水辺を身近に

グラスブラッドフィンの飼育情報。混泳や注意性格、飼育ポイントなど

グラスブラッドフィン
飼育難易度かんたん
大きさ目安4cm~5cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格少し注意
遊泳中層~上層をくまなく泳ぐ
群れやすさ△:つられて同じ方向に泳ぎだす程度
値段の目安300~400円

スポンサー

主な特徴

2匹のグラスブラッドフィン

「グラスブラッドフィン」は透ける体に加え、シッポ部分に赤く染まるのが特徴の熱帯魚です。

大きさは成魚で5cmほどとカラシンとしては中型寄りの小型になります。

半透明な熱帯魚は結構いるのですが、群を抜く透明感でスケスケの体なのが特筆ポイント。
(状態悪いと透明度は落ちます)

水草が透けて見え、鮮やかな赤尾びれで水草水槽にはとてもマッチする魚の1つです。

グラスブラッドフィンとカーディナルテトラ涼しげで水草水槽にマッチ
グラスブラッドフィンの透明感ある身体透明度がかなり高いテトラ

混泳・性格について

熱帯魚全体からするとまだ混泳(同居)はしやすい方ですが自分より弱く遅い魚に対しては攻撃的、というか単なる肉片扱いとする面があり要注意

例えば「アフリカンランプアイ」などの小さく気弱な魚だと標的になってしまい、ヒレや身体の一部を食って殺されてしまう可能性が高いです。
(特に成長とともに顕著になってきます)

ヒレ各種をかじられてしまったメダカ(オリジアス・ウォウォラエ)一緒に入れてボロボロにされたメダカ

小さくても動きの早いテトラ・ダニオ類だとヒュンヒュン逃げれるので大丈夫だったり、太さのあるコリドラスなどには手出しすることはほぼありません。

ようするにトロく弱そうな魚との混泳には向きませんので同居魚との相性は考えるべきでしょう。
(例えば小さなメダカ類とかは厳しいですね)

飼育ポイント・注意点

岩を通り抜ける3匹のグラスブラッドフィン

かなり丈夫な熱帯魚なので飼育上特に気にすることはなく、初心者でもOKな熱帯魚です。

エサはフレークフードだろうが顆粒フードだろうが何でもバンバン食べますし、ようは熱帯魚を飼う最低限さえ整っていればOK

ただホームセンターなど悪く管理されている場合も稀にあり、見た目状元気そうか?透明度はあるか?は一応見ておいた方が良いでしょう。

あとは先述したとおり、ちょっと性格に難があるので同居させる魚の相性は考えること。

個人的な所感

水草とグラスブラッドフィン

昔からよく知られた熱帯魚で価格も安く軽視されがちなのです、よーく見ると「めっちゃ透明じゃん!!」という番狂わせな熱帯魚。

特に状態良い個体は透明度がバツグンなので、透けて見える光景には思わず目を奪われます。

あと入荷したてはビビッて尾びれの発色がイマイチなんですが、落ち着けば赤みを発揮するトコロもありそれもあってナカナカ目にとまりにくい魚です。

ただちょっと性格がキツいというかトロい魚は肉片にしか見ない性格なので、ちょっと混泳には気をつけたいのがネック。
小さいうちはまだ大丈夫なのですが、成魚に近づく(4cmぐらい)と性質が現れてきます。

まぁシクリッド類よりは性格が大人しめですし(まだ)混泳に向いているので、入荷されてたら是非マジマジと見てその魅力に気づいて見てください。
(こいつ数多く泳がせてエンゼルフィッシュ など大きめのメイン熱帯魚を入れたりするのもアリアリ・・!!)

あとレイアウトや環境次第なのですが、上昇付近で泳ぐ傾向がややある魚なので、泳ぎ分けさせることもできその点でもオススメです。
(ハチェットフィッシュほど強くはありません。気持ち程度)

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!