アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

砂利・底砂の種類と選び方

セラミックサンド

熱帯魚の用品コーナーにいくと様々な砂利・底砂が販売されており初心者であれば何を買えばいいのか判断がつかないと思います。

ソイル・大磯砂・サンゴ砂など底砂の種類はいくつかありますが、それぞれに特性があり魚種や飼い方によっては選んではいけない組み合わせが存在します。ただ単に色や形だけで選んでしまうと失敗してしまうこともあります。

アクアリウムで用いられる底砂の種類と選び方をご紹介します、

スポンサー

底砂の種類

おおまかに分けると以下のようになります。

  • 砂利・砂系
  • サンゴ砂
  • ソイル
  • セラミック製
  • アクセサリー系

ショップに並んでいる底砂は上記に大別することができます。

それぞれ特性があります。

砂利・砂系

田砂とウーパールーパー岩や砂利などを採集してきたタイプで、粒を選別して揃えたり砕かれているものになります。

自然素材で出来ているため見た目が自然になり、最も利用されている底砂だと思います。

岩系の素材になりますので使い始めはカルシウム成分が溶け出し水質が「弱アルカリ性」に傾きがちです。

例、大磯砂:弱アルカリ性
例、田砂:やや弱アルカリ寄りの中性
例、砂浜の砂:弱アルカリ性

どの程度「弱アルカリ性」に傾くかは素材によっても異なり、全く水質に影響しない底砂もあります。

また長期間の使用によって溶けだす成分が無くなると「弱アルカリ性」に傾く性質が無くなり水質に影響しないように変化します。

  • 素材によって異なるが「中性」~「弱アルカリ性」の水質

サンゴ砂

サンゴ砂とヤドカリサンゴの死骸を砕き、底砂に加工したものです。

水質を「弱アルカリ性」に傾けることと、多孔質であることが特徴です。

水質が「弱アルカリ性」に傾むく特性を持っていますので飼育できる魚・水草が限られてしまいますが、逆に弱アルカリ性を好む魚にとっては棲みやすい環境にすることが出来ます。

また多孔質であるという特性があります。

これはどういうことかというと、目には見えない小さな穴が多く空いており濾過バクテリアが多く棲みつきます。その結果濾過能力を底上げすることが可能であり、また濾材として使用することもできます

白くて初心者がついつい買ってしまいがちですが、水質が「弱アルカリ性」になることに注意が必要です。

  • 水質を「弱アルカリ性」にする
  • 多孔質素材で濾過能力が高い
  • 濾材としても使用が可能

ソイル

アピストとソイル

アマゾン川に棲む魚とは基本的に相性が良いです

泥を固形化したものになります。イメージ的には園芸で使用する土を固めたものに近く、アクアソイルやプラチナソイルなど商品名にソイルが入っている製品が多いです。

水質を「弱酸性」に傾ける性質を持っています。(一部の製品は「中性」に傾けるものもあります。)

そのためアマゾン川の熱帯魚をはじめとし弱酸性を好む魚にとって棲みやすい環境にすることが出来ます。

弱酸性の強軟水しか受け付けず育成が難しいとされているチョコレートグラミーもソイルでは容易に飼育することができます。

植物の栄養を多く含んでいるため水草育成に適しています

殆どの水草水槽は底砂にソイルを使用しており、綺麗な水草水槽を目指す場合はソイルしか選択肢がないと言っても過言ではありません。

今までは育成が難しいとされていた水草もソイルの登場で比較的楽に育成させることが可能になりました。また土であるため濾過バクテリアも棲みやすく濾過能力の底上げに貢献します。

ただし土であることはデメリットでもあります。

メンテナンス及び水洗いなどが出来ず再利用が効きませんし、長く使っていると形が崩れ泥のようになってしまい一定期間で交換する必要があります。交換周期は1,2年程が目安です。また砂をほじくり返すような魚も飼育不可になります。

導入直後は水質が不安定になるのも注意が必要です。

導入直後は急激にPHが下降し、アンモニア等も放出されてしまうため濾過バクテリアが機能し始めるまでは一切魚を入れることができません。およそ1、2週間程は水槽の空まわしが必要になります。

