アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

海水水槽のプロテインスキマーとは!?仕組みと効果、おすすめのスキマーについて!

RLSSのプロテインスキマーのダストカップ部

マリンアクアならではの飼育設備であるプロテインスキマー。

プロテインスキマーの仕組みや設置することによる効果、プロテインスキマーの種類、市場価格、ランニングコストやメンテナンスについて解説します。

また実際に使用しているオススメのプロテインスキマーもご紹介しますので、宜しければお読みください。

スポンサー

プロテインスキマーとは

プロテインスキマーを直訳すると「タンパク質除去機」であり、ゴミやフンなどの有機物を取り除く飼育設備です。

プロテインスキマーの仕組み

プロテインスキマーで除去中のゴミプロテインスキマーは筒状の容器内で微細な泡を発生させ、泡の力でゴミやフン類を容器上方へと吐き出す仕組みになっています。

泡が大量なほどゴミは容器下部の方に戻りにくく、また細かい程小さなゴミが除去できます。

多くの泡かつ細かい泡を生成できるほど、良いプロテインスキマーになります。

淡水水槽で使われていない理由

淡水では水の粘度がないため微細な泡を作りだすことが出来ません。

海水浴場とプールの水で泡立てようとバシャバシャすると明らかに海の水の方が泡立ちが良く、淡水ではどうしても微細な泡を作ることができません。

そのため泡に浄化能力を依存しているプロテインスキマーの能力を引き出すことができず、淡水では使われていません。

プロテインスキマーの効果

水が入ったバケツプロテインスキマーのスゴイところはゴミ・フンを取り除くこと、つまり魚が出した排泄物を硝酸塩に変わる前に除去ができるという点です。
プロテインスキマーを用いると硝酸塩自体が溜まらないようになるのです。

そのため硝酸の除去を目的とした水換えが不要になり、または換水周期を長くすることが可能です。

また常に低い硝酸塩濃度になることはサンゴの育成にも必須であり、ミドリイシなどの綺麗な水が必要なサンゴにおいてはプロテインスキマーは必須の器具です。

プロテインスキマーを設置することにより、換水の不要化または換水頻度の低下、サンゴが幅広く育成可能になるメリットがあります。

その他、強制エアーレーションを行うため溶存酸素量も増えることも利点です。

フンと硝酸塩と換水の関係

硝酸塩測定キット魚のフン及び排泄物は時間の経過とともに毒素の高いアンモニアに変化しますが、それらを低毒素化するのが好気性バクテリアです。

好気性バクテリアはアンモニアを亜硝酸に変えたのちに毒素の低い硝酸まで変化させることができます。
市販されている濾過材はこの好気性バクテリアを繁茂させる目的で作られています。

しかしながら硝酸を更に無害化することは難しく、水槽内には時間の経過及および生物による排泄により少しずつ硝酸が蓄積されてしまいます。

硝酸は毒素が少ないとはいえ害であることは変わらないため、濃度が上がると生物にダメージを与えてしまいます。

硝酸塩を除去するためには換水が最も有効な手段で、成体の排泄量に比例した頻度の換水が必要です。
目には見えませんが硝酸塩が生体にダメージを与える濃度になる前に換水を行うことが魚などの生物を飼う上で重要なポイントです。

プロテインスキマーはフンの時点で除去できるため、強力なプロテインスキマーを使えば換水を行う必要が無くなるということです。

フンから硝酸までの図通常の濾過システム
プロテインスキマーによるフンから硝酸までの図プロテインスキマーを使用すると、アンモニアに変わる前に除去するため硝酸すら溜まりません。

