水辺を身近に

金魚お迎え時のトリートメントについて。やり方とメリットなど

水合わせとともに金魚お迎え時の大切なケアが「トリートメント」。

大事にしている金魚であるほど重要性は上がってきます。

トリートメントを行うメリットや行ったほうが良い場合、やり方など、トリートメントについて解説していきます。

スポンサー

トリートメントとは?メリットなど

エピスティリス症(ツリガネムシ寄生)トリートメントとは本水槽に入れる前に別容器で金魚をケアすることを指します。

購入したきた金魚というのは悪い病原菌を持っていることが多く、輸送で弱ったところに発症する可能性があります。

そうなると病気のキャリアとなってしまい、元々水槽にいた健康な金魚が病気に感染するリスクを抱えています。

この病気の感染を防ぐために別容器で療養・ケアすることがトリートメントの役割というワケです。

トリートメントには病気に持ち込み防止の他に、弱った金魚を集中してケアするメリットもありますね。

トリートメントを行った方が良い場合

正面から見たピンポンパール今飼っている水槽の金魚が大事であれば大事であるほどトリートメントの重要性が増します

何年も付き合った金魚が新しい金魚を入れたせいで死んでしまったら非常に悲しいです。

大抵は治療可能なのですが治療する場合余計に手間がかかりますし、中にはクリティカルヒットする場合があり怖いところ。

トリートメントを行ってさえいればこんなことにはならなかったのではと非常に後悔している人も。

買った水槽の環境が良くない場合

エピスティリス症(ツリガネムシ寄生)の金魚売り場に1匹でも怪しい金魚がいた場合は要注意

また購入元の環境があまり良くなく病気の菌が多いのではないかと思った場合も、重要性が上がります。

不衛生な環境では悪い菌が湧きやすく、そのようなところからお迎えした金魚というのは病気を持っていることが多いですね。

同じ水槽に入れられている金魚が病気にかかっていた場合も要注意

見た目には元気そうに見えてもその金魚が免疫を持っているだけで、お迎えすると他の金魚が感染して死んでしまうケースも十分あります。

この場合もトリートメントを行って病原菌の持ち込みを防止したほうが良いでしょう。

簡単なトリートメントのやり方

人工海水の投入最も簡単でよく行われているトリートメントが「塩」を使ったトリートメント方法です。

こちらは弱った金魚のケアを重視した方法で、ついでにある程度の病気を予防する効果があります。

バケツなどにカルキ抜きかつ常温にした水を張り、0.5%になるように塩を入れ、そこで3日間過ごさせます

0.5%なので10リットルなら50gですね。

常温にするのは温度変化でダメージを与えないためで、また水の量は5リットルぐらいは用意した方が良いでしょう。
あまりに小さいと水が汚れやすく、また気温変化で金魚を死なせてしまいます。

エサは与える必要は無く、むしろエサを与えてしまうと水が汚れて死んでしまうので避けて下さい

もちろん金魚を容器に入れる際の水合わせは必要です。

関連いきなり水槽に入れてはいけない!?水合わせの必要性とやり方!

なぜ塩水が優しいの?

オランダシシガシラ金魚の体内が0.5%の塩分濃度であるため、コレと同じ濃度であることが重要です。

金魚は塩分差で体に水分が入ってきてしまわないように体力を使い防止しています。

体内と同じ塩分濃度にすることにより余計な体力を使わなくなるため、体力回復に集中できるというワケなのです。

塩分には殺菌効果もあり

水面を見ている水泡眼体力回復の他に塩分には多少の殺菌効果があります。

数日間塩浴させることにより、白点病の原因寄生虫の幼体など弱い病原菌を殺菌可能です。

市販薬と比べて殺菌できる範囲は狭いものの、金魚のケアついでに病気を予防することができますね。

水槽に直接塩水を入れてもよい?

投げ込み式フィルターと金魚塩水には殺菌効果があると言いましたが、水を綺麗にしてくれるバクテリアもダメージがあります。

そのため動いている水槽に塩水を入れてしまうと浄化能力が消失してしまい、水槽をダメにしてしまいます

ただし立ち上げ直後の水槽であれば、バクテリアが元々いないのでOK。

塩分がある状態ではバクテリアが増えず水を綺麗に保てないので、しばらく経ったら水換えを行って塩分を排出していきましょう。

塩によるトリートメントは病気の持ち込みという観点は弱いけど、簡単に出来て弱った金魚に優しいのがメリットだヨ!
ロボうぱ

よりしっかりしたトリートメント

トリートメント中の金魚先程のはあくまでお迎えする金魚のケアに重点を置き、いわば病原菌予防はおまけです。

しっかり菌の持ち込みを予防するためには薬品を使って殺菌する必要があります。

塩水の代わりに「メチレンブルー水溶液」や「グリーンFゴールドリキッド」などを使って薬浴を行います。

1日~1週間の薬浴を行った後、金魚の様子をガラス水槽などで観察して問題ないようなら本水槽へ移します。

期間は使用する薬剤によって異なり、長期間薬浴する場合はフィルターなどを使って水を循環させたほうが良いでしょう。

フィルターを使用する場合は活性炭入りやゼオライトなどの吸着剤が入ってないものを使用してください。
薬を吸着するので本来の薬剤効果が出ません。

トリートメントで使われる薬品

魚の治療薬最もトリートメントで使われるのがメチレンブルー水溶液だと思います。

単価が安く、最も発症率の高い水カビ病や白点病、尾ぐされ病などに効果があり、魚への負担が少ない薬剤だからです。

そのほかグリーンFゴールドやエルバージュなど他の薬品も使われ、メチレンブルーとは異なった範囲の殺菌が行えます。

薬剤によっては長時間の使用がタブーなものもありますので、使用する薬剤の取扱い説明書は必ずチェックした上で使用しましょう。

病原菌の持ち込みリスクを重視したのがこのトリートメント方法!
ただし金魚に負担はかかってしまうので注意が必要だネ!
ロボうぱ

まとめ、個人的な所感

トリートメント中の金魚金魚のお迎え時にはできるだけやったほうが良いのがトリートメント。

やらなくても問題ないことの方が多いので、最初は特にする必要性も無いと思います。

しかし飼っている金魚が何年も経って、大事になればなるほどトリートメントが大切になります。

トリートメントをやられている方って一度痛い目を見てる人なんですよね。

かくいう私も何年も病気が無かった水槽にも関わらず、新しく金魚を持ち込んで病気が蔓延しちゃったことがあり、それ以来薬剤を使っての簡単なトリートメントを行うようにしています。

人間でも帰ったらうがい・手洗い・アルコール消毒をして菌の持ち込みを防いでいますよね。

トリートメントはそれと同じこと

薬剤を使うトリートメントは金魚に負担をかけてはしまいますが、すでに水槽にいる金魚たちが全滅するリスクを考えるとやっておきたいところですね。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!