アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

エピスティリス症(ツリガネムシ)の治療・対処方法について

エピスティリス症(ツリガネムシ寄生)

エピスティリス症は金魚や熱帯魚がかかる小さな白い綿・点のようなものが体にいくつも付着する症状の病気です。

白点病によく似ている病気ですが、治し方や対象方法が異なる厄介なヤツ。

そんなエピスティリス症(ツリガネムシ病)の原因や治療などの、対処法を解説。

スポンサー

症状と原因

エピスティリス症にかかったと思われるフロントーサ目付近に感染

病気の原因はエピスティリスという寄生虫(ツリガネムシ)で、これが金魚または熱帯魚に感染することにより引き起こす病気です。

白い点・綿のように見えるのは寄生虫が集まっているもので寄生体本体になります。

感染すると魚の呼吸が大ぶりで深くなったり、ヒレをピクピク動かそうとする動きをする場合があります

感染経路は外部からトリートメントせずに入れた場合に発症するケースがほとんど。

エサ用の小赤などが最も多いのではないでしょうか。
肉食魚は不衛生になりやすいので、そこもまた病原虫が繁茂しやすいポイントになってしまいます。

白点病と似ているが対処方法は異なる

これが白点病

白い点がいくつも集まるため、白点病と似ているのですが異なる病気です。

見分け方としてはこちらの方が大きく綿っぽい、まん丸じゃなく形が崩れるのが特徴。

白点病の方が白点が小さめで、丸い傾向があります。

初期は特に似ているのですが、病気が進行するにつれ見分けやすくなってきます。

見た目に騙されて白点病の対処をしても効果は薄いので見極めがとても重要になります。

治療法

グリーンFゴールドバケツや予備の水槽に隔離して、エピスティリス症に効果のある薬剤を使って薬浴します。

効果のある薬剤としては「グリーンFゴールドリキッド」など。

隔離しないケースもありますが、水中のバクテリアにダメージがあるため通常は隔離を行います。

濾過ナシ、砂利なしで毎日水換えするケースだとそのまま投与しても構いません。

薬浴している様子

治療期間

半日も薬浴すれば見た目状の症状はだいぶマシになります。

薬浴期間は使用する薬剤の説明に従って使用して下さい。

エピスティリス症にかかったと思われるフロントーサ薬浴開始前の病状
薬浴によりエピスティリス症の見た目の病状が無くなったフロントーサ薬浴半日後の様子

再発防止のために

VX-75の濾材の洗浄エピスティリス症は外部からの持ち込みが第一関門ですが、不衛生な環境だと増えやすいという側面も持っています。

感染があった水槽は水を全て入れ換え、またフィルターなどを綺麗に洗ってしまい、病原菌の温床となる淀みを解消し、清潔にしておきましょう。

その後は換水頻度を上げて清潔に保ち、薬浴から戻した個体が再発しないか?他の個体が発症しないか?と、様子を見ていきます。

生体にあったフィルターを使っていないと良いバクテリアが少なく、悪い菌が増えやすくなってしまうので必要であれば飼育器具も見直す必要がありますね。

できれば新しい魚を入れる場合、トリートメントを行って病原菌を持ち込まないようにする方が良いのはその通りです。

関連:金魚お迎え時のトリートメントについて。やり方とメリットなど

まとめ、個人的な所感

エピスティリス症(ツリガネムシ寄生)エピスティリス症の厄介なところは一見白点病に見えるので、白点病と見間違えてしまうこと。

白点病だと思いこんで、誤った処置を施してした結果、治らずに病状が悪くなってしまいます

どちらも対処法さえ正しければ回復に向かうので、まずは病気を見極めることが大事だと言えます。

他の病気は?:金魚の病気・トラブル一覧

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ガー規制のチラシ

2018年4月から始まるガーの規制についてのまとめ

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg