水辺を身近に

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)の飼育情報

ファイヤーテトラ
飼育難易度かんたん
大きさ目安2cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳中層あたりをくまなく泳ぐ
群れやすさ○:そこそこ群れる
値段の目安200円~300円

スポンサー

主な特徴

ファイヤーテトラ」、別名「レッドテトラ」は小柄な大きさに透き通った赤い体色が特徴の熱帯魚。

大きさはおよそ2cmほどとかなり小さくネオンテトラよりも小さい魚になります。

ド派手な体色をしてないせいか人気種ではないもののよーく見た時の透明感のある体色はとても綺麗な定番種です。

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)とモス緑と似合う透明感のある赤色

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)とグッピーグッピーと比べてもとても小さい

混泳・性格

温和な魚であり、他の魚にちょっかいを出すようなことはなく混泳にとても向いた魚です。

ヒレをかじるサーペやブラックテトラなどと同じくHyphessobrycon属に属していますが、本種はベタや国産グッピーなどのヒラヒラしたヒレもかじりません。

飼育ポイント・注意点

ゼブタダニオとファイヤーテトラ

その小ささに反して、丈夫な熱帯魚です。

熱帯魚を飼育できる環境であれば基本的には問題ありません。

ただ水槽内で水流がグイグイ回っているような強水流環境だと、泳ぎ疲れて死んでしまうことがありますのでそこだけ注意が必要です。

小さな水槽でモーター式フィルターの場合は、水流をみながら泳ぎっぱなしじゃないかを要観察

エサ

選り好みせず何でも食べます

水面のエサも食いにきてくれるので、市販のフレークフードや粒が小さい顆粒タイプのエサを与えます。

個人的な所感

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)たち

イマイチぱっとはしませんが、透き通った透明感と小さな体格が魅力の熱帯魚。

なかなか魅力は伝わりませんが、よーく見ると骨格具合とか体色とかが透けて良いんですよね。

是非お店で小さいコイツを目で追い回して見て下さい

30cm以下の水槽ってネオンテトラとか小型の熱帯魚を群れさそうと思っても、空間が狭くて群れないということになりがちなんですが、より小さい本種は30cm水槽でも群れる様子を観察しやすいです。

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)とテトラオーロ

もちろんちゃんと広い空間を用意しないといまいちまとまらなかったり、水草に潜ったりするんですがそれでもネオンテトラより1.3倍くらいは群れさせやすいと体感してます。

小さな魚にありがちな神経質で弱いということもなく、魚を飼える環境を用意すれば難なくかえる丈夫な魚なので、定番種なだけの魅力がありますね。

スポンサーリンク

おすすめと関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!