水辺を身近に

石と丈夫な水草のお手頃石組レイアウト!【水草レイアウト制作ノート】

水草水槽だとソイル+CO2添加が鉄板。

今回のレイアウトではそのどちらも使わずに綺麗な水草レイアウトを目指して作ってみました。

その作り方や制作過程をまとめた水草レイアウトの制作ノートです。

スポンサー

使用した主なアイテム

45cm水槽

水槽台に置かれた45cmハイタイプの水槽

今回は45cmレギュラー水槽を使っています。

レギュラーといえば横45cm✕奥30cm✕高さ30cmですが、実際に使っているモノは高さが36cmと高めのハイタイプ。

というのも地震きた時に備えて水位を下げて使っているので実質45レギュラーです(◞‸◟)

外部式フィルター

テトラVX-75のパッケージ

外部式フィルターの「テトラ VX-75」をチョイス。

二酸化炭素の添加を使わないから上部式でも良いのでは??と思うトコロですが、水槽上部を半分占めるのでライトを効率よく使えないのと、後からライト2台構成や状況に応じて二酸化炭素添加にも切り換えれるので避けました。

それに上部式は魚を多く泳がせると濾過不足から病気に繋がりやすいので、そういう意味でもレイアウト水槽には外部式フィルターの方が相性が良いです。

関連テトラの外部式フィルター「VX-75」レビュー。競合製品との比較など

照明

45cm水槽に使われているGEX CLEAR LED POWER Ⅲ

水草の成長は「光」と「二酸化炭素」による光合成が基本なのでその光を生み出す照明装置はとても重要です。

今回は「GEXのクリアLEDパワーⅢ」を1台使用しました。

安価ながらそこそこの光量と及第点のスペクトルで定番のLEDモデルです。

ロタラなど光量の強い水草には力不足ですが、あまり光量を必要としない水草に絞っています。(後述)

関連定番ライト!GEX「クリアLEDパワーⅢ」レビュー!見え方や水草育成など!

水槽レイアウト用の石

今回レイアウトの要となるのが石。

熱帯魚用ショップでレイアウト用の石として売られていたものですが、「龍王石」とか「青華石」あたりだと思います。

その辺の石でも良いような気がしますが、レイアウト用は綺麗で置くだけでも様になりますし、その辺の石だと何が付いているのかわからないので市販されているのがオススメ。
(それに今の時代窃盗罪に当たる場合も(◞‸◟))

メインとなる大きな石を中心にその周りをデコれるように中ぐらいのを複数揃えましょう。

水槽のセット・立ち上げ

水槽の設置

水槽台に置かれた45cmハイタイプの水槽

まずはともあれ水槽を置きます。

丈夫なラックなどの上でも良いのですが水槽台がしっかりしていてベター。

また水槽の設置場所は陽が当たらない場所にしましょう。

水草のため陽が当たったほうが良いと思いがちですが、陽があたると温度が急上昇して魚がボロボロ死んでしまいます。
(人間もそうですが生き物は温度変化に弱い!)

フィルターのセット

次にフィルターをセットしていきます。

セットされた外部式フィルター中古なので配管類がジャンク品です(◞‸◟)
水槽台にしまわれたVX-75本体は水槽台に

外部式フィルターというと設置が大変のように思いますが、洗ってホースをセットするだけなので特に難しいことはありません。
(取説通りです)

砂利を敷く

砂利をひらべったく敷いた様子

フィルターをセットしたら底床材である砂利を敷きます。

今回使用したのは「ADA ラプラタサンド(LA PLATA SAND)」。

コリドラスという底棲のナマズも入れたいと思っているので、粒が細かくて水質を大きく傾けない砂利ということでチョイス。

ADA製品は店頭でしか売ってない(通販禁止)のがネックですが、明るい色味で気に入っています。

斜め後ろからみたアンダーソンサラマンダーこんな感じ!

色味は異なりますが、「ボトムサンド」とか「田砂」も粒が小さくて水質を傾けないのでオススメです。

砂利はあらかじめバケツなどでよく洗って濁りを”ある程度”落としておきます。

ある程度、というのは砂同士が擦れるとどうしても削れて粉が出てしまうため、透明になるまでゴシゴシ洗うと永遠に洗い続けることになります。

砂利を洗っている様子これは別の砂利ですがこんな感じで

まぁまぁ汚れが出なくなったら水槽に投入していきましょう。

石をレイアウト

作り中の石組レイアウト

あとは石を使って「あーでもないこーでもない」と構図を考えます。

石は水槽にぶつけると割れることもありますので取扱いは慎重に(=゚ω゚)ノ。

作業しにくかったら水を入れてやるのも手ですね。

最終的には以下の感じになりました。

45cm石組レイアウト製作中・・・最終こんな感じで!

