アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

ディスクコーラルの飼育について!増やし方や水流、価格など

ディスクコーラル(赤系)

ディスクコーラルは初心者にオススメされるソフトコーラルのひとつで、とても飼いやすい丈夫なサンゴです。

バリエーションが多いことも人気のひとつでコレクションして増やす楽しみがあり、ベテランにも親しまれています。

そんなディスクコーラルの飼育に関するあれこれをまとめました。

スポンサー

飼育難易度

ディスクコーラルの飼育難易度はとても簡単で、初心者にもオススメなソフトコーラルです。

丈夫さ

ディスクコーラルはかなり丈夫な部類で海水魚を飼育できる環境であれば問題ありません。

また環境の変化にとても強く導入時に腐ってしまうことはほぼありません。

照明の必要性

LED照明ディスクコーラルを維持する点から言えばそれほど強い照明は必要ありません。

しかし弱いライトを使用しているとより光合成ができるよう体内の褐虫藻を増やすようになります。
その結果、発色が悪くなり茶色いっぽい色味に変化してしまいます。

ある程度強いライティングを行うことにより、発色が良くなり綺麗なディスコーラルにすることができます。
綺麗さを維持、引き出すためにはある程度の照明を使用した方が良いでしょう。

どのような照明が良いか?

ディスクコーラルは青系のLEDと反応して発色する「緑」や「青」のものが多くありますので、それらは青系が強ければ強いほど光るように発色するようになります。

あまり青すぎると水槽の印象が変わってしまうため好みもありますが、青みが含まれているランプの方が発色が良いので青系のLEDライトがオススメです。

赤系もある程度青の光に反応して発色するため、青過ぎない程度に青系の光が含まれているものがオススメです。

育成も考えると青系のフルスペクトルLEDがオススメです。
赤系のディスクコーラルは青すぎない青白いものが良いでしょう。

ボルクスジャパンのフルスペクトルLED

赤系のディスクには青すぎない照明のものが見栄えが良い

水流の必要性

ディスクコーラルは水流を特に気にする必要はなく、無くても飼育が出来るサンゴです。

餌・添加剤の必要性

ディスクコーラルは餌や添加剤は特に必要とせず、栄養が無くなった古い飼育水でも飼育が可能です。

液体タイプの添加剤を用いると育成が早くなります。

増えやすさ

ディスクコーラルはサンゴの中で最も増やしやすいサンゴです。

ライブロックを覆うように増えていきますので、ライブロックを割るか、小さなライブロックを隣接し移った後にライブロックを切り離せば株分けすることが出来ます。

増やすスピードを上げるには?

増やすスピード早めるには青系のフスペクトル照明が効果的です。
青系の光は発色も良く成長させることもできるため、鑑賞面でも良いでしょう。

また液体タイプの添加剤を添加することでも増えるスピードを増やすことが可能です。

増殖のスイッチ

増殖するディスクコーラルディスクコーラルが増え始めるまではある程度時間がかかることがあります。

これは新しい環境に慣れていないためです。
落ち着いてディスクコーラルが環境に馴染めると成長をし始め、急に増えるようになります。

増え始めるようになるまでの期間は環境にもよりますが1ヶ月程です。

画像の個体は購入時2枚程でしたが、しばらくして急に増えるようになりました。

リーフエナジーなど栄養添加剤を与えて強制的に増殖のスイッチを入れることもできますが、コケが繁茂しやすいので取扱には注意して下さい。

バブルディスクは増えない?

バブルディスクは通常のディスクコーラルとくらべて成長スピードが極端に遅く、ほぼ増えません。

※本記事ではバブルディスクではなくディスクコーラルにスポットをあてています。

カリビアンバブルディスク

毒性、他のサンゴとの接触

ディスクコーラルの毒性はやや強い方です。

強いサンゴに触れている状態だと増殖の勢力が止まってしまいますが、丈夫なため毒により腐ってしまうことはありません。

飼育に置いて特筆すべき点

かなり丈夫なため一般的な環境であれば飼育においては気にすることは無いと思います。

それによりイマイチな照明で飼育される場合が多いですが、本種の魅力を引き出すためには青系のライティングを用意してあげて下さい。

バリエーション、価格

ディスクコーラルは多くのバリエーションがあり、一般的なものをいくつか紹介します。

価格は1,000円~5,000円程で入手が可能でありサンゴの中では安価な位置づけになります。
レアなカラーやライブロックに多くついたものは値段が高くなります。

増えやすいので数枚しかついていないような安価なものを入手したいところです。

グリーンタイプ

ディスクコーラル(緑系)ディスクコーラルではポピュラーなタイプです。

緑のものは青系のライティングを用いることで、緑の色味を引き出すことができます。

価格

1,000~2,000円程

レッドタイプ

ディスクコーラル(赤系)オレンジやレッドのディスクコーラルも定番のカラーです。

輝く赤い色はサンゴの中にはなかなか無く、このタイプを多くライブロックに増やせば他のサンゴには無いアクセントのついた水景にすることができます。

青系のライティングをあてることで発色が良くなりますので、青すぎない青白い照明が本種の魅力を引き出すコツです。

価格

2,000~4,000円程

ブルー

ディスクコーラル(青)青いタイプもディスクコーラルとしては一般的です。

青い色を出せるサンゴがあまりいないため安価な青いサンゴとしてはディスクコーラルが重宝します。

価格

2,000~3,000円程

総評

何より飼育がしやすく入手も簡単なためショップでは初心者にオススメされるサンゴのひとつです。

最初にチャレンジしてみるサンゴとしても良く、増えやすいのでレイアウトの隙間埋めやライブロック表面を多くのにも活躍します。

また本種の魅力を引き出すためには青系のライティングが必要なため、設備を揃えてあげるとより綺麗に飼育することができます。

LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

シリキルリスズメダイ

シリキルリスズメダイの飼育について!飼い方や混泳、性別など!

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー