水辺を身近に

ネオンテトラの飼育情報。混泳やエサ、飼育ポイントなど

ネオンテトラ
飼育難易度かんたん
大きさ目安3cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
△:弱アルカリ性
性格温和
遊泳中層をくまなく泳ぐ
群れやすさ○:そこそこ群れる
値段の目安50円~200円

スポンサー

主な特徴

ネオンテトラネオンテトラは光り輝く青と赤のラインが美しい小型熱帯魚

熱帯魚の代表格とも言っていいほど有名な魚で、昔から現在まで親しまれています。

群れで泳ぐ性質があり、まとまって泳ぐ様は川の流れのようで非常に美しい魚です。

また昔から東南アジアで大量に養殖されているので、非常に値段が安くて入門向きなのもポイント。

一時は10匹で300円、つまり1匹30円でメダカや金魚よりも安いということもあったほど。
(2018-10月、現在でもネットで100匹3000円がありました・・。)

ネオンテトラ(アップ)メタリックブルーと赤が綺麗
水草とネオンテトラの群泳多く入れることで幻想的に

混泳・性格について

ネオンテトラとラスボラ・ヘテロモルファ

ネオンテトラは温和な性格なので、どの魚とも組み合わせられる熱帯魚です。

ただ小さい魚なので大き魚と一緒にすると食べられてしまいます。
魚は口に入れば何でも食べるイキモノです

あと代表的な熱帯魚であるエンゼルフィッシュと混泳するケースも多いのですが、エンゼルフィッシュはネオンテトラを食べれるぐらいに大きくなることには留意しておきましょう。

エンゼルフィッシュと組み合わせたい場合はほぼ同じカラーリングで一回り大きい「カージナルテトラ」の方がオススメです。

飼育ポイント・注意点

濁りが取れた新しい水槽

非常に丈夫な熱帯魚であるため、熱帯魚を飼える最低限の環境であればOK。

熱帯魚というと難しいように思われますが、分かりやすく言うとメダカに熱帯魚用ヒーターを付けるぐらいの難易度です。

エサは水面にきて何でもバクバク食べますが、口が小さいのでフレークフードまたは小さな顆粒タイプが適しています。

あと大量に養殖されていますが水槽で増やすのは難しい魚です。
(熟練者が専用の繁殖水槽を用意してどうかな・・・という程度。稚魚も小さいのでエサが難しいようです)

個人的な所感

ネオンテトラ

「ネオンテトラ」は丈夫・温和・安い・綺麗・群れる、と五拍子揃ったスターフィッシュ

熟練者ほど「入門種」というイメージから避ける傾向にありますが、これだけ魅力的な魚は他にいません。

水草レイアウトではそいういうこともあってあまり使われませんが、本来は水草水槽にとてもマッチする魚です。

カラシンの中には良い水質じゃないと本来の色が出せないという魚もチラホラいますが、このネオンテトラは環境がズレていても色褪せないのも魅力ですね。

初心者はもちろんのこと、熟練者もよーく見てみると本種の良さを再発見するハズ!
(このカラーで50円ってすごくない!?)

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!