砂を掘るコリドラスを複数匹泳がせたいので右側に広く空間を取るレイアウトに。

レイアウトテクニックとして手前に大きい石を置いて遠近感を出すのと、左奥を中心に放射線状の流れを意識しつつ石を置いてそれっぽくしています。

理論はどうあれ「おっいいんじゃない??」っていう感性が大事ですね。

石組系の詳しいテクは以下の記事でまとめてます。

関連綺麗な石組レイアウトを作るための6つのレイアウトテクニック

上から見た45cm石組レイアウト上から!

あと細かい小技になりますが、作った斜面が崩れにくいように平べったい小石を要所要所に刺しています。

こうすることで石が歯止めになるので、何も入れないよりかは斜面が崩れにくくなります。

小石を埋めて斜面を維持しようとしている様子小石を
小石を埋めて斜面を維持しようとしている様子その2埋めて斜面を崩れにくく

水草の植栽

後は水草をピンセットや手で植えていきます。

今回植栽する水草は以下のものをチョイスしました。。

  • (ニュー)パールグラス
  • ストロギネ・レペンス
  • クリプトコリネ・ウェンティ

今回の味噌はなんと言っても「パールグラス」。

群生するパールグラス

パールグラスは光量をそこまで必要とせず、水質の適応範囲も広い上、葉が小さく綺麗に育つ水草です。
(しかもトリミングにも強い)

「育成が簡単で丈夫」と言われる水草はただ伸びるだけで、悪い環境だと密度がカスカスだったりと「綺麗に育つワケではない」ことが大体でレイアウトに使いにくいんです。

例えば以下の水草水槽はレイアウトは60cmもある大きな水槽なのですが小さく窮屈に見えませんか?

水草水槽

いずれも初心者にオススメの丈夫な水草たちを植えていますが、どれも葉が大きく密度がスカスカで水槽を小さく見せてしまいます。

その点パールグラスはある程度の光量さえ確保すれば簡単にこんもりとした茂みを作ることができるので水草レイアウトを始めたい初心者には超オススメ。
(初心者で綺麗な水草水槽を作るならコレが一番だと思います。)

また成長も早いのでバンバンパールグラスを育ててコケの抑制も抑えようと考えています。

そのほかパールグラスだけでは寂しいので前景草として「ストロギネ・レペンス」。

根が張ればジワジワ大きくなっていきレイアウトの中心になる「クリプトコリネ・ウェンティ ブラウン」をチョイスしました。

いずれもCO2無し・ソイル無しかつ光量をそこまで必要としない丈夫な水草たちです。

トロピカのストロギネ・レペンス(組織培養)ストロギネ・レペンス
クリプトコリネ・ウェンティ(ブラウン)クリプトコリネ・ウェンティ ブラウン(POT)
CO2発生装置やソイルを使わないお手軽水槽!
その分使える水草は限られてくるから綺麗で大丈夫なモノを選んだヨ!
ロボうぱ

植栽の様子

パールグラスは3本ぐらいにまとめてピンセットで挿していきます。

パールグラスを植えようとしている様子パールグラスを束ねて
ピンセットでパールグラスを植えている様子ピンセットで植えると小さなスキマにも植えやすい

最初はどうしてもスカスカになると思いますが、パールグラスは環境に適当すればすぐに増えるのでカスカスでもOK。

カットしても芽が出るので、カットした残りを再度砂に植えていけばどんどん増えていくことになります。

クリプトコリネはPOT売りのモノを使ったので適当に分けて使いやすいサイズを植えています。

POT入り水草のウールを取り外した様子POTから出してウールを除去
クリプトコリネ・ウェンティを植えようとしている様子手で植える

最終的にはこんな感じに。

水草を植え終わった新規水槽正面から
水草の植栽完了(上から)上から。
今回多めに植えましたが少なめを増やしていくのでも構いません。(ただし完成までは長くなります)

