水辺を身近に

ナガレカタトサカ(ヤワタコアシカタトサカ)の飼育について!

枝ぶりの良いヤワタコアシカタトサカ(ヤナギカタトサカ)

ナガレカタトサカおよびヤワタコアシカタトサカはとても丈夫なサンゴで飼育環境が整っていない水槽でも飼育することができ初心者にオススメのソフトコーラルです。

また良い飼育環境だと枝ぶりが良くなり見応えのあるシルエットになるため初心者からステップアップまで長く付き合えるサンゴです。

そんなナガレカタトサカの飼育に関するあれこれをまとめました。

スポンサー

飼育難易度:★☆☆

ナガレカタトサカの飼育難易度は簡単で比較的どのような環境でも育成が可能なサンゴです。

丈夫さ:★★★

ナガレカタトサカはとても丈夫で雑な扱いをしてもすぐに持ち直します。

レイアウト変更などの環境の変化に強く、相当ストレスをかけない限りは落ちません。

照明の必要性:★★☆

LED照明ナガレカタトサカを維持するだけならそれなりの照明でも可能です。

しかし枝ぶりの良いシルエットに成長させるためにはある程度の光量を浴びせることがポイントです。

強い照明をあてることで光合成のために横に広がるので、立派な枝振りに育成することができます。

水流の必要性:★☆☆

ナガレカタトサカは水流に関して気にする必要はありません

フィルターからあたる水流でも十分です。

餌・添加剤の必要性:☆☆☆

ナガレカタトサカは餌や添加剤は無くても飼育が可能なサンゴです。

液体タイプの添加剤を使用した方が飼育速度は良くなりますが、無くても良いでしょう。

増えやすさ:★★☆

ナガレカタトサカナガレカタトサカは成長が早く株分けもできるため増やしやすいサンゴです。

増やし方

大きくなると枝分かれを行いますので、ある程度大きく育った枝を切ってライブロックに固定することで株分けすることができます。

切った枝を爪楊枝などでライブロックに固定することで1ヶ月もすれば活着し、新たな株として成長します。

毒性、他のサンゴとの接触:★☆☆

ナガレカタトサカナガレカタトサカの毒性は弱いです。

他サンゴにダメージを与えることもなく、また他サンゴから毒を受けてもポリプが閉じる程度で毒による耐性もあります。

そのためサンゴの配置に関してはあまり気にする必要の無いサンゴです。

ただしデリケートなサンゴと接触した場合、ナガレカタトサカがダメージを与えてしまう場合があるので気を付けてください。

飼育に置いて特筆すべき点

ナガレカタトサカはとても丈夫なため飼育に関しては特筆すべき点がありません。

照明とある程度低い硝酸塩濃度の良い環境で飼育すると枝ぶりの良いシルエットに変化させることができます。

バリエーション、価格

ナガレカタトサカはやや薄い茶色と緑色をしたものが一般的です。

その他にも黄色が強いものや緑が強いものがありますが一般的なものと比べると値段が高くなる傾向があります。

高いもので5,000~10,000円、安いもので2,000円~5,000円程度の販売価格になっています。

良くない環境下のナガレカタトサカ

1次ポリプのみのナガレカタトサカナガレカタトサカは丈夫なので環境が整っていない水槽でも飼育しやすいサンゴです。

その場合2次ポリプを出さずに、1次ポリプのみで肉厚感のあるサンゴとして成長します。

良い環境下のナガレカタトサカ

枝ぶりの良いナガレカタトサカある程度低い硝酸塩濃度とある程度の照明をあてることで枝ぶりの良いサンゴに変化します。

本種本来の魅力を引き出すためにはある程度良い環境が必要です。

総評

ナガレカタトサカはとても丈夫なサンゴで初心者にオススメのサンゴのひとつです。

知識がついて良い環境で飼えるようになるとサンゴのイメージぴったりのシルエットに変化していき、とても綺麗なサンゴへと成長していきます。

さらに増やすいのでナガレカタトサカの森を作ることも十分可能です。

しっかり飼い込まれたナガレカタトサカの森は見栄えがしますので是非飼育にチャレンジしてみて下さい!

次にオススメ:
これから海水水槽を始める初心者にオススメしたい丈夫なサンゴ4選
サンゴを飼うための照明について。色や時間、LEDの使用感など。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。