プロテインスキマーの種類

プロテインスキマーの仕組みはどれも同じですが、泡を生成する方式によっていくつかのタイプがあります。

エアリフト式

プロテインスキマー設置例左奥の装置がエアリフト式のプロテインスキマーです。

エアリフト式はウッドストーンによるブクブクで泡を生成するタイプのプロテインスキマーです。

筒状の容器とウッドストーン及びエアーポンプのみの簡単な構造のため安いのが特徴です。
また小型なタイプも多く初めてのプロテインスキマーに選ばれることも多いです。

反面ウッドストーンにより微細な泡を生成するため、劣化が早いウッドストーンを定期的に取り換えることが必要なのがデメリットです。
ウッドストーンは消耗品です。

また泡の生成はウッドストーンを利用しているため、後述するベルチェ式のタイプと比べると能力に限界があり、除去能力が高くありません。

エアリフト式のプロテインスキマーは構造が簡単なため自作する人もいます。

ベンチュリー式

ベンチュリー式プロテインスキマーのポンプ部分エアチューブより空気を巻き込んで泡を生成します

ベンチュリー式は水中モーターに空気を噛ませることにより泡を生成するタイプです。

メーカーによっては微細化ゲートやインペラなどを経由して、より泡を微細化させる工夫がされています。

強力な水中ポンプにより泡を生成するため、微細な泡を作りやすく除去能力が高いです。

強力な水中ポンプにより泡の生成を行うため、定期的なウッドストーンの取り換え必要なエアリフト式のものと比べると格段にメンテナンスが必要ないのもメリットといえるでしょう。

構造上水中ポンプが必要なため設置にはサンプ水槽に置くような大型のものがほとんどですが、中には外掛けで使える小型のタイプもあります。

ベンチュリー式のプロテインスキマーは駆動する水中ポンプにより「DCポンプタイプ」と「ACポンプタイプ」の2つのタイプに分けることができます。

DCポンプ

直流駆動による動作するポンプを利用したタイプで、パワーが強力で駆動音が静かというメリットがあります。

ACポンプ

交流駆動による動作するポンプを利用したタイプで、ポンプ構造が簡単なため壊れにくい特徴があります。

50Hzと60Hzの周波数の違いがありますので、お住まいの地域に合った周波数のものが必要です。

プロテインスキマーの価格、ランニングコスト

プロテインスキマーにかかる費用を説明します。

本体価格

万札4枚の画像プロテインスキマーの販売価格はタイプによって大きく値段が変わってきます。

エアリフト式のものが4,000円~12,000円ほどでどれも小型水槽用の小さなタイプです。

ベンチュリー式のものは小型のもので15,000円~30,000円ほどで、オーバーフロー水槽のサンプに設置するような大型のタイプは50,000円~150,000円程度です。
エアリフト式のものと比べるとかなり高価なため手がだしずらいですが、価格以上の性能があるため最終的にはベンチュリー式で落ち着くユーザーが多いでしょう。

消費電力、電気代

エアリフト式のプロテインスキマーは駆動するエアーポンプが2Wほどのため、月40円程の電気代がかかります。

ベンチュリー式の小型のもので10W~30Wほどですので月200円~600円かかり、大型のものは30W~70W程なので月600円~1300円かかる計算になります。

エアリフト式のものがかなり安いですがその分性能は格段に落ちるということでもあります。
ベンチュリー式のものが高いですが小型水槽に設置するタイプのものであれば月200円~600円ほどですので、そこまで高くはないかなと思います。

エアリフト式はウッドストーンの消耗がある

エアリフト式のものはウッドストーンを定期的に取り換える必要がありますため、ウッドストーンを定期的に購入することが必要です。

ウッドストーンは400円程で、1ヵ月に1回程度は交換が必要です。
ひどいときは一週間持たない場合もあります。

プロテインスキマーに必要なメンテナンス

プロテインスキマーとダストカップに溜まったゴミプロテインスキマーに共通してダストカップに溜まったゴミ及び汚水を定期的に捨てるメンテナンスが必要です。
環境にもよりますが2週間~2か月程でダストカップが溜まります。