水を入れて各種器具をスイッチオン

バケツで水槽に水を注いでいる様子

後は水を入れてフィルターのスイッチを入れ、水の循環を開始させます。

照明器具も点灯させはじめましょう。

一般的には1日照明8~10時間だと言われますが水草が本調子じゃないのに8時間で点灯しちゃうとコケのほうが伸びてくるので最初は抑え気味にします。

水草が増えてくるまでは4時間点灯にしていますが、伸びてくれば4時間→6時間→7時間→8時間にしてもOKです。

この時気をつけてほしいのが点灯する時間と消灯する時間は必ず決まった時間にON/OFFすること。

実は水草にも人間と同じように起きる・寝るの体内サイクルがあり照明器具が滅茶苦茶だと調子を崩してしまったりします。

毎日決まった時間にON/OFFできればよいのですが、できる人は限られてきますしメンテナンスフリーな24時間タイマーがオススメ

私は↑こういうヤツを照明器具に接続して使っていますが使いさえできれば何でも良いです。

水槽は最初は白く濁ったままだと思いますが1日~2日も経てばクリアな水に落ち着きます。

濁りが取れた新しい水槽

後は「植物が根を張って成長→カットしてカットしたものを植えてボリュームアップ」これを繰り返すことにより綺麗な水草レイアウトに近づけていきます!

このタイミングで魚を入れてもいいんだけど、掘り返されたくないのである程度根が張るまで入れないコトにしたヨ!
ロボうぱ

補足ですが液肥や追肥類は使いません。
(無くても育つ水草たちで、使ってもコケが生えるリスクのほうが大きいため)

育成の様子

2週間後

立ち上げ2週間後の石組水草水槽

2週間も経ってくるとコケが目立ってくるようになります。

美観が気になるトコロですがパールグラスも伸びているのでこのまま放置して様子を見ています。

というのも今生えているコケは駆除が簡単なコケ(アオミドロと茶苔)であって、これを除去してしまうと駆除が厄介なコケ(黒ヒゲなど)が生えてくる可能性があるからです。

1つのコケが繁茂している際はそのコケにより水草が使い切れないコケを吸い尽くしてくれたり他のコケが生える場所を覆ってくれるので、その他のコケが生えにくくなるんです。

今生えているコケはエビを入れると簡単に無くなるのですが、駆除すると厄介なコケが勢力を伸ばしてくる可能性があるため水草が伸び切るまでは放置気味でいきたいと思います。

関連水槽に生えるコケ一覧とその除去・対策方法【総集編】

魚はいつ入れて良い?

また「魚はいつ入れてもいいの?」も気になるポイントですが、少しずつであれば水が透明になったあたりぐらいから入れても特に問題はないです。

このレイアウトでは立ち上げから一週間過ぎたぐらいに3匹のソードテールをお迎えし、2週間後ぐらいにカージナルテトラを5匹迎えています。
(あと別水槽で追いやられたサイアミーズフライングフォックスが1匹いてます)

ソードテールたちソードテール(コイタイプ)
カージナルテトラと熱帯魚たちカーディナルテトラ

最初は水槽のキャパシティが小さいので、最初から多く入れてしまうと病気が蔓延しちゃったりします。

未だ水草も伸び切っていませんしコケ抑止のためにエサも控えめにしたいので、魚を入れる場合は控え気味にしましょう。

カーディナルテトラなら、今水槽にいるサイズで20匹ぐらいはイケるけど最初からそれやっちゃうのはダメってコト!
ロボうぱ

1ヶ月後

立ち上げ1ヶ月後の石組水草水槽

1ヶ月ぐらいでパールグラスが水槽に適当してグイグイ伸びてくる時期だと思います。

コケも同時にグイグイ伸びていますが水草が成長しているので相変わらずこのまま放置で。

また3~4週間ぐらいで一度水換えを行っています。

魚も少ないため水換えする必要はないんじゃない?と思いがちですが、実は水道水には水草の成長に有用な栄養分が含まれているで、それを補充する目的で行います。

水換えの様子

水換え中の水槽

水槽用に売られている水換えホースとバケツを使えば水換えをサッと行えます。

水換えする量ですがこの水槽なら半分ぐらい換えてしまいますね。

中に入っているのは丈夫な魚たちなので多めに換えてもOKです。ただし水温だけは大体で良いので合わせて下さい。
(あと当然ながらカルキ抜きも)

新しい水と水槽の水に手を入れてみて大きく違うなと感じる場合はNG!魚が瀕死になります

水換えで水が抜かれた水槽これぐらい換えます
メラミンスポンジで前面ガラスを掃除している様子前面ガラスだけメラミンスポンジで綺麗に

前面ガラスは鑑賞に直結するので、メラミンスポンジでコケを落としていますがソレ以外はコケは放置。
(放置したら余分な栄養吸ってくれるので!)

