水辺を身近に

ツノガエルがエサを食べない場合の対処について。拒食対策。

メダカを食べるホオコケツノガエル

ベルツノガエルで最も多い失敗が買ってきてエサを食べずに死んじゃうこと。

そんな拒食時に行う対処法を解説していきます。

スポンサー

数日空ける

砂時計の画像

買ってきてすぐ食べないのはストレスで弱っているからです。

人間だってストレスや体調悪い時はガッツリ食べたくないですよね。

数日間そっとしておきましょう

こうすることでお腹も空くため食欲も出ます。

ツノガエルは代謝がかなり低いので数日程度であれば大丈夫ですが、それでも一週間超えでエサ切れだと餓死の危険性がありますので注意。

数日おいても食べない場合は次の方法を試してみて下さい。

メダカを与える

メダカのストック容器ツノガエルが最もよく食べやすいのはメダカです。

メダカをポイッと放った後、ピンセットでメダカを刺激して動いてもらいます。
ピチャピチャ跳ねる様子が食欲をそそるようで結構な確率で食べてくれます。

口に加えて戻すことも無いのでメダカさえあれば拒食で失敗するリスクは大幅に減らせます。

エサ用メダカの値段

エサ用メダカは1匹10円~30円くらいです。

少し大きくなったら人工飼料にチャレンジ

ベルツノガエルの食事ツノガエルは大きくなってくるにつれ様々なエサを食べれるようになります。

メダカを与えていて一回り大きくなったかな?と感じたら人工飼料を試してみましょう。

10匹食べ終わる頃には人工飼料を食べてくれます

無理やり食わせる

ベルツノガエルメダカでも食べない場合は強制給餌。

ピンセットで突くと口開けて威嚇するので小さく分けたエサを少量差し込みます。
量が多いと吐き出すので抑えます。

全然口を開いてくれない場合は手で抑えながらピンセットで横から差し込むようにして口に入れます。

1回の量が少ないので毎日給餌を行って早く大きくさせます。

体力を大きく奪ってしまうので出来ればやりたくないですね。
というかここまで来る個体はその後回復する可能性も低いです。

まとめ、個人的な所感

メダカを食べるホオコケツノガエルツノガエルの給餌ですがメダカ与えればなんとかなることが多いです。

逆に人工飼料食べねーってピンセットであれこれやっちゃうとピンセットにビビッて食わなくなるので、「あっこれ食わねぇわ」って思ったらメダカ与えるのが安全。

あと人工飼料は口当たりが悪いらしく、口に含んでも「ペッ」と吐いちゃう子も結構いるんですがメダカだと吐き戻しもしません。

ホオコケツノガエル、アマゾンツノはいきなり人工飼料を食べないことも多いので、まずメダカだと思ったほうが良いですよ。

ツノガエルは大きくなってくれば何でも食うようになるので、しばらくの仮食だと思ってとっととメダカを与えるのがオススメです。

いつも食べていたツノガエルが食べなくなった場合は病気かも:ツノガエルが膨れて餌を食べなくなる病気「ガス溜まり」について

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。