関しては高光量LEDしか使ったことがないため、鑑賞用のLEDでも育つかどうかが分かりませんでした。
しかし裏を返せばLEDでも育成することが可能なので是非チャレンジしてみてください。

LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ハタタテハゼ

ハタタテハゼの飼育について。餌や混泳、飛び出しなど!

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー