水辺を身近に

ナノストムス・ディグラムス(グリーンペンシル)の飼育情報。性格とか。

ナノストムス・ディグラムス
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安2.5cmほど
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
×:弱アルカリ性
性格温和
遊泳中層をあちこち泳ぐ
群れやすさ◯:しばしば複数で行動する
値段の目安300円~500円

スポンサー

主な特徴

ナノストムス・ディグラムス

ナノストムス・ディグラムス」は最大3cmほどの熱帯魚の仲間で、ショップにより「グリーンペンシル」や「グリーンラインペンシル」の名前で売られることもあります。

「ベックフォルディペンシル」や「マジナータスペンシル」などと同じくナノストムス属の魚で、ハチドリのようにその場で停止する遊泳をするのが面白い魚です。(ホバリング)

ナノストムスには色々ありますが、本種はマジナータス・ペンシルよりもやや小さいぐらいの小ぶりと細さ、体に入るラインは3本であること、調子が良いと体の中央には光る緑色のラインが入り、尾びれの下付け根あたりに赤みが入ることが特徴です。

一人でエサとなる藻などを探しながら散歩していることが多いのですが、他のディグラムスと合流したりと、仲間意識の強い魚だと思います。

常に群れで行動するようなタイプではなさそうですが、小型種ですし複数匹入れた方が楽しめますね。

混泳について

2匹で行動するナノストムス・ディグラムス

ディグラムスはとても温和なので他の魚とケンカすることがありません。

ナノストムスはマジナータスペンシルなど、縄張り意識を持ち同種同士で「ここはオレの場所!!」と小競り合いをするものも多いのですが、本種は全くそんなことは無く温和な種類です。

むしろ同種同士で固まって泳ごうとするくらいで、仲の良いナノストムスです。

飼育ポイント・注意点

ナノストムス・ディグラムスとアヌビアス

通常のペンシルフィッシュとほぼ同様で丈夫と言えばそうなんですけど、マジナータスペンシルとかナノストムスエクエスなどの定番ペンシルフィッシュと比べると落ちます

それらと比べて気が弱い部分から落ちちゃう感触を受けるので、コミュニティタンクよりかは本種メインにした水槽が長期飼育がしやすいと推測しています。

それと身体がかなり小さいこともあり、とても口が小さいのでエサは小さいものを与えるのが良いです。

というか水草水槽だと藻やプランクトンを食べているので、あまり気にしなくても良かったりしますね。(体型は要観察)

個人的な所感

水草の近くにいるナノストムス・ディグラムスたち

ネオングリーンペンシル」というのが藻をよく食べると聞き、「グリーンペンシル」として売られていたのでお迎えしたところ、後にネオングリーンペンシルでは無いということが発覚して、意図せずお迎えした熱帯魚でした。
(ネオングリーンペンシルは「ナノストムス・ニチダスnitidus)」のことを指すみたいですね)

ネオングリーンペンシルをお迎えすることはできませんでしたが、「ナノストムス・ディグラムス」は地味ながら魅力ある魚であることが分かり気に入った熱帯魚の1つになりました。

まず「マジナータスペンシル」と同様、大きくなっても3cmほどの最小クラスのペンシルフィッシュであり、小型水槽に向いています
(というかマジペンより小さいくらいで、更にこちらの方が細いのでより小さい)

加えてマジナータスペンシルのように縄張り意識が無く仲間同士でケンカしないどころか、むしろ一緒に泳ごうとする仲の良い魚で見ていて飽きません。

派手さはありませんが、最小クラスの熱帯魚なので小型水槽に数多く泳がせるのもかなりオススメな熱帯魚。

アピスト飼ってる友人が「コレいいっすよ!ドワシク水槽で混泳に向いた魚で、口が小さすぎて稚魚を食べないんです!」と評価してたのが印象的に残ってます。
(確かにそれぐらい口小さいんですよ・・・!!)

あと長期飼育で気づいたんですけど、マジペンやエクエスなどの定番ペンシルフィッシュと同じ水槽に入れておくと、いつのまにかこっちの方が減ってるという気づきあり。

それらと比べて温和な分、本当に気が弱い感触を受けるのでそこが飼育のポイントだと思います。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!