アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

アフリカンランプアイの飼育情報。混泳やエサ、飼育ポイントなど

複数のアフリカンランプアイ

アフリカンランプアイの飼育にまつわる各種情報。

大きさや特徴、水質、飼育難易度、混泳のしやすさ、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの基本情報

アフリカンランプアイ

最大体長 3cmほど
適応水質 ◎:弱酸性、◯:中性
飼育難易度 かんたん
入手性 定期的にショップに通うか、ハシゴすれば入手は簡単。
100円~200円ほど。
遊泳 中層をくまなく泳ぐ

アフリカンランプアイは目に入る青白いネオン色がとても綺麗なメダカの仲間です。
名前通りランプアイですね。

水槽に数多く入れる魚としてはカラシンのテトラ類、コイ科のラスボラが一般的ですが小型メダカも好きな人は少なくありません。

テトラやラスボラと比べて派手さはありませんが、しっとり鑑賞するには非常に最適。
ぼんやりと見ていると蛍を思わせる熱帯魚です。

群れる性質がある

水草に佇むアフリカンランプアイアフリカンランプアイは群れる性質があるため複数匹一緒にするとある程度固まって泳ぎます。

結構散らばるので匹数が少なければ群れっぽく見えませんし、水槽が小さければ固まって泳いでいるのが実感しづらいので、ある程度大きな水槽で泳がせると良いでしょう。

とはいえ比較的小さい魚なので、30cmほどの水槽であれば群れてる様子を楽しむことが出来ます。

繁殖について

ランプアイは増やすことが簡単なメダカの仲間。

メダカと同じく親が卵を食べてしまいますので、ウィローモスやリシアなどの水草(浮草)を浮かべておいて産卵が確認できたら産卵ケースなどに移すと良いでしょう。

産卵・繁殖についてはメダカと同じだと思います。

飼育の難しさ

アフリカンランプアイの群れ丈夫な熱帯魚です。

熱帯魚が飼える環境なら飼育可能で、初心者でも十分飼うことができます。

強いて言えば小さいため体力が低いので持ち帰る際は輸送時間を短くしたり、いたずらに体力を消耗しないように気をつけましょう。

混泳について

複数のアフリカンランプアイアフリカンランプアイ自体は温和なためどのような熱帯魚とも混泳させることができます

ただし元々小さい上に販売されているものはかなり小さいものが多いため、他の魚に食われやすいのでその点だけ注意が必要です。

大きいエンゼルフィッシュはもちろんコト、サイズにより中型のグラミーやベタなどにも食われそうになるほど。

飼育する上で気をつけるポイント

口が小さいので大きなエサは食べることができません。

粒がかなり細かいものか、フレークタイプのエサを与えるのが良いでしょう。

あとは先述したとおり食われないようなサイズの魚を混泳魚に選ぶことでしょうか。

個人的な所感

水草に佇むアフリカンランプアイネオンテトラのような派手さはありませんが、それが良いんですよね。

明るい照明よりかは暗い照明のほうが栄える熱帯魚だと思います。

上からの光を反射して光ったようにみえるので、部屋を暗くして薄暗い照明をあてるのがオススメ

蛍のいる渓流をレイアウトで再現したいと常々思っていますが、蛍として入れるならコイツですね。

何十匹と入れたらそれはそれで鬼火というかウィルオウィスプみたいで、そういうイメージレイアウトにも向いていると思います。

ぼんやりと光る蛍(のような光)はボケーっと何時間でも見てられます。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

金魚が集まった様子

入手できる定番の金魚、種類一覧!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg