水辺を身近に

アベニーパファーの飼育情報。飼育ポイントやエサ、混泳など

アベニーパファー
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安2.5cm
適応水質△:弱酸性
◎:中性
○:弱アルカリ性
性格荒い
遊泳全域をあちこち遊泳
群れやすさ×
値段の目安300円~600円

スポンサー

主な特徴

アベニーパファーと熱帯魚たち

アベニーパファー」は最大全長3cmほどと超小型の淡水フグです。

フグというと海水魚ですが、淡水や汽水に棲むフグも多くアベニーパファーも純淡水で飼育が可能な種類。

海水を用意しなくても飼える、かつ大きくならないフグというマスコット的な人気のある熱帯魚です。

また小さな巻き貝を好んで食べるので巻き貝駆除というクリーナーフィッシュとしての一面も。

大きくならず良く食べるので、巻き貝駆除としても定番の魚です。

関連水槽に増えてしまった巻き貝、スネールの駆除・対策方法!

アベニーパファー
体を曲げるアベニーパファー

混泳・性格について

尾びれをかじられたナノストムス・ベックフォルディ他の魚のヒレをかじる

アベニーパファーは「荒い」性格の持ち主です。

好き好んで闘争をしかけるような好戦的な種類ではありませんが、気に入らないことがあると躊躇なく噛みつきます。

とはいえアベニー自身がかなり小さいため命やケガに繋がることはほぼ無く、混泳自体はそこまで難しい魚ではありません

ヒレは良くかじるので同居してる魚はヒレの先が無くなることが多く、特に長いヒレが美しい魚(ベタやチェッカーボードシクリッド)だと観賞価値が大きく下がってしまいます。

あとエビ食性が強いのでミナミヌマエビなどの小さいエビは食べられやすいことに注意しましょう。

ただ自分より大きなエビは襲わないので育ったミナミヌマエビやヤマトヌマエビなら襲われることはほぼありません。

飼育のポイント・注意点

アカムシを食べるアベニーパファー

基本的には簡単な熱帯魚なんですが、エサだけは要注意ポイント

熱帯魚のエサとして売られているようなフレークフードや粒エサは一切食べません

好んで食べるのは「小さな巻き貝」、「アカムシ」、「小エビ」であり、それらを与えるか水槽内で増やす必要があります。

一番のオススメは冷凍アカムシですが、乾燥したエビである「クリル」が手頃です。

ただ乾燥エサは乾燥過程で大きく栄養が失われているので単食には気をつけたいトコロ。

うまく慣らせば粒エサを食べてくれる場合もあるみたいですが、初めから食べないモノと思った方が良いでしょう。

またショップの水槽では痩せている個体も多く、むしろエサを与えないでそのまま売り切るような販売スタイルを取るところもあるため、できるだけ痩せていない個体をお迎えすることもポイントになります。

飼育水は完全淡水に

身を隠すアベニーパファー

また淡水フグと呼ばれるものは実際には海水が混じった「汽水」と呼ばれる環境に住んでいることが多く、少し海水を混ぜたりするのですが、アベニーパファーは完全淡水です。

汽水にするとかえって調子が悪くなるので純淡水にて飼育を行います。

あと強いて言うなら過密飼育には弱めの印象を受けます。

個人的な所感

アベニーパファー

アベニーパファー」は小さすぎると言っても良いほどの小型のフグ。

一般的にはスネール駆除として導入されることが多いのですが、アベニーだけを飼育する隠れた愛好家も。

ただ小さいとはいえ性格の荒いフグの仲間なので、同居魚のヒレは容赦なく齧ることは要注意。

ヒレの短いネオンテトラだろうが尾びれの先っちょが無くなりがちなので、混泳は難しくないものの妥協は必要な魚です。

あとうまく飼育できれば繁殖も狙えるみたいなので専用飼育でジックリ飼育するのも楽しそうですね。
(雌雄判別も可能みたいです)

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!