水換え頻度ですが2週間~3週間に一度くらいでOKです。

考え方としては短ければ短いほど栄養レベルを適切に保てるのですが、大変なので2週間に一度ぐらいが良いのかなぁという感じですね。

(ソイルを使った本格的なヤツだと毎日~数日に1回換水したりするヨ!!)

2ヶ月後

立ち上げ2ヶ月後の石組水草水槽

水草(パールグラス)が広がっているのがわかりますでしょうか?

実はパールグラスが結構伸びてきたので一度カットしてカットした分を間に入れたり、横に広げたりしてボリュームをアップしています。
トリミング前はこんな感じ。

伸びてきたパールグラス

パールグラスのように茎が1本あってよこに葉が出てくるタイプは「有茎草」と呼ばれる水草なのですが、このタイプの水草はカットしてもまた芽が出てくる上に、カットした側も植えればそのまま育ちます。

なので「カットして植える→カットして植える」でどんどん水草のボリュームをアップすることができるんです。

水草のピンチカットと差し戻しカットして別の所へ植える
水草のピンチカットと差し戻しその後時間が経つとこんな感じに!

補足するとカットする側される側も健康に育っていないとダメなのですが、パールグラスであれば特に気にせずとも健康に育つので状態は特に気にせずともOK。

この「カット→植える」を繰り返して植えれる場所があれば間に入れて密度をあげたり、領土を広げていったりしてレイアウトの完成度を高めていきます。

また水草の調子も上がってきましたのでカットした辺りからヤマトヌマエビを7匹ほど投入しています。

流木にいるヤマトヌマエビコケ取りの代名詞

ガラス面のコケ取りといえばオトシンクルスなのですがオトシンはほぼ茶ゴケしか食べず、今水槽のガラスに生えてるのは茶ゴケじゃないので効果は期待できません。(餓死しがちに)

貝類も良いのですが今水槽に生えているのはアオミドロと茶ゴケなので小回りがきくヤマトヌマエビが一番効果的です。
(ガラス面は手動で綺麗にしましょう)

水草の量と調子が上がればコケが吸収するハズだった栄養を奪ってくれるので、駆除しやすいコケを除去しても厄介なコケが生えにくいですね。

あとレイアウトとは一切関係ないんですが、ソードテールが勝手に増えているようで小さな稚魚が1匹泳いでました。Σ(゚Д゚;)。

ソードテールの稚魚オレンジの小さいの分かりますかね??(・ω・`)

卵胎生メダカは卵ではなく稚魚の状態で出産するのもあり増やすのは簡単なんですが、それでも水槽内で増えてくれたのは嬉しいですよね!

3ヶ月後

3ヶ月後の石組水草水槽

トリミングした分が伸びてきています。

特に変わったところはないのですが魚、コリドラスが少しずつ増えて今3匹になりました。

メンテナンス直後の方が綺麗なのでコチラの写真を・・・(3ヶ月半ほどの写真)

石組水草水槽生まれたソードテールも大きく育ってきた!!

あとは「伸ばす→カット→植える」の繰り返しですねー。

砂も平坦になってきたのでどこかで手前の砂をキレイにした上で、斜面を戻そうと思っています(=゚ω゚)ノ。

4ヶ月後

育成中・・・

おわりに、個人的な反省とか

石組水草水槽

二酸化炭素が無くてもソイルを使わなくても強いライトを使わなくてもそれっぽい水草水槽を作ることは可能といえば可能です。

ただし水草を”丈夫なもの”だけで選んでしまうと圧迫感があったり密度が出なかったりとサマにならないもの。

今回のレイアウトでは石を使っておおよその迫力を出しつつ、丈夫でキレイに育つパールグラスを主体にしてレイアウトしてみました。

流石に水草レイアウト同等とまではいきませんでしたが、まぁまぁそれっぽい水草水槽になったのではないかなぁと思っています。

反省するところとしてはあんまり無いのですが、しいて言えばやっぱり二酸化炭素点火装置はあったほうが良かったですね。

二酸化炭素を添加している様子こういうの

植物の成長って光と二酸化炭素による光合成によるものが最重要なんですが、不足しがちな二酸化炭素を添加すれば成長速度にブーストをかけることができるんです。
(これは植物工場でも行われてます(=゚ω゚)ノ)

それにより成長速度が早くなってレイアウト完成までを短くできるほか、光合成増加により栄養の吸収量が上がってコケが抑えられるようになるメリットもあります。

水草を選べば無くても良いといえば良いのですが余裕があれば是非是非検討してもらいたいアイテムですね。

液肥や追肥などの追加栄養はコケまみれになるのでオススメしません。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!