水辺を身近に

ツノガエルのオスメスの特徴について。見分け方やサイズなど。

正面から見たクランウェルツノガエル

ツノガエルのオスメスの違いや、見分け方を解説していきます。

明確に見分けられるポイントと見分けられるサイズなども。

スポンサー

メスの特徴

ベルツノガエルツノガエルはメスの方がひとまわりでかくなります

でけー!っていう個体はメスですね。

ツノガエルの最大サイズに達するのも勿論メス側。

オスの特徴

ツノガエルとソイル対してメスよりもひとまわり小さいのがオス。
ベルツノだと10cm程度で止まります。

手に乗せるイメージだと、メスだと指にもズシンと乗りますが、オスだと手のひらだけでも支えれるくらいに小さいです。

あとカエルなのでオスは鳴きます

大体6cmぐらいから鳴くことができ、「ファッ・・・ファッ・・・」と聞こえることがあります。

とはいえ6cmになっても元々ほぼ鳴かないので(※繁殖期は別)、中々気づかないことも多いです。

オスメスの見分け方

正面から見たクランウェルツノガエル鳴きの有無でも良いのですが、てっとり早く確認するのは「抱きダコの有無」を見ます。

オスはメスをがっちり捕まるために前足の親指にあたる指に黒い突起物が付いています

クランウェルツノガエルの抱きダコクランウェルツノガエルの抱きダコ

画像のうち指部分に黒く見えるものはゴミでなく、指についた抱きダコです。

これがあればオスと判断することができます。

見分けれるサイズ

5cmほどのベルツノガエルの抱きダコ5cmほどのオスのベルツノ。
模様のようで目立たないが抱きダコができつつある。

およそ5cm程から抱きダコが出てきます。

明確にわかるのは7cmほどが必要です。

アルビノ系は指に黒いものがあれば簡単に見分けることができますが、黒や茶色い模様のあるカエルは紛らわしいのでしっかり突起が出るまで区別がつきにくいです。

まとめ、個人的な書簡

正面から見たクランウェルツノガエルツノガエルのオスメスはある程度育てば、指先を見れば分かります。

是非見てみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

  1. 山田ゆかり2018年5月3日 11:10

    参考になりました!
    ありがとうございました?

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。