また汚れが固まって定着する前にはエアリフト部の掃除も必要です。
こちらは数か月~半年程度が目安です。

エアリフト式のタイプはウッドストーンのメンテナンスが必要

エアリフト式プロテインスキマーのウッドストーン部分エアリフト式のタイプはウッドストーンのメンテナンスも別途必要です。

ウッドストーンは一週間で目詰まりしてしまうことも多く、その都度カッターで汚れをそぎ落としたりウッドストーンの取り換えが必要です。

メンテナンスをサボってしまうと微細な泡を出す能力が低下してしまい除去能力が落ちてしまいますので、定期的にチェックを行い必要に応じたメンテナンスを行いましょう。

オススメのスキマー

ベンチュリー式プロテインスキマーのエア流入部ベンチュリータイプのものがオススメです。

エアリフト式のものと比べ高くなってしまいますが、何よりエアリフト式のものはこまかなメンテナンスをする必要があるため正直オススメできません

ウッドストーンで泡を生成しますが、ウッドストーンは目詰まりしやすく一週間に一度程度はカッターなどで汚れをそぎ落とさないと本来のパワーを引き出すことができません。

水槽内に手を入れてスキマーをとりだしてウッドストーンを外してカッターで削って戻して・・・と、するくらいなら換水した方がかえって楽な場合があります。

またウッドストーンが消耗品のため月に400円ぐらいはかかってしまい、エアーリフト式のものは色々と落とし穴があります。

その点ベンチュリー式のものは水中ポンプで泡を生成するため上記のようなデメリットがありませんし、何より除去効果も高いです。

エアリフト式は2Wの消費電力で、同じ大きさの水槽に設置するようなベンチュリー式の消費電力が20Wであるため、消費電力からもエアリフト式がパワー不足であることが容易に理解できると思います。

これまでに私が使用した中でオススメできるスキマーを紹介します。

カミハタ 海道達磨

外掛けで使用できる海道達磨ベンチュリー式はオーバーフロー水槽のサンプに設置するような大型ものがほとんどですが、海道達磨は水槽に外掛けができるタイプで、外掛け式のフィルターと同じような感覚で設置することができます。

メンテナンスも基本的にダストカップに溜まった汚水を捨てるだけなので、エアリフト式のようなわずらわしいメンテナンスが無くとても楽です。

外掛けユニットから取り外してサンプに設置できるようにもなっているため、後々オーバーフロー水槽へスペックアップする場合にも無駄になりにくいメリットがあります。

また外掛けができる他のスキマーと比べて静穏性が高いのも良いでしょう。

本体が大きいので美観を損ねてしまいますが、その分除去能力は高いです。

価格は2万円程です。

サンプに入れられた海道達磨外掛けユニットを外してサンプに設置可能です。

RLSS R5-i

サンプに入れられたRLSSのスキマーオーバーフロー水槽でサンプ水槽がある場合はRLSSのR5-iがオススメです。

強力なDCポンプによる駆動で強力な泡を発生させますので、その性能は外掛け式のものを大きく上回っています。
単純に除去能力を比べることはできませんが、海道達磨のポンプ排出量「360L/h」に比べてこちらは「2500L/h」と、単純なポンプ排出量で比べると7倍も違います。

海道達磨から乗り換えて使っていますが、より細かく更に大量な泡を生成し、肝心の除去能力は体感3~4倍は違うかなと感じています。

魚を多く飼いたい場合はオススメできるプロテインスキマーです。

プロテインスキマーによる微細な泡強力なDCポンプにより微細な泡を大量に生成します

まとめ

プロテインスキマーはサンゴが飼育しやすくなるほか、換水頻度を大幅に減らせたり、無くすことができるため、是非設置したい装置です。

淡水ではどうしても水換えに迫られていましたがマリンアクアではプロテインスキマーがあるため、換水する手間が大幅に減りました。
私は水換えしたくなくてプロテインスキマーのスペックアップをした程で、マリンアクアではとても重要な設備だと思います。
(利用できるもんなら淡水でも利用したい程です。)

またプロテインスキマーを設置する場合は何と言ってもベンチュリータイプのものがオススメです。

エアリフト式のものは安くてとっつきやすいですが、細かなメンテナンスが多いため個人的にはとてもオススメできるようなものでは無いです。

プロテインスキマーはかなりオススメの器具で(というか私には必須の器具)、設置することをオススメします!

この記事を見た人にオススメ!:



LINEで送る
Pocket

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

チェッカーボードシクリッドと田砂

水槽における底砂の役割・機能

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー