アクアハーミット

コリドラス・レウコメラス(コリドラス パンク)の特徴・飼育情報

コリドラス・レウコメラス

学名
他の販売名
コリドラス パンク
大きさ目安
5cm~6cm
飼育難易度

気をつけたい

適応水質
弱酸性中性弱アルカリ
水温目安
22~29℃(普通の熱帯魚)
繁殖難易度
性格
温和な平和主義者
遊泳タイプ
砂利表面を掘ったりしながら底を遊泳。
群れやすさ
条件があえば群れる。同サイズのコリドラス同士群れる。種類が違うと群れくくなる。
価格目安
1,500円

目次




主な特徴

「コリドラス・レウコメラス」はアイバンドと背びれ付け根中心のブラックカラー、体の点々模様が特徴のコリドラス。

体の模様は輸入ロットおよび採集地によって差異があり、点々がつながっているものや逆にスポット状のものなど幅があります。

大きさの目安はオスが5cmでメスは6cmほど。

かつてこのコリドラスはコリドラス・プンクタータスと思われた時代があり、その名残で「コリドラス パンク」の別名を持ちます。

コリドラス・レウコメラス
エサを探し回っているコリドラス・レウコメラス
コリドラス・レウコメラスの顔アップ
泳ぐコリドラス・レウコメラス

混泳・性格

温和で混泳には向いています。

非常に温和で他の魚にちょっかいを出すことはないため、割りとどのような熱帯魚とも混泳させることができます。

コリドラスを食べそうな魚とは一緒にしない

捕食魚に食べられたコリドラスの死骸魚の口で挟まっていたコリドラス

コリドラスは他の魚に食べられた場合、ヒレをピンと伸ばし続けることでヒレを喉元に突き刺し、捕食者に重大なダメージを与えるという攻撃特性を持っています。

喉元にトゲが刺さることにより出血性ショックで捕食者を死亡させてしまいますので、万が一にもコリドラスを食ってしまうような大きな魚との混泳は避けましょう
(コリドラスも死ぬので共倒れになります)

エサ

沈下すれば割とどのようなエサでも食べます。他魚にエサがとられやすいためこの点には注意しましょう。

エサを食べるコリドラス・ステルバイコリドラスは沈下性のエサが好ましい

コリドラスはエサ自体は選り好みせず何でも食べるのですが、他の魚と一緒に混泳している場合エサをあげてもコリドラスに行き渡らないことがあるのでこの点だけ注意します。

エサにありつけていない場合は沈下性の顆粒フードを多めに与えてエサを食べさせる必要があります。

エサを多めに与えることで他の魚が肥満気味になることが気になるようであれば、タブレット状のコリドラス専用フードを使用するのも手です。

コリドラスタブレットを食べるコリドラスたち割ったコリドラスタブレットを食べるコリドラス

タブレット状のコリドラスフードは少しずつ崩れるタイプのエサで、常にエサをハムハムするようなコリドラスには食べさせやすく、中層を泳ぐ普通の魚からは食べづらいエサになっています。

小粒のエサだけでは他の魚がほとんど食べてしまって太り過ぎる、というようなコミュニティタンクでは使ってみると良いでしょう。

(ただしヤマトヌマエビや中型シクリッドがいると普通にかっさらうので効果がないことには注意)

コリドラスは長い間エサにありつけなくても耐えてくれますが、日頃のエサやり時にしっかり観察しておくことが飼育ポイントですので必ず観察するようにしましょう。

飼育ポイント・注意点

丈夫なコリドラスで飼育は容易ですが、入荷状態には非常に注意が必要です。

丈夫なコリドラスで、安定さえすれば赤コリドラスや青コリドラスと同等クラスに飼育が簡単です。

野生採取モノであるため状態が安定したものを購入すること

アマゾン川マングローブ

流通しているコリドラス・レウコメラスは現地から採集された”ワイルドもの”でありますので、販売時の状態はよく観察しておきましょう

ペルーまたはコロンビアから輸入されてきますが、特にコロンビア便は安価な輸送パッケージにより着状態が非常に悪い場合が多く、入荷状態および可能であれば入荷日は抑えるべきです。

入荷直後は購入を控えるのが強く推奨され、基本的には3週間~1ヶ月ほど長期キープされたものを購入するのがセオリーです。

エラの動きがおかしかったり色が飛んでたりなど調子がおかしいのが販売水槽にチラホラいる場合は、購入してもボロボロ死んでいきますので注意しましょう。

繁殖

繁殖は困難です。

長い間アクアリウムに流通していて飼育者数も少なくないコリドラス・レウコメラスですが、繁殖は確認されていません

そのため繁殖条件など明確に分かっておらず、手探りで繁殖に望む魚になります。

その他・補足情報

コリドラス・レウコメラスと様々なコリドラスたち

現在はコリドラスジュリーやステルバイ、パンダ、アドルフォイなどの東南アジアの養殖コリドラスが多く流通するようになったため、レウコメラスの流通量は結構減りまして現在の入門者からするとややマイナー種になりましたが本来は定番種のコリちゃんです。

値段はそれらの定番コリドラスよりはちょっとだけ高く、数千円もしないためコリドラスのステップアップとして目がいきやすいですね。

模様なんかも個体差や輸入ロットによって差異がありますので、コレクションして違いを楽しむのも面白いでしょう。

入荷状態は必ず注意

コリドラス・レウコメラスのおでこ

なおコロンビアとペルーから自然採取されたものが日本に流通しますが、特にコロンビア便は入荷状態が悪い傾向がありますので長期販売されているものを入手するようにしましょう。

入荷直後の元気そうなものを購入しても、実は爆弾を持ってて後からボロボロ死んでいくっていうのは普通にあるので、回転の早い安売り店で買うのはオススメしません。

多少高く感じようが長期キープされているものを購入するほうが絶対良いです。

繁殖が確認されていない

コリドラス・レウコメラスとコリドラス・シュワルツィ繁殖困難種たち(右:コリドラス・シュワルツィ)

アクアリウムではふるーくから定番種のコリドラス・レウコメラスですが、繁殖が確認されていないという異様に難しい一面があります。(私が知らないだけかもしれませんが)

もし繁殖できましたらコリドラスマニアでもビックリですので、狙ってみるのも面白いです。

なお初心者を脱出したぐらいの人にありがちなのが、卵を見つけて「レウコかも!?」と思っても育ててみると一緒にいれてる別のコリの卵だったというところまではチラホラ聞きますので、是非是非レウコで固めてみましょう。^ワ^

シェアしてね!

Sponsored Link

この記事へのコメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。
    管理者が承認するまではコメントは掲載されません。記事と直接関係ない内容や他ジャンルをけなすもの等、管理者が不適切と判断したコメントは不掲載となる場合がございます。

以上あらかじめご了承の上、投稿下さいませ。

コンテンツ

サイト運営者

運営者のイメージ

ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、愛好家が経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!