水辺を身近に

金魚の背骨が曲がる症状について。原因と対処法について。

金魚の背骨が突然「くの字」に曲がってしまうことがあります。

そんな症状について、原因や対処法などを考察しています。

スポンサー

背骨が曲がる症状について

背中がくの字に曲がって死んだ金魚見た目的には背中がグイッと曲がり、「くの字」になった状態になります。

日に日に進行していくのではなく、朝はなんとも無かったはずが晩見たらそうなっていたと、突発性で前触れ無くいきなり発症します

初期では一見死んだように見えますがエラは動いており時折泳ごうとしますが、発症した場合、次第に衰弱して1日~数日ほどで死に至ります

背骨が曲がる原因

更紗が綺麗な和金金魚というのは何代にも渡って人間の手で作られた改良品種であり、近親交配や健康でなくても生き残れるため、自然動物と比べると弱かったり奇形の個体が多く生まれています。

そもそも琉金(りゅうきん)や出目金(でめきん)などは奇形を固定したもの。

この背骨が曲がる症状というのも遺伝・体質的に不備があって発生しており、多くは生まれてから売りにだされるサイズまでに発症し、淘汰されています。

ただし中にはある程度成長してから背骨が曲がる個体がいて、稀に飼育しているとそのような個体にあたることがあります。

人間においても、同じ食生活を行っていても他の人と比べて弱かったり体に不便がある人がいますが金魚におけるこの症状もそれと同様のものです。

症状が出やすい金魚

桜錦改良品種が多くされた金魚ほど出やすい傾向があります。

たとえば蘭鋳(らんちゅう)や水泡眼(すいほうがん)は他の金魚と比べると背骨も無く、出やすめ。

そもそも背骨が無いこと自体も奇形でありますし・・・。

ただあくまで他の金魚と比べて、ということなので発症する確率自体はかなり低め。
蘭鋳だから出やすいってことではなく、症状が出ること自体とても稀なのです。

背骨が曲がった金魚自体は和金が一番多いのですが、和金は金魚すくいの金魚であり、単に飼われている数自体が多いだけですね。

対処法

ありません

ガンと同じく突発性でどうしようもない病気のため、発症したら心の準備はしておいたほうが良いでしょう。

調べてみると細菌性の病気で薬浴が有効だとか、エサの栄養分が足りないからだ、と言われているのも目にしましたが殆ど希望は望めないと思います。

まとめ、個人的な所感

背中がくの字に曲がった金魚色々言われていますが、ハッキリ断言できずどれもこうじゃないか?という希望予測でしかないと思っていますし、ハッキリ言ってどうしようもないものです。

そもそも琉金(りゅうきん)や出目金(でめきん)などは奇形を固定したもので、ある程度奇形や不良児が金魚に出てしまうのは仕方のない部分であります。

それに対し治療を考えるのは無理かな・・・という感じですね。

そのほか似たような病気として転覆病や浮袋病がありますが、こちらは背骨が曲がりません。

それらも内臓疾患的な病気で治療が難しい病気ではありますが、回復する場合もありますので間違えないようには気をつけましょう。

他の病気は?:金魚の病気・トラブル一覧

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。