また使い始めは土の栄養分が水中に溶けだして放置すると苔だらけになってしまうため、初期は毎日の換水を必要とします

水草水槽であればソイル一択と言われる程良い環境をもたらしますが、半面扱いが難しくまずやってみようといった初心者にはオススメできません。始めから本格的な水槽を目指すかまたステップアップには是非オススメしたい底砂です。

  • 製品にもよるが水質を「弱酸性」にする
  • 濾過能力が高い
  • 植物の育成に必要な栄養分があり水草水槽に最適
  • 導入初期は水質が安定せず、安定するまで水槽の空まわしが必要
  • 使用してくると粒が崩れ交換が必要
  • 砂を掘り返す魚は飼育不可
  • 再使用・水洗い不可

セラミック

セラミックサンド土や鉱物などの素材を陶器のように強力に焼き固めたものです。

ソイルと違い形が崩れたりはせず丸洗いも可能です。

水質にはあまり影響しないものもありますが、素材によって「弱アルカリ性」や「弱酸性」に傾く場合があります。

また多孔質であるという特性も持っています。そのため濾過バクテリアが多く棲むことができ、濾過能力の底上げが可能です。

着色されてカラフルなものも販売されており、カラーバリエーションが多彩であるということも特徴です。

素材によって水質作用が異なりますのでできれば確認した上で購入したいところです。

  • 水質作用は素材によって様々
  • 多孔質であり濾過能力が高い

アクセサリー系

ガラスなどの素材で出来たものです。ビーズのようなものもあります。

水質の作用はありません

また多孔質で無いためバクテリアが棲みづらく、濾過能力はほぼありません。

幻想的な水景を作ることが出来ますが、底砂は濾過能力も兼ねているため初心者にはあまりオススメしない底砂です。

  • 水質作用は無い
  • 濾過能力は無い

底砂の機能表

機能を表にまとめると以下のようになります。

種類 水質の維持 濾過バクテリアの居住量 水草の栄養 再利用
砂利・砂系 中性又は弱アルカリ性 無し
サンゴ 弱アルカリ性 多い 無し
ソイル 弱酸性 多い 有り 不可
セラミック 様々 多い 無し
アクセサリー 無し 無し 無し

底砂の選び方

以上を踏まえて初心者に合った底砂の選び方を紹介します。

水質と合うか

底砂によって水質が変化しますので、何はともあれまずは水質が魚と合うかです。

例えばサンゴ砂であれば強めの弱アルカリ性に傾くため「アフリカンシクリッド」、「プラティ」や「モーリー」など弱アルカリ性を好む魚種には棲みやすい環境になりますが、「ネオンテトラ」や「エンゼルフィッシュ」などは相性が悪く調子を落としてしまいます。

製品によってはpH値を表示しているのもありますので、チェックしましょう。

本格的な水草水槽か

本格的な水草水槽の場合はソイルになってきます。

ただしソイルは扱いが特殊であることに注意が必要です。魚をメインにまずやってみようとお思いの方であればソイル以外を選択した方が無難です。

粒の形・大きさ

田砂とコリドラス

コリドラスには細かい砂がオススメ

あまりに粒が大きいと見た目上良くありません。逆に細かすぎると簡単に舞ってしまったり、掃除のときに手入れがしずらくなってしまいます。

自分の好みでちょうど良い粒の大きさの底砂にしましょう。私の場合、例えば小さめの水槽だと気持ち小粒のものを選んだりします。

底面式フィルターの場合は細かすぎないものを

底面式フィルターを使用する場合は細かすぎるとフィルターが詰まってしまいます。フィルターのスリットに入らないようにある程度の大きさのものを選択しましょう。

底棲の魚は粒が細かく尖って無いものを

コリドラス類や砂に潜るナマズなどは細かく尖っていない底砂にしてやると本来の生態を観察することができ、毎日の観察がより一層楽しくなります。

まとめ

底砂には様々な種類がありますが、一番重要なのは水質作用です。

飼いたい魚の水質を把握して合った水質の底砂を選びましょう。

LINEで送る
Pocket

関連タグ:

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ウェーブポンプ

海水水槽の水流について。ポンプと作り方、考え方

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー