コリドラス・ロレトエンシスの特徴・飼育情報

コリドラス・ロレトエンシス
飼育難易度気をつけたい
大きさ目安5cm
適応水質○:弱酸性
◎:中性
×:弱アルカリ性
性格温和
遊泳砂利表面を掘ったりしながら底を遊泳
群れやすさ△:ちゃんと群れさせるなら60cmぐらいの"空間"が必要
値段の目安1,200円~1,700円
別名

スポンサー


主な特徴

コリドラス・ロレトエンシス」は透明感のある地肌にゴマシオ模様が特徴的なコリドラス。

一般的なコリドラスとは少し変わった体型をしており、背ビレから目の先というか頭の部分が角ばっていて全体的にカクカクした印象を持ちます。
(普通のコリドラスは背ビレから頭にかけて丸い)

目についても普通のコリドラスより白目部分が大きく、若干横に広いためか猫のような目をしています。

加えて背びれもアンテナ状に伸びるという特徴もあって、普通のコリドラスと比べると何か雰囲気が違うコリドラスです。

コリドラス・ロレトエンシス全体的に何か違和感体型
プレミアムモスとコリドラス・ロレトエンシス

混泳・性格

温和であり、どの熱帯魚とも混泳には向いています。

飼育ポイント・注意点

入荷時やお迎え時など環境変化にはちょっと気をつけたいところ

水合わせなどには気を使い、慎重かつ丁寧な水合わせを行いましょう。

あとアンモニア・亜硝酸の類には弱いのでフィルター及び濾過バクテリアのキャパシティを超えないようにも留意します。

とはいえちゃんとしたフィルターを用意して、一度環境に落ち着きさえすれば丈夫なコリドラスなので、過度に恐れる必要はありません。
(落ち着けば2/3換水とかでも平気です)

エサ

中層を遊泳する魚と一緒にしている場合、エサをあげてもコリドラスに行き渡らないことが多いので注意

あまりエサにありつけていないなと思ったら沈下性の顆粒フードを多めに与えてみたり、専用のコリドラスフードを与えると良いでしょう。

コリドラスタブレットを食べるコリドラスたちコリドラス用フードを食べるコリドラスたち

コリドラスフードは少しずつふやけることで、他の魚がエサを奪いにくくなっているのでコミュニティタンクではオススメです。

ともあれコリドラスはタフな魚。長い間エサが少なくても全然耐えますので、まずはよく観察するのが重要です。

個人的な所感

コリドラス・ロレトエンシス

涼しげな印象のあるコリドラスで、綺麗なコリドラスとして数えるひとも少なくありません

大きさも普通っていうか平均的なコリドラスより気持ち大きくならないっていうのも個人的には良いですね。

体表のゴマシオ模様は環境によっても変わり、ビビっていたり周りが白いと薄くなります。

コリドラス・アトロペルソナータスとコリドラス・ロレトエンシスとボトムサンドで色飛びしたヤツ。
(ただ個人的にボトムサンドはなんかエラの動きがおかしい感じがするのでオススメはしない・・)

コリドラスは明るい砂だと色が飛んでガッカリ・・というのもありますが、ロレトは飛んだら飛んだでそれはありかな?とも思います。

(個体や入荷ロットによっては背びれが黒いケースもあり、それを楽しむなら落ち着いた砂利が良いケド)

体型は独特で、他のコリドラスでもロレトエンシスと同じように角張った体型のものを「ロレト体型」と表現したりします。

あとはやっぱりがなんかエジプトの神みたいでなんともいえないアンニュイ?です。

コリドラス・ロレトエンシスの真正面顔正面
2匹のコリドラス・ロレトエンシス

スポンサーリンク

おすすめと関連記事



同じカテゴリーの記事

コメント

  • 投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で編集されて掲載される場合があります。
  • コメントは承認制です。管理者により不掲載となる場合がございます。以上あらかじめご了承下さい・・・。

コメントが送信されましたら、ページ上部へ移動します。

主な書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!